【保存版】別府の隠れ名物はパンかもしれない!温泉のついでに絶対寄りたい美味しいパン屋さん10選(マップ付き)

九州を代表する温泉街の「別府」には大正時代に創業した「友永パン屋」をはじめとして、実は美味しいパン屋さんがたくさんあります。というわけで今回は大分県別府市の美味しいパン屋さんをご紹介します。「福禄」「マナブレッド」といった人気店と並んでオススメなのが、「石窯パン工房モコモコ」や「クラム(cram)」などです。温泉地別府の隠れ名物ともいえる美味しいパンを別府に来たらぜひ召し上がってくださいね。(大分のおすすめパン屋さん別府のおすすめパン屋さん

【保存版】別府の隠れ名物はパンかもしれない!温泉のついでに絶対寄りたい美味しいパン屋さん10選(マップ付き)

f:id:g-gourmedia:20161104180708j:plain

別府といえば「温泉」のイメージが強いですよね。大きく8つのエリアがある別府温泉では別府八湯などとも言われ、その源泉数、湧出量は世界一です。「地獄めぐり!」というフレーズが思いつく方はかなりの温泉通かもしれません。

 

そんな大分県別府市別府駅を中心に、大正時代に創業した「友永パン屋」や観光途中に寄りたい駅チカのパン屋さんなど歩きまわって見つけた10店をピックアップしました。もちろん車移動される方も多いと思いますので、駐車場の情報も少し触れてみました。

地元の方も観光で訪れる予定の方にもお役にたてるような新発見があると嬉しいです。

 

 

1. 別府パン屋さんと言ったら外せない老舗「友永パン屋

f:id:g-mag:20161031162941j:plain

まるで何かのアニメに登場しそうな雰囲気を感じる外観が親しみを感じますね。大分県内では有名な老舗店なので多くのお客さんで賑わっています。

お店の周りには駐車場も完備されていて、なんと警備員さんが誘導している点からも老舗パン屋さんの混み具合は想像できるのではないでしょうか。

 

気になるパンの買い方

f:id:g-mag:20161031163247j:plain入るとまず番号札を取ります。自分の番号が呼ばれたら、左手のカウンターへ行き番号札を返して店員さんに欲しいパンを注文すると店員さんが準備してくれます。

そこで会計を済ませパンを受け取ります。

f:id:g-mag:20161031163454j:plain

おすすめのパンは「あんぱん」と「バターフランス」。

f:id:g-mag:20161031163752j:plain

【あんぱん】こしあん、つぶあんともに人気です。あんこは、あまり甘すぎることなく、素材の味がいかされた上品な感じで、とても食べやすいです。少し小さめなので、ぺろっと食べてしまいます。

 

f:id:g-mag:20161031163851j:plain

【バターフランス】砂糖が上にかかっているやわらかめのパンです。パンの下のほうにはバターがしみ込んでいて、それがまた美味しいです。パンの下にはアルミが敷かれていますよ。

 

パンの焼きあがり時間にあわせて午前10時~11時が一番種類が充実しています。やっぱりパンは朝です!ぜひ早起きして老舗のパンを食卓に並べてみてはいかがでしょうか?

 

店名:友永パン屋
住所:大分県別府市千代町2-29
営業時間:8:30~17:30
定休日:日曜日、祝日
TEL:0977-23-0969
URL:http://r.gnavi.co.jp/nk9420vj0000/

 

2. 別府駅近くでスイーツケーキもおすすめのカフェ「cocolate(ココラート)」

f:id:g-mag:20161031170339j:plain

パンやベーグルなどが人気のお店「ココラート」。食パンは数種類用意されていてクリーム食ぱん280円やカットされたチーズや穀物などの具入りが350円など全部食べたくなる品揃えです。

 

f:id:g-mag:20161101135057j:plain【チーズ入り食ぱん5枚入り350円】フワフワの食パンの中に角チーズの入った食パン。そのままでも、かるくトーストしてもおいしく食べられます。

 

f:id:g-mag:20161101135218j:plain【あんバターフランス200円】柔らかめだけど、歯ごたえのあるパンの中に、甘みをおさえた餡と濃厚なバターがほどよく調和したパンです。

 

f:id:g-mag:20161101135317j:plain

カフェを併設したおしゃれな作りのお店で、カフェスペースでは、買ったパンを食べるイートインのスペースに利用できます。カフェメニューも豊富で、11:00~14:30までは、お得なランチメニューがあります。

 

店名:ココラート
住所:大分県別府市幸町2-18弥田ビル1階
営業時間:8:00~18:00
定休日:第3日曜日
TEL:0977-24-2680
URL:http://r.gnavi.co.jp/n8h2tbfj0000/

 

3. ベーグル買うならココ!「パン工房GURUMAND(グルマン)」

f:id:g-mag:20161101140416j:plain

このお店の主力商品はやっぱりベーグル。日替わりのベーグルは1日に5種類ほど、試食も置いているので毎日どんなベーグルがでてくるのか楽しみなんです。どれも素朴な味わいで素材の味を楽しめます。

 

f:id:g-mag:20161101140704j:plain

【黒豆ベーグル】黒ゴマ白ゴマのたっぷりかかったベーグル、中には、黒豆が入っています。シンプルなベーグルの味にあまり甘すぎることなくほどよい甘さの黒豆が絶妙な一品です。

 

f:id:g-mag:20161101140801j:plain

【ベーグルプレーン】かたすぎず、やわすぎず、個人的にはほどよい感じです。味はほんのりと生地に甘さを感じる素朴でシンプルな味わいです。

 

f:id:g-mag:20161101140910j:plain

やっぱり気になるパンの焼きあがり時間ですが、お昼前頃が一番充実していました。ベーグルはお昼後のほうが充実しているとのことです。

 

店名:パン工房GURUMAND
住所:大分県別府市餠ケ浜町1-16
営業時間:8:30~18:30
定休日:日曜日、祝日
TEL:0977-26-3501

 

4. 他の買い物も一緒にできる「パリクロアッサン別府店」

f:id:g-mag:20161101141442j:plain

別府市の中心市街地に位置するショッピングセンターゆめタウン別府の1階にある「パリクロアッサン別府店」です。大勢の買い物客が訪れる場所ですのでやはり品揃えも量も豊富です。

 

数ある中からオススメを3点ご紹介しますね。

f:id:g-mag:20161101141848j:plain

【ホテル食パン1本540円・1/2本275円・2枚入り138円】みみまでふんわり柔らかく、少しの甘みと塩気を感じるパン。そのまま食べても美味しいです。食事スタイルにあわせて買いやすい量とお値段になっています。

 

f:id:g-mag:20161101141920j:plain

 【お米パン260円】もちもちとした食感にふんわりとお米の甘さと風味が広がります。厚みもあるので食べ応えは十分ですよ。

 

f:id:g-mag:20161101142432j:plain

【塩ぱん110円】今や全国的な人気商品となった「塩ぱん」はもちろん大分にもあります(笑)。表面に塩がのった、フワっと柔らかめのパン。値段も良心的なのでやっぱり手が出てしまう人気メニューです。

 

f:id:g-mag:20161101142858j:plain

ゆめタウン別府は駐車場料金が無料で、他の買い物も一緒にできるという点からも通いやすいです。

 

店名:パリクロアッサン別府
住所:大分県別府市楠町382番7 ゆめタウン別府1階
営業時間:9:30~22:00
定休日:年中無休(ゆめタウン別府に準ずる)
TEL:0977-26-6641

 

5. デザート系のパンが充実している「natural bakery cram」

f:id:g-mag:20161101143432j:plain

こちらのお店は国道10号線に面していてわかりやすいお店です。車窓からよく目にする方もいるのではないでしょうか。

 

パンの焼きあがり時間はお昼前。どうしてもこれが食べたいというパンがあれば、個数限定もあるので、電話で確認したほうが確実です。

f:id:g-mag:20161101143826j:plain

【スーリー】オススメのパンですが、大きいねずみの上に小さなネズミが乗ったパンは中にはチョコレートクリームが入っていてチョコレートクリームの中には細かくしたナッツが入っていて大変おいしいです(アレルギーのある方はお店の人に確認を)。

 

f:id:g-mag:20161101143905j:plain

【ランチボックス】1日10食限定のランチボックスがあり、飲み物付きで630円と、とてもお得でオススメです。

 

f:id:g-mag:20161101144302j:plain

16席のイートインコーナがあるので、ついついパンとドリンクセットで一休みしてしまうお店です。

 

店名:ナチュラルベーカリー クラム
住所:大分県別府市船小路町3-30
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜日
TEL:0977-22-4141
URL:http://r.gnavi.co.jp/782pbcg70000/

 

6. 無添加で自家製素材のパンにこだわるなら「オニパンカフェ別府店」

f:id:g-mag:20161101160930j:plainf:id:g-mag:20161101145522j:plain全て天然酵母のパン屋さんです。無添加で自家製素材たっぷりの体にやさしいパンを取り扱っているので原材料やアレルギー表示などは店頭ですぐに確認できます。

 

f:id:g-mag:20161101160400j:plain

ちなみにこちらのパン屋さんは湯布院塚原高原に本店があります。

本店で作られたパン別府店に持って来ての販売(開店は12時です)なので、パンの到着が13時頃になります。本店の状況により前後しますが、そして14時頃にはもう売り切れてしまうこともあるそうなので、焼き立てパンを希望なら13時頃にお店に行くのが良いかと思います。

パンの到着が遅くなっている場合には、2階のカフェスペースで待たせてもらえるそうですので、お店の方に聞いてみると良いかと思います。

f:id:g-mag:20161101160628j:plain

【クレセント160円】名前どおりに三日月の形をしたパン、切ってみると中は木の年輪のようになっていてシンプルで素朴な味わいのパンです。

 

f:id:g-mag:20161101160656j:plain

【クランベリーチーズ200円】やわらかめのパンの中にクリームチーズとクランベリーが入っています。甘すぎることなく、飽きのこない味です。

2階に屋根裏に上がるような、隠れ家のような雰囲気のあるイートインスペースがあります。セルフサービスとなっていて、カフェスペースを使う時は飲み物を買って持って上がります。高架下だけあって、電車が通るときは多少音がします。

 

店名:オニパンカフェ別府
住所:大分県別府市駅前本町9-20 別府駅北高架商店街内
営業時間:12:00~17:00
定休日:火曜日、水曜日
TEL:0977-88-2690
URL:http://r.gnavi.co.jp/66sduf2n0000/

 

7. 住宅街の癒し空間「パンクラスト」

f:id:g-mag:20161101161816j:plain

 

住宅地の中に位置する可愛らしいお店です。店内はそれほど広くはないですが、いろいろな種類のパンが置かれています。

f:id:g-mag:20161101162555j:plain

パンやライ麦パンはレストランやホテルに納品されているみたいで、安心できるおいしさです。

 

f:id:g-mag:20161101162459j:plain【洋なしのタルト230円】ビスケットのようなサクサクした生地ではなく、パンに近い生地のような感じで、薄くスライスされた洋なしがきれいに並べられています。

 

f:id:g-mag:20161101162657j:plain【粒つぶピーナッツクリーム150円】もちっとした食感の長細いパンの中に粒入りのピーナッツクリームが入ったパンです。

 

他にもかぼちゃの形のかぼちゃぱん、きなこのバルベルリュ。季節のタルトは洋なしのタルトの他にも渋皮付きマロンとコーヒーのタルト、かぼちゃのチーズのタルトなどどれも美味しく、パン屋さんスイーツという感じです。

 

店名:P’an Crust
住所:大分県別府市東荘園4-2-A
営業時間:8:30~19:00(土曜日~17:30)
定休日:日曜日・祝日
TEL:0977-26-5052

 

8. 牛肉ごろごろのカレーパンといえば「石窯パン工房モコモコ 別府店」

f:id:g-mag:20161101163820j:plain

カレーパンが人気商品です。広い店内には、その他にもいろいろな種類の石窯で焼かれたパンが数多く並べられています。店内入ってすぐの所におすすめ商品の看板があります。

 

f:id:g-mag:20161101163940j:plain

f:id:g-mag:20161101164039j:plain

【カレーパン180円】外側はカリッとしていて、中はゴロゴロ具材がしっかりとはいっています。

 

f:id:g-mag:20161101164132j:plain

店のすぐ外側にもテーブルとイスが置かれていて、気候のよい日には、買ったパンを外で食べることもできます。

 

f:id:g-mag:20161101164205j:plain

店内には絵本が置かれた小さなキッズスペースもありますよ。

 

店名:石パン工房モコモコ 別府
住所:大分県別府市山の手町8-42別府山の手ライフガーデン
営業時間:8:00~19:00(売り切れ御免)
定休日:月曜日
TEL:0977-23-4333
URL:http://r.gnavi.co.jp/r14dtv270000/

 

9. コーヒー1杯無料のサービスも魅力的な「ベルボアーズ別府店」

f:id:g-mag:20161101164757j:plain大分の百貨店、別府トキハの地下1階にあるパン屋さんです。買い物と合せて立ち寄る方が多いです。

 

f:id:g-mag:20161101164909j:plain

【素焚糖(すだきとう)メロンパン135円】素焚糖(すだきとう)とは、奄美諸島産のさとうきび原料を100%使用した砂糖のことです。ふわっとしたメロンパンは、とてもやさしい甘さです。

 

f:id:g-mag:20161101164949j:plain【塩パン108円】パンはふわふわと柔らかく、塩加減もちょうど良い感じのパンです。

 

f:id:g-mag:20161101165244j:plain

店内もイートインのコーナーも広く、パンを買った人はコーヒー1杯無料のサービスが嬉しいですね。

 

店名:ベルボアーズ別府
住所:大分県別府市北浜2丁目9番1号 トキハ別府店地下1階
営業時間・定休日:トキハ別府店に準ずる
TEL:0977-26-2678

 

10. あんぱんの種類が豊富な「おひげのぱんやさん」

f:id:g-mag:20161101165716j:plain

f:id:g-mag:20161101165823j:plain

あんパンが有名な人気店で、遠方からもお客さんが訪ねてきます。小豆あんは、素朴な甘さでずっしりとパンの重さを感じるほどつまっています。

 

また、つぶあん、こしあんの他にも、芋、カボチャ、季節限定の栗などを使った、いろいろな種類のあんパンを置いています。驚くほど大きいあんパンもあります。

 

f:id:g-mag:20161101165927j:plain熊本和栗パン150円】栗餡はまるで、ケーキのモンブランを食べているかのようなお味です。こちらは餡ひかえめでふんわりとした生地とあっています。

 

f:id:g-mag:20161101170034j:plain

【となりの先生のつぶあんぱん150円】あんぱんの中でいちばん小さなパンということですが、素材の味を活かした甘さの餡はずっしりしています。

 

f:id:g-mag:20161101170109j:plain

パンの焼きあがり時間ですが14時~15時くらいが一番充実しています。オニオンリッチというパンも人気商品で、焼きあがり時間が会計の所に貼ってありますよ。

 

店名:おひげのぱんやさん
住所:大分県別府市北浜2丁目9番1号 トキハ別府店地下1階
営業時間:6:00~21:00頃(売り切れ御免)
定休日:日曜日、祝日
TEL:0977-25-8832

 

全国的に観光で有名な大分県別府から地元に愛されているパン屋さんから駅前周辺で観光途中でも寄れそうなパン屋さんまでご紹介しました。 交通手段は車移動が多いので駐車場完備のパン屋さんが多いのが嬉しいですね。

                             
ページ上部へ戻る