読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館朝市で「活きイカ踊り丼」!足がクネクネ、吸盤が舌に吸い付くよ!【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

松澤茂信さんによる、東京別視点ガイド・ぐるなび支店。今回は新鮮な魚介類を求めて、函館の朝市へ。特産は蟹とイカで市場でも完全に推しメニューです。朝市に併設されたどんぶり横丁で新鮮な素材をそのままつかった、活きイカをたっぷりといただいてきましたので、ご覧ください。(函館のグルメ回転寿司

函館朝市で「活きイカ踊り丼」!足がクネクネ、吸盤が舌に吸い付くよ!【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

函館 回転寿司 東京別視点ガイド グルメレポ

f:id:mgohan_cn:20150825123840j:plain

f:id:mgohan_cn:20150825113951j:plain
函館朝市は駅からすぐ。平日にも関わらず、かなりの賑わいだった。

 

2016年春、青森-函館間が新幹線で結ばれる。関東からのアクセスもだいぶ便利になるとあって、函館へのグルメ旅を計画している人も多いのではないだろうか。

 

はるばる函館へ足をはこぶお目当ては、なんてったって、やっぱり新鮮な魚介類。函館駅のすぐ目の前にある「函館朝市」ならば、早朝から獲れたてぴっちぴちの魚介類がたらふく食べられるのだ。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825114621j:plain

 

とりわけ蟹とイカが特産ということで、市場の両サイドを蟹とイカが占拠している。ひとくちに蟹といっても、花咲ガニ、毛ガニ、たらばガニとその種類も豊富。

 

獲れたてぴっちぴちの死に蟹もいれば……

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825114419j:plain
▲蟹の水槽で生かされる蟹

 

獲れたてぴっちぴちの生き蟹もいる。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825115412j:plain

 

どの店でもたいてい郵送してくれるんだけど、そうなってくると気になるのが鮮度。イカを活かしたまま送ることができる「活イカカプセル」なんてものまであった。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825115208j:plain
▲毛ガニまん

 

f:id:mgohan_cn:20150825115255j:plain

 

毛ガニまんを買ってみたところ、ほぐれた蟹の身がびっちり中に詰まっていて、半分に割ったら蟹の香ばしい匂いがほわっとした。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825121619j:plain

 

函館朝市に併設されている「どんぶり横丁」では、新鮮な素材をそのまま使った海鮮丼を食べられる。

いくら丼にウニ丼、うまそうな丼飯をだす店は数あれど、鮮度という一点において最強なのが、ここ「たびじ」の”活きいか踊り丼”だ。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825130127j:plain

 

注文を聞いてから、店員さんが水槽で泳いでいるイカをすくいだす。

すくうや否やまな板に乗せられ、その胴体はみるみるイカそうめんへ変貌していく。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825123818j:plain
▲活きイカ踊り丼 1,100円

 

そして、あっという間に完成したのが「活きイカ踊り丼」だ。

さっきまで元気に泳いでたイカが、出会ってほんの1分たらずで丼飯へと化していた。イカそうめんとイクラの上に乗っかっている足は、うねうねと緩やかに動いているし、目のあたりはピクピクと痙攣してるのが生々しい。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150825123840j:plain

 

わさび醤油を上からかけると、先ほどまでの緩慢な動きがウソのように、激しく足をバタバタさせた。思いきって、足1本を口にふくむと、吸盤がぴたっと吸いついてくる。暴れまわるというほどではないが、動きを感じる。歯ごたえが強く、なかなか噛み切れない。

あごの弱い人は、足を1本1本切り分けてもらうといいだろう。

 

踊り食い部分に関心が行きがちだが、胴体のイカそうめんが絶品。今まで食べてきたものとはまるで食感が違う。切りたてほやほやのものはごりごりと強い歯ごたえがあり、ヌメっとした柔らかいイカそうめんとは別の食い物に思えるほどだ。

 

取材したお店

一花亭 たびじ 

住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場 

TEL:0138-27-6171

r.gnavi.co.jp

 

作者:松澤茂信(まつざわしげのぶ)

f:id:mgohan_cn:20141111153842j:plain

東京別視点ガイド編集長。
るるぶとか東京ウォーカーが積極的に載せないようなとこばっかし巡ってます。
そういう人生です。けっこー楽しいです。
(編集:編集プロダクション studio woofoo by GMO

 

東京別視点ガイド:http://www.another-tokyo.com/
Twitter:https://twitter.com/matsuzawa_s

                             
ページ上部へ戻る