西郷隆盛の好物「とんこつ」の旨味にビビる!鹿児島のまるで江戸時代な武家屋敷で西郷どん気分を味わってきた

大河ドラマ「西郷どん」の放送で、鹿児島はにわかに盛り上がりつつあります。そんな中、鹿児島では西郷さんの好物をアレンジしたメニューが続々と登場しています。南九州市知覧町では「ロケ地ありがとうキャンペーン」が行われており、キャンペーンに参加する飲食店では西郷隆盛が好きだったといわれるとんこつ、豚、ウナギ、黒糖、スイカと知覧茶(知覧紅茶)を使ったメニューが提供されています。今回は「髙城庵」の「よかにせ御膳」を紹介します。 (指宿・南九州のグルメランチ

西郷隆盛の好物「とんこつ」の旨味にビビる!鹿児島のまるで江戸時代な武家屋敷で西郷どん気分を味わってきた

f:id:obake227:20171225192308j:plain

明治維新から150年の2018年、大河ドラマも幕末が舞台の「西郷どん」と、鹿児島県内はすっかり西郷どんで盛り上がっています。ドラマでは鹿児島県内の数か所でロケが行われましたが、その中のひとつ、南九州市知覧町では「ロケ地ありがとうキャンペーン」が行われています。

 

f:id:obake227:20171225193912j:plain

キャンペーンに参加する飲食店では西郷隆盛が好きだったといわれるとんこつ、豚、ウナギ、黒糖、スイカと知覧茶(知覧紅茶)を使ったメニューが、その他の物販店などでは「西郷どん」仕様の特産品やコラボ商品が販売されています。

 

f:id:obake227:20171225194016j:plain

↑お土産から飲食店まで揃っています

南九州市知覧町の中心部に位置する知覧武家屋敷庭園群は約700mの間に江戸時代に作られたと伝わる武家屋敷が立ち並び、そのうちの7邸の庭園が一般にも公開されています。その一角にあるのが「髙城庵」です。

f:id:obake227:20171225191721j:plain

↑入口も趣があります

昭和5年(1930)築の古民家を利用していて、美しく整えられた日本庭園を眺めながら鹿児島郷土料理などをいただくことができます。

f:id:obake227:20171225193524j:plain

↑お庭を眺められる店内

f:id:obake227:20171225193633j:plain

今回のキャンペーンで新たに加わったメニューが「よかにせ御膳」2100円です。「よかにせ」とは鹿児島弁でカッコいい男性=イケメンという意味です。

f:id:obake227:20171225195221j:plain

このお膳のメインはやはりなんといっても中央にある「とんこつ」でしょう。

f:id:obake227:20171225192742j:plain

とんこつは鹿児島郷土料理のひとつで、豚のスペアリブを味噌や醤油でじっくりと炊いています。なのでお箸でもすっと肉が骨から外れ、肉もホロッホロになっています。

f:id:obake227:20171225193243j:plain

ジューシーなのにくどくない脂がたまりません

甘辛い味わいはあわ入りごはんとの相性も抜群です。また、知覧町はお茶が特産品で「知覧茶」のブランドでも知られています。そんなお茶どころらしく茶製品もたくさんあるのですが、このお膳にも知覧茶うどんが入っています。ちなみに私は冷たいうどんいただきましたが、温かいかけうどんにもできます。

f:id:obake227:20171225193351j:plain

他にもニンジンやニラが入った自家製のさつま揚げ、

f:id:obake227:20171225192847j:plain

サツマイモ入りの田舎煮しめ(※季節により素材が異なる場合があります)、

f:id:obake227:20171225192923j:plain

季節物の酢のもの、香の物とボリュームもたっぷりです。

f:id:obake227:20171225193134j:plain

一つ一つの料理はもちろん、お米もお店が栽培し、毎朝精米したてのものを提供したり、味噌や漬物も自家製と、てまひまと愛情がたっぷり詰まった食材も自慢です。

 さらに御膳には知覧茶の抹茶と黒糖だんごもついていて、

f:id:obake227:20171225193023j:plain

食事からデザートまでゆっくりといただくことができます。

 

また店舗の隣は旧高城家で、知覧型二ツ家という武家住宅が無料で公開されています。

f:id:obake227:20171225194614j:plain

ちなみに武家屋敷群は500円の入場料が必要ですが、「髙城庵」での食事のみを希望の方は、武家屋敷群のメインストリートとは反対の方向から直接店舗に入ることができます。

f:id:obake227:20171225194152j:plain

もちろん食事の後は「西郷どん」ロケ地である武家屋敷群をゆっくりと散策することもおススメ。

f:id:obake227:20171225194417j:plain

↑髙城庵からもすぐ近くの「森重堅邸」

f:id:obake227:20171225194501j:plain

↑7つの庭園のうちこちらだけが池泉式庭園

f:id:obake227:20171225194807j:plain

↑こちらは「平山克己庭園」、枯山水式の庭園

各邸の庭園はもちろん、刈り込まれたイヌマキの生け垣や重厚な石垣も見ごたえがあります。

f:id:obake227:20171225195009j:plain

あの場面はどこで撮影したのかな? と探しながら散策してみるのも楽しそうですね。

 

紹介したお店

さつま郷土料理食事処 髙城庵(たきあん)

鹿児島南九州市知覧町郡6329

電話 0993-83-3186

営業時間 10:30~15:00

休み 1月9日

駐車場 周辺有料駐車場利用

r.gnavi.co.jp

 

 

 

おばらけいこ プロフィール

f:id:g-gourmedia:20150804141152j:plain

鹿児島は南薩に生まれ、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」のひとつ旧集成館にほど近い上町エリア在住のフリーライター。

地元タウン誌出身、取材範囲は鹿児島を中心に九州全域の観光関連情報を中心にあれこれ。

芋焼酎のお湯割りと鶏刺しがあればとりあえずご機嫌になります。

                             
ページ上部へ戻る