【中毒性注意】豆腐をご飯にぶっかけたり高野豆腐を唐揚げにしたりする廃人飯レシピ

今週の【中毒性注意】はヘルシー食材の代表格とも言える豆腐です。上野公園の中にある東京芸術大学の学食の名物に「バタ丼」と言うのがありまして、こちらは豆腐をジャンク感たっぷりに炒めてご飯にぶっかけた中毒性に溢れたメニュー。みんなのごはんでも豆腐をごはんにぶっかけたり、高野豆腐を唐揚げにしたりしてみました。背徳感あります。がつがついっちゃいましょう。(上野のグルメ洋食屋

【中毒性注意】豆腐をご飯にぶっかけたり高野豆腐を唐揚げにしたりする廃人飯レシピ

ヘルシーの代名詞である食材の「豆腐」。

 

高良質タンパク食品であることが科学的に立証されている、見た目は地味ですが凄い奴です。巷では、豆腐クリーム、豆腐スイーツなど、豆腐がじわじわブームになっています。

 

そんなお財布にも体にも優しい優等生である豆腐。本日は背徳感に溢れる廃人飯レシピ・豆腐版をご紹介いたします。

 

 

豆腐ぶっかけバター丼

f:id:foodcreative:20150630141531j:plain

《材料 2人分》

  • 木綿豆腐…1丁
  • もやし…1袋
  • バター…大さじ2
  • しょうゆ…大さじ1
  • うま味調味料…小さじ1
  • 青ネギ…適量
  • 七味唐辛子…少々
  • ご飯…2膳

 

《作り方》

  1. フライパンを中火で熱しバターを入れ、3センチ角に切った木綿豆腐、もやしを加え、しょうゆ、うまみ調味料を全体にかけて蓋をする。
  2. 豆腐に色が付き、もやしが透き通ったら火を止める。
  3. ご飯を丼に盛り、2.を乗せ、青ネギ、七味唐辛子をかける。

 

豆腐を丼に!? と思うかもしれませんが、ご飯がすすみます! シンプルな味付けで、なんだか懐かしさも感じる一品。豆腐なので女性でもかっこめる丼ぶりです。

 

 

 

 

豆腐肉巻き

f:id:foodcreative:20150630141533j:plain

 

《材料 2人分》

  • 木綿豆腐…1丁
  • 豚バラ肉…8枚
  • 塩こしょう…少々
  • Aしょうゆ…大さじ2
  • A酒…大さじ1
  • Aみりん…大さじ1
  • A砂糖…大さじ1
  • Aチューブしょうが…2センチ
  • 片栗粉…適量
  • 油…適量

 

《作り方》

  1. 木綿豆腐をキッチンペーパーに包み、電子レンジ600wで2分加熱し、ざるにあけ水切りをする。
  2. 1.が冷めたら縦長に8等分にし、塩こしょうを振った豚バラ肉に巻き、片栗粉をまぶす。
  3. フライパンを中火で熱し油をひき2.を並べ、全面に焼き色が付いたらAを加え、煮詰め、皿に盛る。

 

 

ショウガ焼き風な味付けで、ボリュームがあるけどヘルシーなおかずです。箸がとまらない、まさに中毒性。やわらかい豆腐もしっかり水切りをすれば崩れませんし、水っぽくなりませんよ。お弁当にもできちゃいます。

 

 

 

高野豆腐の唐揚げ

f:id:foodcreative:20150630141535j:plain

《材料 2人分》

  • 高野豆腐…4枚
  • Aチューブにんにく…2センチ
  • Aチューブしょうが…2センチ
  • A酒…大さじ2
  • Aしょうゆ…大さじ2
  • Aみりん…大さじ1
  • Aごま油…大さじ1
  • 片栗粉…適量
  • 油…適量

 

《作り方》

  1. 高野豆腐を熱湯で戻し、水で押し洗いをして、水気をしっかり切る。

  2. ボウルに1.をひと口大にちぎって入れ、Aを合わせたものを加え、全体に染み込むように揉む。

  3. 2.に片栗粉をしっかりまぶし、180度の油でカラッと揚げる。

 

それやる?高野豆腐揚げちゃう?みたいな高野豆腐の唐揚げです。高野豆腐は、豆腐を凍結乾燥させたもの。そして、豆腐は“畑の肉”とも言われています。家族に目隠しして食べてもらったら誰も高野豆腐と気づきませんでした。食べてみると不思議と食感も味もお肉です。ポイントはしっかりと下味を染み込ませることです。ぜひこれは試していただきたいレシピです。

 

 

 

安くてヘルシーな豆腐料理も、ちゃちゃっと工夫すれば中毒性に溢れた背徳感たっぷりの廃人飯に変身です。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

書いた人 

f:id:foodcreative:20150630141530j:plain

 

mayuco

フードコーディネーター、インナービューティーダイエットアドバイザー。

1987年生まれ。

桑沢デザイン研究所卒業後、インテリアショップでディスプレイなどを担当。

祐成クッキングアートセミナーで学び、日々活動中。

“おいしく食べて、心も体も内側からキレイに”をテーマに、食べてキレイになれるレシピをメインに研究している。

 

b l o g :http://ameblo.jp/5050kamui

Instagram:mayu_uco

 

 

 

(編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る