なんというシンプルさ!ネギトッピングのみが基本の自家製麺伊藤のラーメンがもはや神々しい【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

松澤茂信さんによる、東京別視点ガイド・ぐるなび支店です。今回は浅草エリアのグルメから、「自家製麺伊藤」の浅草店をご紹介します。こちらのラーメンはまさにシンプルイズ・ベストの極み。ネギトッピングのみが基本で、煮干がガツンとくるスープと、ごりっとした強い歯ごたえの自家製麺が特徴です。伊藤のラーメンは、シンプルに麺を喰らい、シンプルにスープをすする。そういうふうに作られているのですね。(浅草のグルメラーメン

なんというシンプルさ!ネギトッピングのみが基本の自家製麺伊藤のラーメンがもはや神々しい【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

f:id:g-gourmedia:20160527173447j:plain

 

煮干しと自家製麺を堪能するならココだ

f:id:mgohan_cn:20160524112530j:plain

多様化するラーメン界のなかで、独自の進化をとげている「自家製麺伊藤」をご存知だろうか?

秋田県角館の「伊藤」をルーツとしていて、煮干しのダシがきいたスープと、自家製麺の細麺が特徴的なラーメン屋。シンプルイズベストな1杯があじわえる。

銀座店、王子店にいたっては、あの有名ガイドブックにも選出されている。

 

f:id:mgohan_cn:20160524112541j:plain

▲ラーメン鉢のなかに煮干しが浮かんでいる看板

 

今回は雷門からもほど近い「自家製麺伊藤浅草店」にうかがった。

 

 

f:id:mgohan_cn:20160524112717j:plain

 

店内は、カウンターのみで9席。

ラーメンメニューは中華そばと比内鶏そば、それに焼豚をのっけた肉ソバの4種類だ。サイドメニューにチャーシュー丼や水餃子もある。

 

最近のラーメン屋にしてはわりとシンプルなメニュー構成にみえるのだが、伊藤系のなかではこれでもバリエーションが豊かなほう。王子の「中華そば屋伊藤」にいたっては、そばと肉そばの2択である。

 

 

 

シンプルイズ・ベストの極み 

f:id:mgohan_cn:20160526110604j:plain

▲肉ソバ中 850円

 

肉ソバの中を注文。

事前知識がなかったら、あまりにもシンプルなトッピングに驚いてしまうだろう。

肉ソバにしたことで、焼豚4枚が追加されているものの、基本トッピングはネギのみなのだ。

とにかく麺とスープを味わってほしい。そんな強い意志を感じる一杯だ。

 

一般的なラーメンと比べるとスープの量もすこし少ないように感じるが、ひと口すすればその理由も明確。煮干しダシがものすごく濃厚で、この量で充分すぎるほど存在感があるのだ。

「もっと飲みたい!」という方は、100円でスープ増しも可能だ。

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20160524113210j:plain

 

写真では、なんてことない細麺にみえるだろうが、伊藤の自家製麺は噛みごたえが極めて独特。麺の断面をよく見てると長方形の形状をしていて、ごりっとした強い歯ごたえがあるのだ。

通常の細麺ならばツルツル飲みこんでいく感覚だろうが、こちらの麺はボリボリとかみ砕いていくイメージ。食べごたえがある。

 

このように、伊藤のラーメンは、シンプルに麺を喰らい、シンプルにスープをすする。そういうふうに作られているのだ。

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20160524113140j:plain

 

主張の強すぎない焼豚で、ちょうどいい。

 

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20160524113320j:plain

▲水餃子 200円

 

「もうちょっとお腹にいれられるな」という方は、プリップリの水餃子を頼むのもいいだろう。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20160526110555j:plain

王子のそば

 

こちらで伊藤の味が気にいったかたは王子にある「中華そば屋伊藤」に足を運んでみるのもいいだろう。

そばと肉そばの2つしかメニューがなく、店構えもよりストイック。スープもさらに「オラオラオラ!煮干し!煮干し!」というパンチ力の強いものが味わえるぞ。

 

 

取材したお店 

r.gnavi.co.jp

 

 

作者:松澤茂信(まつざわしげのぶ)

f:id:mgohan_cn:20141111153842j:plain

東京別視点ガイド編集長。
るるぶとか東京ウォーカーが積極的に載せないようなとこばっかし巡ってます。
そういう人生です。けっこー楽しいです。
(編集:編集プロダクション studio woofoo byGMO

 

東京別視点ガイド:http://www.another-tokyo.com/
Twitter:https://twitter.com/matsuzawa_s

                             
ページ上部へ戻る