読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超・濃厚、とろっとろの牡蠣スープ!錦糸町の牡蠣ラーメン専門店「佐市」に今すぐ行くべき【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

松澤茂信さんによる、東京別視点ガイド・ぐるなび支店です。どんどんと牡蠣が美味しくなってくるこの季節、錦糸町にあるラーメン店「佐市」さんでは、超濃厚な牡蠣のスープで作ったラーメンがいただけるそうです。スープがどのくらい濃厚かと言うと、こってりで有名な天下一品のラーメンスープに負けない濃度だそうです。牡蠣好きな方はこれはもう今すぐ行くしかありませんね。(錦糸町のグルメラーメン

超・濃厚、とろっとろの牡蠣スープ!錦糸町の牡蠣ラーメン専門店「佐市」に今すぐ行くべき【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

錦糸町・住吉 ランチ グルメレポ 東京別視点ガイド

f:id:mgohan_cn:20151006144855j:plain

f:id:mgohan_cn:20151006144904j:plain

錦糸町駅に足しげく通っている、ちょっと変り種のラーメン屋さんがある。「麺や佐市」だ。店内はカウンターだけで10席ちょっと。綺麗な店内には女性客の姿も目立つ。

 

変わり種といっても、珍味や奇食系というわけではない。スープのダシを『牡蠣』からとる、牡蠣ラーメン専門店なのである。ハマグリからダシをとるラーメン屋こそあれど、牡蠣ダシというのはなかなか珍しい。

 

 

f:id:mgohan_cn:20151006145031j:plain
▲牡蠣ラーメン 900円

 

毎回欠かすことなく食するのが、こちらの牡蠣ラーメンだ。

ネギの上にどっさり盛られた海苔、そして、三つ葉とソテーされたぷりぷりの牡蠣が2つトッピングされている。

牡蠣2つの代わりにちょっとレア気味なチャーシューがのってるラーメンもあるんだけれど、せっかく佐市に来たのなら、とことんまで牡蠣を堪能したい。

 

 

f:id:mgohan_cn:20151006145202j:plain

牡蠣はバターでソテーされていて、食欲をそそる香りを漂わせている。かじるとジワッと汁が出てくるのがたまらないんだな。

このラーメン、たんに牡蠣が入ってるだけじゃなくって、スープまで牡蠣の味。超濃厚でとろっとろのスープは、天下一品のラーメンスープに劣らぬほどの濃度を誇る。

カニに蟹ミソが詰まっているように、カキにも味噌があったのならば、こんな味がするんだろうなあって空想しちゃうぐらい、旨みが凝縮されている。

某牛丼チェーン店も、サービス味噌汁じゃなくって、このスープをどうにか出してくれないもんかなあ。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20151003192751j:plain
▲牡蠣めし 450円

 

「牡蠣ラーメンだけでは摂取カキ量が足りない!」という牡蠣ジャンキーは、サイドメニューの牡蠣めしを頼むといいだろう。

 

 

f:id:mgohan_cn:20151003193019j:plain

こちらには4つも牡蠣の身がのっているので、ラーメンとあわせて6つ摂取できるのだ。 「さらにもっと!」という業の深い方には、生ガキのメニューもあるぞ。

 

 

f:id:mgohan_cn:20151006145656j:plain

牡蠣めしもいいんだけど、私のおすすめは俄然、普通の白飯だ。ランチタイムならばサービスでタダでついてくる。

 

濃厚な牡蠣スープをたっぷりと白飯にぶっかけて、勢いよくすするのだ。旨い、あまりに旨すぎる。カレーに匹敵するほどの、白飯との相性だ。ごはんがススムくんだったら、おかわりを無限に繰り返し、頭が破裂するほど米を食い続けるんじゃないかと不安になるぐらい、白飯がすすむ。

 

 

取材したお店

r.gnavi.co.jp

 

作者:松澤茂信(まつざわしげのぶ)

f:id:mgohan_cn:20141111153842j:plain

東京別視点ガイド編集長。
るるぶとか東京ウォーカーが積極的に載せないようなとこばっかし巡ってます。
そういう人生です。けっこー楽しいです。
(編集:編集プロダクション studio woofoo by GMO

 

東京別視点ガイド:http://www.another-tokyo.com/
Twitter:https://twitter.com/matsuzawa_s

                             
ページ上部へ戻る