【元祖デカ盛り】京都の定食屋さんを語るうえで「ハイライト」だけは絶対に外せない

京都大学の裏手に、安くて美味しくてお腹いっぱいになれるお店「ハイライト 百万遍店」(京都府京都市左京区田中門前町94)があります。食べ盛りの学生さんだけでなく、地元民からも人気のお店です。こちらの一番人気は「ジャンボチキンカツ定食」。とにかくボリュームたっぷりなのですが、味ももちろん絶品です。タルタルソースやマヨネーズ、ポン酢まで手作りしていますよ。京都大学近くの百万遍店のほか、御池店、十条店、御園橋店、衣笠店があります。(銀閣寺・北白川・出町柳のグルメランチ

【元祖デカ盛り】京都の定食屋さんを語るうえで「ハイライト」だけは絶対に外せない

f:id:assak-karakara:20170714222650j:plain

京都といえば神社仏閣。たしかにそれは間違いないのですが、京都は、かの京都大学はじめ数多くの学校があり、学生の街でもあるのです。そして、学校の周辺には、お財布事情はあまり豊かでないけどお腹ペコペコ!という学生にも優しいお店が集まります。いわば第二の学食的な存在ですね。

そんな食堂のなかで、学生に限らず京都地元民からも長年愛されている人気店が「ハイライト」です。場所はもちろん(?)、京都大学のすぐ近く!(他にも店舗あり)

このハイライト、京都に住んだことのある人なら、一度は聞いたことのある名前なのではないでしょうか。

 

一番人気「ジャンボチキンカツ定食」がさっそくデカくて圧倒される

f:id:assak-karakara:20170714223407j:plain

扉の上を見てください、「Eating House hi-lite」とあります。そう、ここは食べるための場所なのです。お昼時は学生さんや周辺で働く方々で満席です。今回はランチタイムを外してお伺いしました。

さて、さっそくですが、こちらの大人気メニューがこちら。「ジャンボチキンカツ定食」(ご飯とお味噌汁付きで630円)です。驚きの600円台です。

f:id:assak-karakara:20170714222722j:plain

ご飯がでかくて、奥のチキンカツがなんか小さい気がしますが……

f:id:assak-karakara:20170714222650j:plain

チキンカツ単体でこれ!

f:id:assak-karakara:20170719201924j:plain

20cmあります

f:id:assak-karakara:20170714222637j:plain

テーブルに常備されているお茶のやかんと比べてみてもデカいです。お箸で持ち上げるとずっしり……!カットはしてありますが、もちろん一口では食べられません。

この揚げたてサクサクのチキンカツにかかっているのは、自家製アメリカンソース。聞きなじみがないですが、見た目はトマトソースのよう。

アメリカンソースとは、エビの殻など魚介や香味野菜を使って作るソースのことです。トマトソースよりも酸味は控えめ、さらに旨みたっぷりで深い味わいなのです。かといって、しつこい感じもないので、このボリュームの揚げ物でもパクパクと食べられちゃいます。しかもまた、このソースがご飯にも合うんですよね……!罪なソースです。

 

さらに、「若鶏唐揚げ定食」(ご飯とお味噌汁付きで720円)も大人気のメニューです。唐揚げは世代問わず人気のメニューですからね~。で、やってきたのがこれ。

f:id:assak-karakara:20170714222043j:plain

から…あげ……?

この唐揚げ、どのくらいあるんですか?とお店の方に聞いてみたら「うーん、4枚」とお答えいただきました。唐揚げの単位っていつから「~枚」になったんだろう。

f:id:assak-karakara:20170714222104j:plain

鶏肉は朝びきのものを毎日仕入れているそう。たしかに食べたらわかる。やわらかいのに弾力もしっかりあって、これは美味しい鶏肉だ……!断面から肉汁があふれているのが伝わるでしょうか。ご覧のとおり、とってもジューシーです。

 

さらにさらに、またもやすっごいメニューがあるのです。それが「ビックリ盛り定食」(750円)。

f:id:assak-karakara:20170714224505j:plain

写真見ただけで「あ、なんかスゴい」って思いますよね。これ、覚悟していた以上にボリュームあって、実物を前にすると本当に「ビックリ」します。

何がのっているかというと、クリーミーコロッケ、メンチカツ、若鶏唐揚げ、若鶏ポン酢。そしてオクラの天ぷらなんかも添えてありました。このオクラの下にもアメリカンソースが敷かれている!腹ペコ学生には夢のメニューなんじゃないでしょうか。ていうか、これで750円ですからね。

 

うどんじゃない「うどん」がウマい! 

ハイライトには「うどん」があります。しかし、普通のうどんではないのです。

f:id:assak-karakara:20170714222857j:plain

「カレー皿うどんチキンのせ」、たしかに普通のうどんメニューではなさそうです。スパゲッティー感覚で食べられるのか……というか、まったく想像がつきませんよね。

好奇心にかられて注文。「カレー皿うどんチキンのせ(チキンカツ)」(580円)をお願いしました。

f:id:assak-karakara:20170714221853j:plain

お?カツカレーかな?

うどん」を注文したはずなのに、カレー皿にのってやってきました。やはりチキンカツの存在感がハンパではないですね。

f:id:assak-karakara:20170714221917j:plain

カツカレーみたいな見た目でしたが、ご飯ではなくうどんが入っていました。スプーンとフォークで、「スパゲッティー感覚で」いただきます!

カレーは甘みがあってそこまで辛くないのに、スパイシーな風味がしっかりしています。これは美味い……!絶妙な加減ですね。細麺のうどんはモッチモチ!カレーも美味しいのですが、このうどんが本当に美味しいのです。聞けば、良いうどんを使っているそう。それで580円はさすがとしか言いようがない!

f:id:assak-karakara:20170717154121j:plain

ちなみに、このカレー皿うどんのカツにかかっているタルタルソースはじめ、チキンカツにかかっているアメリカンソース、おろしポン酢のポン酢も、マヨネーズまでもが全てお店の手作り!このソースも、他のメニューに活用できるので無駄がありません。

 

どうしてこの盛りっぷりで、こんなに安いの?

ここまで紹介してきたのは、ハイライトのメニューのほんの一部。このように期待を裏切らないメニューが他にも山盛りです。こんなにお安い価格設定で、かつボリュームたっぷりのお料理を提供していることが、長年の人気の理由ですね。

 

そんなハイライト、今の社長・辻井さんのご両親が靴屋さんから食堂に転身されたのが始まりだったのだそう。60年近く、京都の学生たちの胃袋を支え続けてきたお店ですが、はたしてどのようにこのお値段、そしてボリューム、豊富なメニューを実現しているんでしょう?

f:id:assak-karakara:20170714222847j:plain

秘密は、この沢山のメニューに隠されていました。メイン料理は唐揚げやチキンカツ。鶏鍋、親子丼などもありますが、これってどれも鶏肉を使った料理ですよね。さらにトンカツ、豚キムチなどは豚肉を使った料理。

1つのメニューのためだけに材料を仕入れることなく、いろいろなメニューに活用して、材料ロスを防いでいるのだそうです。

f:id:assak-karakara:20170714224536j:plain

さらに、材料はその日のうちにほぼ全てを使い切る!そのため、いつも新鮮な材料をお客さんに提供できるのです。「ロスを出すと、結局お客様へ提供する価格にも影響して来る」という考えからの、お店の努力の賜物なのです。ありがたいお話です(泣)。

そんな企業努力がまったくわからないくらい、ハイライトのメニューはとにかく幅広い!昔はメインメニューの1/3ほどだったのに、いつのまにかどんどん増えていったそうです。

特に海鮮鍋や豚キムチ鍋、カツ鍋といった鍋ものメニューは「定食の付け合わせのサラダを食べない学生さんがいて、そんなお客さんにもたっぷり野菜を摂ってほしい」という考えから。優しすぎる

メインメニュー以外にも店内にはびっしりとオリジナルメニューが貼られています。

f:id:assak-karakara:20170714222911j:plain

基本の唐揚げに加えて、ソースが選べるチョイス唐揚げ定食も!

f:id:assak-karakara:20170714223131j:plain

そして忘れてはいけないのが、この「山田丼」のような、アルバイトの方が開発したメニュー。ハイライトのまかない料理は「お店にある材料なら何を使ってもいい」という条件で(これもすごい話ですよね)、好きに料理を作って食べてOKなのだそう。そのまかない料理から独創的なレギュラーメニューが生まれることもあるとか。

 

アルバイトはほとんどが大学生、つまり彼らはアルバイトさんでもあり、お客さんでもあるので、彼らが食べたいと思うものは、お店で提供しても受け入れられるだろう、という考えです。素敵!

f:id:assak-karakara:20170714224526j:plain

ハイライトは、本店である百万遍店以外に、御池店、十条店が直営で、社長の弟さんが経営されている御園橋店、長年ハイライトで働いておられた方に暖簾分けされた衣笠店の合計5店舗です。メインメニュー以外に立地に合わせて求められるオリジナルメニューがありますよ。

f:id:assak-karakara:20170714223057j:plain

いつも利用しているお客さんには、こんなサービスまで! ハイライトでこの値引きはかなり大きいです!ジャンボチキンカツ定食なんて、630円→530円(あるいは580円)になりますからね。どう考えても安すぎる。

f:id:assak-karakara:20170714222924j:plain

こちら、社長の辻井さん(写真右)。30年来のスタッフさん(写真左)と一緒に。

f:id:assak-karakara:20170714223119j:plain

百万遍のハイライトは2階建て。混むと2階も使われます。

ボリューム的に男性客が多いかと思いきや、お店に入ってみるとモリモリ食べている女子大生も普通にいて頼もしいです。よく食べて、よく学んでいるんだろうな。

f:id:assak-karakara:20170714223418j:plain

まさに、味よし量よし値段よし! 

飽きられないように、それでいて、いっぱい食べて欲しいというお客さんへの愛がこの豊富なメニューと安い価格を現実のものとしているのです。 

 

京都大学のすぐ近くにあるハイライト

最後に、ハイライトまでの道のりを紹介します。

JR京都駅からなら、市バス206系統で百万遍バス停下車 17系統で百万遍バス停か、京大農学部前で下車します。電車を使うとちょっと歩くので、バスが一番便利ですね。

f:id:assak-karakara:20170714224231j:plain

お店のすぐ近くには、百万遍でおなじみの浄土宗大本山百萬遍知恩寺。ちなみに、毎月15日にはここで手づくり市が開催されます。

f:id:assak-karakara:20170714224221j:plain

ハイライトは京都大学の裏手にあります(時計台があるのは正門側です)。

f:id:assak-karakara:20170714224242j:plain

京都大学の近くには、『鴨川ホルモー』で有名な吉田神社も。

f:id:assak-karakara:20170714224254j:plain

鴨川の三角デルタまでも歩けますよ。ハイライトでお腹いっぱいになったら、ぜひ周辺を散策してみてくださいね。

 

紹介したお店

ハイライト食堂・百万遍店
住所:京都京都市左京区田中門前町94
TEL:075-781-4517

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。 

 

プロフィール

f:id:g-mag:20160921084653j:plain

アカサカナツコ

食べて飲んでうろうろして、がまぐちも作ってます。

ブログ:http://assak-karakara.hatenablog.com/
Twitter:https://twitter.com/assakgamasan

                             
ページ上部へ戻る