新宿で本格タイ料理なら歌舞伎町の「バンタイ」が本気で毎日通えるくらいウマいので絶対行くべき

東京でタイ料理店は数多くあると思いますが1985年の創業で30年以上の歴史がある老舗タイ料理はまだ数は少ないと思います。そんな歴史を持つ老舗タイ料理店「バンタイ」が新宿歌舞伎町にありました。メニューは代表的なガパオやパッタイなどに加えて炒め物なども充実しています。今回はその中から人気の鶏肉入りのレッドカレーであるゲンペッガイとパッタイそしてカオマンガイをアリマックスさんが食べてきました。(新宿のグルメタイ料理

新宿で本格タイ料理なら歌舞伎町の「バンタイ」が本気で毎日通えるくらいウマいので絶対行くべき

f:id:g-mag:20161128192848j:plain

 

どうもみなさま、はじめまして。食べ物でしかテンションが上がらない男アリマックスと申します。

f:id:g-mag:20161128191749j:plain

僕は今新宿歌舞伎町に来ています。別に怒っている話ではありません。テンションが上がっていないので真顔なだけです。

 

新宿歌舞伎町の老舗タイ国料理 バンタイ

f:id:g-mag:20161128191956j:plain

というわけで今回ご紹介するのは、新宿歌舞伎町にあるタイ料理のお店バンタイさんです。 こちらのお店は1985年の創業だそうで、30年以上の歴史がある老舗のタイ料理を食べることができます。

お店はJR新宿駅東口から徒歩5分ほどの場所、歌舞伎町の入り口からすぐのところにあります。

 

f:id:g-mag:20161128192024j:plain

お店はビルの3階で、こちらの入り口から入ります。

 

f:id:g-mag:20161128192226j:plain

3階に到着すると、なにやら重厚な扉とタイっぽさが溢れる置物があります。 中の様子がわからないので、若干入りずらさはありますが、勇気をもって扉を開けて中へ入りましょう。

 

f:id:g-mag:20161128192249j:plain

扉を開くと、中は110席あり広々としています。 ランチタイムのピークはこの席が人で溢れかえるほど人気のお店です。

ランチタイムは11:30~15:30(ラストオーダー15:00)で私は平日の空いていそうな時間帯を狙って14:30位に訪問しましたが、ラストオーダーの時間までひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

木彫りのテーブルやイスからもなんとなくタイっぽい雰囲気を醸し出していますし、タイの風を感じることができる置物が置いてあります。

 

 

豊富なランチメニューに期待が膨らむ

ランチメニューというと、決まったメニュー4〜5種類から選ぶことも多いと思いますが、バンタイさんのランチタイムは豊富なメニューから選ぶことができます。

f:id:g-mag:20161128192315j:plain

代表的なガパオやパッタイなどに加えて、炒め物なども充実しているので、毎日通っても色々なメニューで飽きずに通えますね。

 

私が今回注文したのは、鶏肉入りのレッドカレーであるゲンペッガイ(780円税抜き)とパッタイ(700円税抜き)そしてカオマンガイ(850円税抜き)です。

f:id:g-mag:20161128192335j:plain

到着するまでしばし待ちます。

 

もちもち麺と具材の食感が楽しめるパッタイ

f:id:g-mag:20161128192355j:plain

まずはパッタイ(700円税抜き)からいただきたいと思います。 干しエビや豚肉、卵、もやしやニラなどがたっぷりのっています。

 

f:id:g-mag:20161128192409j:plain

パッタイの上にプリッとしたエビが1匹のっています。

 

f:id:g-mag:20161128192444j:plain

お米で出来た麺をリフトアップ、平打ちの麺から甘い香りが漂います。

 

f:id:g-mag:20161128192503j:plain

さっそく1口いただきたいと思います。

こっ……これは!

f:id:g-mag:20161128192633j:plain

めちゃくちゃ美味しい!

食べ物でしかテンションが上がらない私ですが、これは素晴らしい。

甘くしっかりした味付けに、生のもやしのシャキシャキ食感、ナッツの食感、ふわふわ卵の食感が複雑に絡み合って、テンションが上がらないはずがないです。

備え付けのレモンを絞って混ぜると、さわやかな酸味がさらにテンションをあげてくれます。

 

f:id:g-mag:20161128192655j:plain

ランチタイムのメニューは、サラダ・スープ・デザートが付きます。

 

f:id:g-mag:20161128192712j:plain

f:id:g-mag:20161128192718j:plain

サラダはスタンダートなもの、デザートはタピオカミルク、優しい味のスープはとてもお気に入りです。

 

本格的な鶏肉ゴロゴロレッドカレー

f:id:g-mag:20161128192754j:plain

続いて鶏肉入りのレッドカレーであるゲンペッガイ(780円税抜き)をいただきます。 こちらのライスは日本米を使用しておりますが、希望すればタイ米に変更することもできるようです。 ライスもカレーも結構なボリュームがあります。

 

f:id:g-mag:20161128192802j:plain

オレンジ色のきれいな色をしたカレーをスプーンですくってみると、中からゴロゴロと鶏肉が沢山出てきます。 食欲を刺戟するスパイスの香りがたまりません。

 

f:id:g-mag:20161128192827j:plain

うわあああああおいしいいい!

こちらも間違いなくテンションあがります。 あたたかい気持ちになるような優しいオレンジ色のカレーをライスと一緒にいただくと、スパイシーな香りとココナッツミルクの深いコクと甘みを感じることができるのですが、後からしっかり辛さが追いかけてきます。 コクうまあと辛でクセになり、スプーンがとまりません。

 

 

プリプリの鶏肉とジャスミンライスがマッチするカオマンガイ

f:id:g-mag:20161128192848j:plain

最後はこの日のランチおすすめメニューのカオマンガイ(850円税抜き)をいただきます。

※ちなみにこちらのメニューは、週替わりのランチ限定お勧めメニューということなので、ディナータイムには無いメニューで、ランチでもお勧めメニューに載っていない場合は注文できませんので、ご注意ください。

 

f:id:g-mag:20161128192905j:plain

さあカオマンガイはどうかな?

 

f:id:g-mag:20161128192931j:plain

うおーっ!これも美味しい!

肉厚の鶏肉は柔らかく、とってもジューシーで、鶏肉の優しい旨味に包まれている感覚です。 タイ米に細切りの生姜が合わせて炊かれているのがいいアクセントになっています。 何を食べてもハズレがない。素晴らしい。

 

新宿は歌舞伎町で、本格的なタイ料理がランチタイムに1,000円以内で食べられる。 ランチタイムも15:00ラストオーダーで、15:30までやっているのでのんびりランチにも最適なお店「バンタイ」さんを紹介しました。

 

f:id:g-mag:20161128192955j:plain

ランチタイムは平日のみですが、是非興味がある方は足を運んでみてください。 僕もバンタイの料理でバッチリテンションが上がりました!

 

紹介したお店

バンタイ

住所:東京新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル3F 

TEL:03-3207-0068

r.gnavi.co.jp

 

プロフィール

アリマックス

ブログやwebメディアで文章を書いたり、遊んだりしているおじさん。 新しくて面白そうなモノやコトが大好きな雑食系30代。

ブログ:http://gadgetintroduction.com

Twitter:https://twitter.com/chesmin2009/

                             
ページ上部へ戻る