浅草の老舗喫茶店「デンキヤホール」でオムマキとゆであずきを食べてきた【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

初詣でごった返す浅草寺や仲見世。その喧騒から少し離れたところにある老舗の喫茶店「デンキヤホール」で人気の「オムマキ」や「ゆであずき」をいただくのはいかがでしょうか。朝は9時から夜は21時までの営業でナポリタンやカレーなどの定番メニューも美味しいですがぜひオムライスの焼きそば版である「オムマキ」と、お汁粉とはちょっと違った甘味「ゆであずき」を試してみてはいかがでしょうか。(浅草のグルメ喫茶店

浅草の老舗喫茶店「デンキヤホール」でオムマキとゆであずきを食べてきた【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

f:id:mgohan_cn:20161217113917j:plain

浅草駅から三ノ輪方面にあるいて15分。

日本を代表する観光地のにぎやかな喧騒もすっかりおさまった千束通り商店街。その片隅に老舗喫茶店「デンキヤホール」がある。

 

1903年創業、110年を超える歴史がある。

特徴あるその店名は、初代店主がもともと電機屋をいとなんでいたことに由来する。

牛乳やコーヒー、パンといった軽飲食をだすミルクホールとデンキヤをたして、デンキヤホールだ。

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217113741j:plain

 

昭和の空気を残した店内は、レトロで落ち着く雰囲気だ。

いくつかのテーブル席はゲーム台になっていて、ゲームタイトルもディグダグやパックマンなど。30代半ばのわたしでもリアルタイムでは直撃してない古式ゆかしいゲームたちだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217110750j:plain

f:id:mgohan_cn:20161217110804j:plain

 

奥まったところが好きなので隅っこにある席に腰かけたら「麻雀女学園~身体検査編~」であった。

お水をもってきてくれた店員さんが「もしプレイされる場合は電気をいれるのでおっしゃってください」と気をきかせてくれる。

こんな雰囲気のある喫茶店で、脱衣麻雀はできない。

 

 

 

 

やさしい甘さ、ゆであずき 

f:id:mgohan_cn:20161217111248j:plain

▲ゆであずき 500円

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217111404j:plain

デンキヤホール名物、ゆであずき。

その名前からして、てっきりぜんさいのようなものかと予想したが、どちらかといえばおしるこに近い。

温かくて甘い汁の底に、ゆでたあずきがたっぷり沈んでいる。

 

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217111431j:plain

寒い冬にぴったりの1杯。

一般的なおしるこよりずいぶんひかえめで優しい甘さだ。

 

 

 

 

焼きそば版のオムライス「元祖オムマキ」

f:id:mgohan_cn:20161217112826j:plain

▲元祖オムマキ 650円

 

もう1つの名物がこちら、元祖オムマキ。

オムライスの焼きそば版。ソース焼きそばを薄く焼いた卵でつつんで、ケチャップをかけた料理だ。ステンレスの皿が無骨でかっこよく、かえって食欲がわく。

おてごろなお値段なので小さいのかなとおもっていたけど、しっかり1人前ありますね。

 

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217112911j:plain

「おこのみにあわせてどうぞ」と祇園からとりよせた黒七味と一味もセットで出してくれる。

いままで焼きそばに七味をかけたことはなかったし、ましてやオムレツにかけようなんて想像すらしたこともなかったけれど、ピリッと締まって意外にわるくない。

 

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20161217113053j:plain

キャベツたまねぎだけのシンプルな焼きそば。料理としては単純なんだけど、家で作る焼きそばとはまるで異なるウマさがある。

単体でうまい焼きそばを、うまい卵で包んでるのだから、そりゃウマいにきまってる。

 

 

小腹も満たせて、ゆっくりできる。

浅草の人ごみに疲れたら、デンキヤホールでひとやすみがおすすめだ。

 

 

取材したお店

r.gnavi.co.jp


 

作者:松澤茂信(まつざわしげのぶ)

f:id:mgohan_cn:20141111153842j:plain

東京別視点ガイド編集長。
るるぶとか東京ウォーカーが積極的に載せないようなとこばっかし巡ってます。
そういう人生です。けっこー楽しいです。
(編集:編集プロダクション studio woofoo by GMO

 

東京別視点ガイド:http://www.another-tokyo.com/
Twitter:https://twitter.com/matsuzawa_s

                             
ページ上部へ戻る