読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店員さん直伝!いまさら聞けないサブウェイの注文方法と裏技カスタマイズ

世界110ヶ国44,000店以上と、ファストフード店舗数世界No.1のサンドイッチチェーンをご存知ですか。パン、トッピング、野菜、ドレッシングがカスタマイズできて、好みのオリジナルサンドイッチがいただける、と言えばお分かりでしょう。そう、サブウェイです。本日は客席中央の植物工場でレタスを栽培していて話題の「サブウェイ野菜ラボ丸ビル店」にお邪魔してきました。(丸の内のグルメランチ

店員さん直伝!いまさら聞けないサブウェイの注文方法と裏技カスタマイズ

丸の内 ランチ FCF グルメレポ

 

 

▼本文はここから

f:id:g-gourmedia:20150914121219j:plain

 

ファストフードでありながら、自分好みのオリジナルサンドイッチがいただけるサブウェイ。パン、トッピング、野菜、ドレッシングがカスタマイズできるので、毎日食べても飽きないくらいです。

 

世界110ヶ国44,000店以上と、ファストフード店舗数世界No.1のサンドイッチチェーンですが、今回はそんなサブウェイの中でも、「サブウェイ野菜ラボ丸ビル店」を取材しました。

 

東京の中心に位置するサブウェイでありながら、ここだけの魅力がたくさん!

改めておさらいしたい基本のオーダー方や、社員さん直伝のおすすめカスタマイズ方法をご紹介致します。

 

 

サブウェイ野菜ラボ丸ビル店って?

f:id:foodcreative:20150831200353j:plain

 

東京のオフィス街の中心、丸の内ビルディングの地下1階に位置する店舗です。

東京駅直通でアクセス抜群の場所に位置しますが、ここでしか味わえないこだわりメニューや、店内で植物工場のレタスを見ながら食事を楽しめるなど、独自の魅力がたくさんあります。

丸の内のOLさんやサラリーマン、東京に遊びに来た旅行者まで、幅広いお客さんが集まる店舗です。

 

 

<基本>改めておさらい!今更聞けないサブウェイのオーダー法を徹底攻略!

サブウェイの楽しみは自分オーダーしてオリジナルサンドが作れること!でも、初めてオーダーする時って、どうすればいいかわからない!という方も多いのではないでしょうか。

勉強でも仕事でも、まずは基本をおさえることが大事!ということで改めて基礎をマスターすべく、オーダーの仕方を教わることにしました!

 

教えてくれたのは、サブウェイ広報担当の加川さん。

f:id:foodcreative:20150831201410j:plain

 

――本日はよろしくお願いいたします!ではさっそく。メニューがたくさんありますが、サンドイッチは最初に決めるんですよね??

 

加川さん はい。数あるメニューの中から、オーダーしたいサンドイッチを選びます。

 

1. サンドイッチを決める!

f:id:foodcreative:20150831200416j:plain

 

――迷いますが……「ターキーブレスト」で!!

 

 

2. パンを選ぶ! 

f:id:foodcreative:20150831200419j:plain

 

――パンの種類も豊富ですね!

 

加川さん はい、パンは全部で5種類です。

サブウェイならではの、プレーンなパンが楽しめるホワイト、全粒粉仕様のウィート、香ばしさが魅力のセサミ、蜂蜜入りでオーツ麦がトッピングされたハニーオーツ、もちもちとした食感の平たいフラットブレッド。お好きなパンを選んでいただけます。

 

――どれも美味しそうで迷う!

 

加川さん 好みのパンを選ぶと、店員さんがその場でパンに切り込みを入れてくれます。ちなみにフラットブレッドを除くパンは、お店の中で焼き上げているんですよ! 

 

f:id:foodcreative:20150831200423j:plain

 

――パンをお店で焼いているのは知らなかったです!お店で焼き上げたパンが食べられるのは嬉しいですね。

 

3. トッピングを追加!

f:id:foodcreative:20150908001446j:plain

 

加川さん お好みでトッピングの追加が可能です。ターキーにはアボカドをトッピングすると美味しいですよ。

 

――アボカド追加でお願いします!

 

4. お好みで野菜の量をカスタマイズ!

f:id:foodcreative:20150908000401j:plain

 

加川さん 次は野菜です。基本の野菜はレタス、トマト、ピーマン、オニオン、ピクルス、オリーブです。

 

――レタスが瑞々しい!どれも新鮮で美味しそうです。

 

加川さん 苦手な野菜は外したり、好みの野菜は多めにしたり、リクエストすれば自分好みに調整できますよ。

 

――オニオン多めで!

 

 

5. ドレッシング、ソースをかけて完成! 

f:id:foodcreative:20150831200431j:plain

 

加川さん 仕上げはドレッシング・ソースです。シーザードレッシングや、わさび醤油ソース、バジルソース、バルサミコソースなど、お好みでかけることができます。

 

店員さんにおすすめを聞くと、オーダーしたサンドイッチに一番合うドレッシング教えてくれますよ!

 

――では今回はおすすめのバルサミコソースで!

 

 

<完成>

f:id:foodcreative:20150831200446j:plain

 

――完成!美味しそうです!

 

 

<応用裏技編>こんなこともできるの!?知らないと損するおすすめカスタマイズサンド3選!

 

1. ローストビーフ2倍のせ!  

f:id:foodcreative:20150831200447j:plain

 

オーダー時に野菜を多めにすることができる!というのは有名ですが、実はメインのお肉も追加料金で倍量にできるのをご存知でしたでしょうか。

 

しっとりジューシーなローストビーフが通常の2倍!食べごたえは抜群で、しっかり満足感があります!

野菜も食べたいけどお肉もしっかりいただきたいという時、ぜひこのワザを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

2. BLTはフラットブレッドチョイスとホットペッパートッピングを0円で! 

f:id:foodcreative:20150831200445j:plain

ベーコンの塩気とチーズの風味が食欲をそそるBLT!

もちもち感が特徴のフラットブレッドと合わせることで、また違った美味しさを堪能できます。

ホットペッパーをトッピングすることで、よりスパイシーさが増して病みつきになるサンドに。

 

通常トッピングは追加料金がかかりますが、実はホットペッパーはドレッシング扱いとなり、無料なのです!辛いのが平気な方は、ぜひ追加してみてください。

 

 

3. ターキーブレストはアボカドトッピングがオススメ!

f:id:foodcreative:20150831200451j:plain

サブウェイのメニューの中でも、健康志向のアスリートにも人気なのが「ターキーブレスト」。

こちらのサンドイッチにアボカドをトッピングするのが通な食べ方です!

 

柔らかなターキーに、クリーミーなアボカドが最高に合います。ソースはバルサミコチョイスがおすすめ。アボカドのクリーミーさをバルサミコの酸味が引き立ててくれます!

 

 

 

以上、応用編は知らないことがたくさんありましたが、これをマスターすればオリジナルのサンドイッチが何パターンも作れそうです。

 

サブウェイ野菜ラボ丸ビル店の他店舗にはない魅力3つ

1. 客席中央に植物工場が設置されている!

f:id:foodcreative:20150908000113j:plain

 

店内で目を引くのがこちらの植物工場。客室中央には、なんとレタスが育っています!

毎日少しずつ育っていくレタス。取材日はまだ小さな状態のレタスでしたが、定期的に訪れることでレタスの成長過程を見ることができます。

植物って眺めているだけで、自然と癒される気分になるから不思議です。リラックスしながら食事を楽しむことができました!

 

 

2. サブウェイと言えば野菜だけど、ここの売りは限定店舗のオリジナルサラダメニュー!

f:id:foodcreative:20150831200402j:plain

 

限られた店舗のオリジナルメニューが、こちらの「シーフードサラダ」590円!プリプリのえびとクリーミーなツナが野菜と相性抜群です。

全ての店舗でサンドイッチのメニューをサラダに変更できますが、こちらはサラダとしてメニュー化されているので、通常よりもサイズが大きめ。こだわりの野菜を存分に堪能できます。

 

野菜不足だと思ったら、迷わず注文したいセットです!

 

 

3. 平日と土曜の朝は7時から営業!

f:id:foodcreative:20150831200406j:plain

早朝は朝食をいただける場所が限られていますが、こちらの店舗は月~土まで朝7時から営業!

丸ビルの地下1階という大変便利な場所なので、出勤前や東京駅に用事があった際はぜひ利用したいところです。

モーニングメニューは、レギュラーサイズのサンドイッチ3種から選べ、ドリンクがセットで500円!ワンコインで手軽に美味しい朝食が摂れるということで、朝から人気のお店です。

 

 

 

 

おまけ:サブウェイオリジナルの野菜スイーツが美味しい!

f:id:foodcreative:20150831200454j:plain

サブウェイファンのみならず、最近じわじわと巷で話題になっているのが野菜スイーツ。サブウェイオリジナルの野菜パウンドケーキ「3時のやさい」は女子に人気です!

 

種類はにんじん&りんご、小松菜&ごま、ゆず&サワークリームの3種。それぞれ野菜の風味が楽しめますがしっかり甘さもあって満足出来る!タイトルのとおり3時のおやつにぴったりのケーキでした。 

 

 

いかがでしたでしょうか。最近はサンドイッチがブームなようですが、老舗であるサブウェイはやはりどれを食べても美味しい!そして丸ビル店はやはり植物が置いてあるのが魅力で、終始眺めて癒されておりました。

 

サブウェイのオーダー方をマスターしたら、次はオリジナルのサンドを!明日のランチに朝食に、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

紹介したお店 

サブウェィ野菜ラボ丸ビル

住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディングB1

TEL:03-6269-9575

r.gnavi.co.jp

 

 

 

www.subway.co.jp

 

 

 

 

 

書いた人

f:id:foodcreative:20150831202454j:plain

料理研究家・栄養士 梅原けい

 

栄養士免許を取得後、食品商社に就職。OL勤務の傍ら、フードコーディネーターのスクールに通う。同校卒業後、多数の料理イベント出演、ケータリングなどで経験を積む。現在は企業や飲食店へのレシピ・メニュー開発、執筆、料理番組の出演、料理教室の開催、セミナー講師として活動する。ブログでは米粉の研究経験を生かし、米粉やグルテンフリーの食材を使用した「ヘルシースイーツ」などを紹介している。

 

【ブログ】http://ameblo.jp/kei-umehara/

【インスタグラム】https://instagram.com/keiumehara/

 

(編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

 

 

                             
ページ上部へ戻る