地元民をとりこにしてきた氷専門店「柳川氷室」のふわふわかき氷は並んでも食べる価値がある

鹿児島県にある地元民からも絶大な支持を誇るかき氷店・柳川氷室( 鹿児島市泉町13-24)を紹介します。「柳川氷室」はその名の通り、飲食店などに氷を販売する専門店で、鹿児島でも名水で知られる大重谷水源の水で作られる透明な氷を使ったフワフワのかき氷は絶品。トリップアドバイザーの「この夏絶対に食べたい、日本のカキ氷ベスト25」において10位に選ばれた店でもあります。かき氷はゴールデンウィーク前の週末から~11月3日まで販売しているとのことなので、ぜひ行ってみてくださいね。(鹿児島市のグルメカフェ・スイーツ

地元民をとりこにしてきた氷専門店「柳川氷室」のふわふわかき氷は並んでも食べる価値がある

f:id:g-gourmedia:20180907132227j:plain

ミルク味のカキ氷にフルーツなどをトッピングした「白熊」は、今や鹿児島スイーツの代表格として知名度も全国区になりました。しかし、鹿児島にはこの白熊に負けずとも劣らない人気を誇るカキ氷があるのです。

名水で作られた透明な氷を使ったカキ氷

それが鹿児島市の「柳川氷室」のカキ氷。「柳川氷室」はその名の通り、飲食店などに氷を販売する専門店。その店先でカキ氷の販売を開始したのは18年ほど年前のこと。

f:id:obake227:20180825223855j:plain

▲右のカキ氷コーナーのすぐ隣で氷が作られています

f:id:g-gourmedia:20180907132311j:plain

鹿児島でも名水で知られる大重谷水源の水で作られる透明な氷!

 

そしてそのフワフワのカキ氷が評判を呼び、今では夏になると長~い行列のできる人気店となっているのです。そして今年トリップアドバイザーで「この夏絶対に食べたい、日本のカキ氷ベスト25」で10位に選ばれました!

 

ということで、猛暑真っただ中の8月、お盆前の週末の午後3時過ぎ、柳川氷室のあるマイアミ通りに行くと、、、

f:id:obake227:20180825222233j:plain

f:id:obake227:20180825222318j:plain

遠目にも店頭に並ぶ人々が確認できます。私と同じ方向で前方を歩いている人たちからも「うわ~、すっげー並んでる。。。」という声が聞こえてきます。どうやら目的地は同じ場所のよう。

 

実は今年からお店の場所は移転しています。といっても以前の場所から車道を挟んだ斜め向かい側なので迷うことはないと思います。

f:id:obake227:20180825224117j:plain

▲画面左のビルから右のビルへ移転しました~

 

店に着くとすでに老若男女50人ほどが並んでいました。私も列の最後尾に並び、ひたすら待ちます。すると前に並んでいる人からメニュー表が回ってきました。

f:id:g-gourmedia:20180907132714j:plain

いよいよカキ氷とご対面!

カキ氷メニューは豊富で、メロンやイチゴ、オレンジなどポピュラーなものは300円、ミルクは50円で追加できます。その中で鹿児島らしいものをと考えて「くろず(福山の黒酢)」にミルクがけを選びました。そして並び始めてから待つこと40分ほど、

f:id:obake227:20180825222507j:plain

やっと順番が来ました。店舗内では次々に氷が削られカップに盛られると、注文ごとにシロップやトッピングが施されていきます。

 

カキ氷はプラスチック製のカップに盛られていて、テイクアウトのみ。店先のイスに座る人、立ったままの人、食べ方はそれぞれ。私も黒酢ミルク掛けを受け取るとさっと写真を撮ってさっそくいただきました。

f:id:g-gourmedia:20180907132330j:plain

▲くろず(福山の黒酢)にミルクがけ

f:id:g-gourmedia:20180907132339j:plain

黒酢なので酸っぱいかな?と思っていたのですが、ミルクの甘さもありほんのり酸味を感じる程度。なによりフワフワの氷があっという間に口の中で溶けていくのがたまりません。

f:id:g-gourmedia:20180907132455j:plain

半分ほども食べるとシャーベット状の黒酢ドリンクという感じです。

f:id:g-gourmedia:20180907132443j:plain

最後は添えられていたストローで飲み干してご馳走様でした!

11月までかき氷が食べられる!

この日は私の後ろにもまだまだ行列が続いていたので、、、、、、

f:id:obake227:20180825223146j:plain

お盆が過ぎてから改めて撮影に伺わせていただきました。

 

今度は「ベリーしろくま」をオーダー。

f:id:g-gourmedia:20180907132726j:plain

こちらはフワフワの氷の上にブルーベリーで目と鼻が作られています。

f:id:g-gourmedia:20180907132227j:plain

ミルクたっぷりの甘い氷の下にはブルーベリーやブラックベリーなどがたくさん入っていました。

f:id:g-gourmedia:20180907132736j:plain

ちなみにこちらでカキ氷が販売されるのはゴールデンウィーク前の週末から~11月3日まで。

 

11月にテイクアウトのカキ氷!? と思うかもしれませんが、鹿児島は9月、10月も残暑の厳しい日が多いので、わりと普通に食べられます。ちなみに11月3日は天文館で「おはら祭り」という鹿児島最大の祭りもあるので、カキ氷と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

紹介したお店

柳川氷室(やながわひょうしつ)

鹿児島市泉町13-24

☎ 099-222-4609

営業時間 11:00~18:00

休み なし

駐車場 なし

 

おばらけいこ プロフィール

f:id:g-gourmedia:20150804141152j:plain

鹿児島は南薩に生まれ、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」のひとつ旧集成館にほど近い上町エリア在住のフリーライター。

地元タウン誌出身、取材範囲は鹿児島を中心に九州全域の観光関連情報を中心にあれこれ。

芋焼酎のお湯割りと鶏刺しがあればとりあえずご機嫌になります。

                             
ページ上部へ戻る