浅草の食べ歩きグルメ決定版!本当に美味しいオススメ16店(マップ付き)

東京観光で外せない人気エリアが浅草。人が多くやってくるだけあって、グルメも充実しています。食べ歩きグルメもレベルが高く、美味しいものが盛りだくさん。今回は、浅草食べ歩きにオススメの12軒を厳選しました。雷門~仲見世通りを中心に、浅草ROX周辺のお店を紹介しています。定番の「常盤堂」の雷おこしや、「本家 梅林堂」のかわいい人形焼、「浅草九重」のあげまんじゅう、「浅草メンチ」の肉汁あふれるメンチカツ、「花月堂」のジャンボめろんぱんなど、浅草の街を散策しながらグルメも味わってみてはいかがでしょうか?紹介したお店のマップも用意しましたので、食べ歩きツアーにお役立てください!(浅草のグルメ

浅草の食べ歩きグルメ決定版!本当に美味しいオススメ16店(マップ付き)

f:id:g-gourmedia:20160401120228p:plain

浅草といえば東京を代表する観光地!雷門前での写真撮影は定番中の定番ですよね。いまや海外からも多くの観光客が訪れる浅草は、美味しい食べ歩きグルメの宝庫でもあります

f:id:g-gourmedia:20171215174727j:plain

雷門から浅草寺へと続く仲見世通りを中心に、浅草ROXの裏側エリアを実際に食べ歩き、本当に美味しいグルメを厳選しました。定番の雷おこしや人形焼をはじめ、カレーパン、メンチカツといったガッツリ系も紹介しています。

街歩きと美味しいグルメ、両方満喫できる浅草へ出かけてみましょう!

記事の最後には、紹介したお店のマップを掲載していますので、浅草散策のおともにどうぞ!気になったお店の位置をチェックしてくださいね。

また、こちらの特設ページでは、浅草の最新グルメ情報を紹介中です。あわせてどうぞ!

浅草 グルメガイド・おすすめ人気グルメ&レストラン

ランチ情報はこちらからどうぞ。 

1.【どら焼き】しっとりもちもちの生地が激ウマ!行列にも納得の「亀十」

浅草のシンボル的存在、雷門のすぐ近く。いつもお店の前に人だかりができている「亀十」です。

f:id:g-gourmedia:20171225182220j:plain

こちらの名物はなんといってもどら焼き!どら焼きを購入するには店内の列に並ばなくてはならないのですが、平日のお昼にお邪魔した際には10分ほどで購入できました。土日は30分~1時間は覚悟したほうが良さそうです。

しかし、並んでまで食べる価値があるのが、こちらのどら焼きなのです。今回はどら焼きと一緒に最中も買ってみました。どちらも「黒あん」と「白あん」があります。

f:id:g-gourmedia:20171225183322j:plain

▲どら焼きは各360円、最中は330円です。

どら焼きを手に持ってみるとすぐにわかるのが「しっとり感」。こんなに保水力のあるどら焼きは初めて見ました。そう、この生地が素晴らしすぎるのです。

f:id:g-gourmedia:20171225183338j:plain

クセになるホワホワ感で、しっかり味があって香ばしい香りもするのに、きちんと餡を引き立てる生地。もはや唯一無二のどら焼きという感じです。みんな並ぶのがよくわかる。

f:id:g-gourmedia:20171225183317j:plain

▲黒あん。上品な甘さで食べ飽きない味です。

f:id:g-gourmedia:20171225183328j:plain

▲白あん。生地のふわふわ感が伝わる写真。餡はねっとりしていて、意外と甘さ控えめなのがうれしい。 

f:id:g-gourmedia:20171225183310j:plain

こちらは最中。「どら焼きのおまけ」みたいな扱いで購入したのですが、こちらも超ハイレベル……!時間が経っても最中はサクサク感を保ったままで、甘さ控えめな餡と良く合います。やっぱり最中はこうでなくっちゃ、というお手本のような最中でした。

 

店名:御菓子司 亀十
住所:東京都台東区雷門2-18-11
電話番号:03-3841-2210
営業時間:10:00~20:30

 

2.【雷おこし】浅草みやげの定番!実演販売も楽しめる「常盤堂 雷おこし本舗 雷門本店」

f:id:cookart:20160318082433j:plain

雷門のすぐ隣にある「常盤堂 雷おこし本舗 雷門本店」です。浅草といえば、やっぱり雷おこしですよね。雷おこしとは、蒸した米を煎って膨らませたものを、水あめや砂糖などで固めたお菓子です。雷おこしの「雷」は何を隠そう、雷門(風雷神門)からきているんですよ。

こちらのお店では、軽やかなおしゃべりをまじえつつ、職人さんが鮮やかな手つきでおこし作りを実演してくれます。さらにできたての雷おこしを食べられるんですよ。

f:id:cookart:20160318084257j:plain

パフ状になったお米に、水あめやグラニュー糖、隠し味に塩とマーガリンを少々。

f:id:cookart:20160318082611j:plain

薄く板状に伸ばしたら、四角い棒を転がしながら同じ大きさに切っていきます。

f:id:cookart:20160318085112j:plain

できたての雷おこしは、ほんのり温かくて香ばしい!ついつい手が伸びてしまいます。季節の柄の袋に入れてくれて、100g入り300円です。

 

店名:常盤堂 雷おこし本舗 雷門本店
住所:東京都台東区浅草1-3-2
電話番号:03-3841-5656
営業時間:9:00~21:00(売り切れ次第終了)

 

3.【きびだんご】きな粉たっぷり!うさぎの暖簾が目印の「浅草きびだんご あづま」 

f:id:g-gourmedia:20171215175806j:plain

江戸時代、実際に浅草寺の参道にあったというきびだんごを再現して販売しているお店。紅白の暖簾にカワイイうさぎが目印です。

目の前で茹でたてのお団子に、きな粉をたっぷりまぶして出してくれます。ほっかほかのきびだんごは1人前5本330円。

f:id:cookart:20160318082930j:plain

やわらかくてモッチモチ~!小粒サイズ&甘さ控えめな香ばしいきな粉のおかげで何本でも食べられてしまいそうです。

f:id:g-gourmedia:20171215175641j:plain

1杯110円で抹茶、甘酒を販売しているので、お団子と一緒にいただくのもオススメです。おみやげ用のきびだんごも売っていますので、気に入った方はおうちでも楽しめますよ。

f:id:g-gourmedia:20171215175636j:plain

▲仲見世は食べ歩き禁止なので、お店横のカウンターで食べましょう。

 

店名:浅草きびだんご あづま
住所:東京都台東区浅草1-18-12
電話番号:03-3843-0190
営業時間:9:30~19:00(売り切れ次第終了)

 

4.【麦とろ】ワンコインのとろろ飯がお手軽!体に優しい「浅草 むぎとろ 雷門店」

f:id:cookart:20160318085743j:plain

雷門を背にして、通りを挟んだはす向かいにあるとろろ飯のお店です。本店も近くにありますが、こちらは茶屋風の雷門店。1杯500円とワンコインから、気軽にとろろ飯をいただけます。

f:id:cookart:20160318085907j:plain

今回はお味噌汁セットにしたので、+100円の600円。

振りかけられた青のりの香りと相まってツルッと胃袋におさまってしまいます。粘りが強くふんわりとしたとろろと麦飯の相性は抜群。山芋には滋養強壮効果や整腸作用があるそうなので、食べ歩きで疲れたに胃にも優しい一杯です。

f:id:cookart:20160318090419j:plain

季節の限定弁当やボリューム満点のむぎとろカレーも人気だそうですよ。テイクアウト用にはとろろコロッケ(100円)もオススメです。

 

店名:浅草むぎとろ 雷門店
住所:東京都台東区雷門2-17-10
電話番号:03-3843-1066
営業時間:10:00~18:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/enxzn8960000/

 

5.【人形焼】ハトや提灯の形がかわいい…!仲見世で立ち寄りたい「本家 梅林堂」

f:id:g-gourmedia:20171215180538j:plain

雷おこしと並ぶ浅草定番のおみやげ、人形焼のお店です。超人気のお店で、だいたい人だかりができています。1袋8個入りが300円、2袋だと500円!

f:id:g-gourmedia:20171215180617j:plain

店頭ではできたてホカホカの人形焼が包装される様子を延々と眺めることができます。

f:id:g-gourmedia:20171215180600j:plain

つぶあんは赤、こしあんは白と分かれています。

f:id:cookart:20160318091611j:plain

提灯柄の紙袋がお土産にも喜ばれそうです。さらにばらまき土産にありがたい個包装!

肝心の中身はというと、雷門の提灯、五重の塔、ハトの3種類です(どれも味は一緒)。

f:id:cookart:20160318092021j:plain

下の写真ははこしあん(ハト)を割ったもの。冷めてももちろん美味しいのですが、ホカホカの人形焼はやっぱり格別(ただし仲見世は食べ歩き禁止!)。ふわふわの生地にやさしい甘さのあんこが包まれていて、定番の美味しさ。ほっとする味です。

f:id:g-gourmedia:20171215181737j:plain

 

店名:本家 梅林堂
住所:東京都台東区浅草1-18-1
電話番号:03-3843-4311
営業時間:8:30~(売り切れ次第終了)

 

6.【あげまんじゅう】浅草の食べ歩きグルメで絶対に外せない「浅草九重

f:id:g-gourmedia:20171215185239j:plain

浅草グルメは数あれど、やっぱりあげまんじゅうも外せません!見た目は天ぷらのようですが、カリッとサクサク、中はふわふわ、という夢のようなおやつです。

浅草九重浅草寺本堂のほんの少し手前(雷門寄り)にあるお店で、いつもあげまんじゅうを求めるお客さんでにぎわっています。

f:id:g-gourmedia:20171215185311j:plain

スタンダードなあげまんじゅうのほか、ごま、抹茶、さつまいも、かぼちゃ、カスタードクリーム、さくら、もんじゃ、カレー、チョコレートといった顔ぶれ。バラエティ豊富すぎてめちゃくちゃ迷います……!

f:id:g-gourmedia:20171215185058j:plain

あれもいいな、これもいいな……と悩んだすえ、今回はあげまんじゅう(130円)ともんじゃ(200円)をセレクト。

左がもんじゃ、右があげまんじゅうです。

f:id:g-gourmedia:20171215185343j:plain

まずもんじゃから。本当に美味しいの?と心配になりますが、まごうことなく、これは本物のもんじゃの味!衣には青のりと紅しょうがが入っています。もんじゃというと月島を思い浮かべますが、浅草ももんじゃの本場ですからね。さすが本場!といった再現度でした。カリふわっとした生地もいい仕事してます。

f:id:g-gourmedia:20171215185354j:plain

 

あげまんじゅうの中身はこしあんでした。生地のザクザク感とほっこりする餡のコントラストが良いですね。油っこいかと思われそうですが、良い油を使っているのか胃もたれなどする気配はナシ。人気の理由もわかります。

f:id:g-gourmedia:20171215185401j:plain

 

店名:浅草九重
住所:東京都台東区浅草2-3-1
電話番号:03-3841-9386
営業時間:9:30~19:00

 

7.【アイス最中】サクッと香ばしい最中が想像よりはるかに美味しい「ちょうちんもなか」

f:id:g-gourmedia:20171225191635j:plain

お次は、夏はもちろん、寒い冬にもぜひ食べてみてほしいスイーツ。「浅草ちょうちんもなか」のアイスもなか(1個330円)です。伝法院よりちょっと手前(雷門寄り)にある仲見世のお店。

f:id:g-gourmedia:20171225191630j:plain

取材で訪れた日は8種のアイスがありました。このなかから抹茶と黒ごまをセレクト。ちなみに、一番人気は抹茶だそうです。

f:id:g-gourmedia:20171225191623j:plain

雷門のちょうちんの形を模したパリッパリサックサクの最中に、アイスをぎっしりと詰めてくれます。

f:id:g-gourmedia:20171225191617j:plain

これが想像以上の美味しさ!いや、美味しいことはわかっていたのですが、同行者と奪い合いになるレベルでした。一番人気だけあって抹茶も美味しいのですが、黒ごまが最中と香ばしいコンビでベストマッチング!超オススメです。

 

店名:浅草ちょうちんもなか
住所:東京都台東区浅草2-3-1
電話番号:03-3842-5060
営業時間:10:00~17:30 

 

8.【大学いも】トロリと蜜の絡んだ懐かしい味!「おいもやさん興伸 浅草伝法院東通店」

f:id:g-gourmedia:20171215190752j:plain

サツマイモ好きにはたまらないおイモの専門店です。サツマイモ問屋の川小商店が運営している直営店で、大学芋やスイートポテト、芋ようかんといった芋スイーツを販売しています。浅草寺周辺には全部で4店舗あります。

f:id:g-gourmedia:20171215190829j:plain

一番人気はなんといっても大学芋(みやび)。大粒でツヤッツヤに輝くお芋が山盛りになっています。なんて美しいの……!1,200円 / 500gの量り売りで、200gから購入できます。取材時には期間限定で「さつま」(1,400円 / 500g)がありました。食べ比べセット(1,700円)なんてのも、贅沢な感じがして良いですね。

f:id:cookart:20160319024400p:plain

外はカリッと、中はホックホクに揚がったお芋にとろ~りと蜜がたっぷり絡んで、もうそりゃあ美味しいです。大学芋ってなんでこんなにシンプルな材料しか使っていないのに、こんなに美味しいのでしょうか。黒ゴマの香りが後を引く懐かしい味です。

大学芋以外のスイートポテトやアップルポテトなんかも気になります。アップルポテトには「りんごの中にシナモン風味のスイートポテト」という説明書きが添えてありました。そんなん絶対うまい……!

f:id:g-gourmedia:20171215190904j:plain

 

店名:おいもやさん 興伸 浅草伝法院東通店
住所:東京都台東区浅草1-36-6
電話番号:03-5828-8530
営業時間:10:00~19:00

 

9.【メンチカツ】肉汁がジュワ~ッ!浅草の新名物「浅草メンチ」

f:id:g-gourmedia:20160331184144j:plain

ここまでスイーツが多かったですが、ここでしょっぱいものを挟みましょう!激ウマすぎるメンチカツです。老若男女、外国の方にも大人気でお店の前は常に賑わっています。

f:id:cookart:20160318095818j:plain

浅草メンチは1個200円。手に持っただけでわかる、表面はカリッカリでサクサク。結構ずっしりしています。

そして、このメンチカツはかじったときに最大級の驚きがやってくるのです……!

f:id:cookart:20160318100043j:plain

揚げたてアッツアツをかじると……ジュワワ~~~っとあふれだす肉汁!(やけどに注意してくださいね)

並ぶ理由がわかりすぎます。味も食べ応えも満足度の高い一品です。

 

店名:浅草メンチ
住所:東京都台東区浅草2-3-4
電話番号:03-6231-6629
営業時間:10:00~19:00

 

10.【カレーパン】サクッふわっトロ~リがたまらない「東京浅草 豊福」 

f:id:cookart:20160318101322j:plain

浅草で超人気のグルメ、豊福の黒毛和牛カレーパン。お土産やお取り寄せも販売しており、こちらも人気です。

1個290円のカレーパンには、8時間以上煮込んだというコクのあるカレールーがたっぷり。

f:id:cookart:20160318101816j:plain

きつね色に揚がったパンの表面はサックサク。一口かじってみると、中はふわっふわ~。と、カリカリのパンから、カレーのお出ましです。見ただけでわかる、この濃厚さ……!

f:id:cookart:20160318102343j:plain

スパイシーなのに、どことなくお肉の甘みが感じられて、まさしく絶品!軽い食感のパンに、濃厚なルーがよく合います。これはお土産に大量購入しちゃう気持ちがよくわかりますね。

 

店名:東京浅草 豊福
住所:東京都台東区浅草2-3-4
電話番号:03-3843-6556
営業時間:10:00~18:00(売り切れ次第終了)

 

11.【ジャンボめろんぱん】大きいのにペロッと食べられちゃう…!「花月堂 雷門店」

f:id:g-gourmedia:20160331184245j:plain

週末は1日に2,000個も売れるという老舗甘味処の名物ジャンボめろんぱん。1個220円です。

そして、その名のとおりジャンボ!本物のメロン並の大きさですね。「これ、食べられるかな……」と少し不安になるかもしれませんが、食べればわかる、大丈夫です。イケます。

f:id:g-gourmedia:20171215191840j:plain

f:id:cookart:20160318103810j:plain

紙袋に「やわらか注意!」と書いてあるように、本当にふわっふわなんです。

f:id:g-gourmedia:20171215191912j:plain

f:id:g-gourmedia:20171215191917j:plain

外のクッキー生地はサックサクで中はふわっと軽い食感。バターの香りがするのですが、さっぱり食べられるメロンパン

大きいけれどすんなり胃袋に収まってしまいます。いつのまにか食べてしまっている危険な食べ物です。なんだろう、たとえるなら綿菓子のような食べ物かな……。

f:id:cookart:20160318105705j:plain

レトロな雰囲気の店内でゆっくり座って食べることもできますよ。

浅草周辺では5店舗で購入できるようです。

f:id:g-gourmedia:20171215191934j:plain

 

店名:花月堂 雷門店
住所:東京都台東区浅草2-2-10
電話番号:03-5830-3534
営業時間:10:00~16:00(売り切れ次第終了)

 

12.【芋きん】一気に10個くらい食べてしまいそうな勢いで美味しい芋スイーツ「満願堂」

f:id:g-gourmedia:20171225193235j:plain

芋きんつばで有名な「浅草満願堂 浅草店」です。仲見世と浅草駅の間にある浅草店(上の写真)のほか、浅草公会堂方面にある本店、スカイツリーのほうまで足を伸ばせば吾妻橋店もあります。

店頭では、1個130円で蒸かしたての芋きんを購入できます。

f:id:g-gourmedia:20171225193225j:plain

f:id:g-gourmedia:20171225193218j:plain

なんといってもモチモチの生地に包まれたホクホクのお芋が美味しすぎます。さつまいもの自然な甘さで、1個食べるとついつい2個、3個とほしくなってしまう……。女子ウケ間違いなさそう。

f:id:g-gourmedia:20171225193244j:plain

6個入り、10個入りといったお土産用もありますので、もっと食べたくなってしまった方もご安心ください!

 

店名:浅草満願堂 浅草
住所:東京都台東区浅草1-33-3 武石ビル1F
電話番号:03-5828-8600
営業時間:10:00~19:00

 

13.【たい焼き】カリッともちもち!独特な食感がクセになる「たい焼 勝」 

花やしき方面まで足を伸ばしたところにある「たい焼 勝」。目の前に花やしきの浅草門があります。

f:id:g-gourmedia:20171225195056j:plain

たい焼きのほかに「生しぼりハチミツレモン」「ゆずサイダー」など個性的なドリンクメニューも豊富。かつ、休憩できるスペースも広くとってあるので、浅草散策の一休みにもってこいのお店です。

f:id:g-gourmedia:20171225195046j:plain

たい焼きは「あずき」(160円)と「手作りカスタードクリーム」(170円)の2種類。あんまり他で見かけないぷっくり加減……?なんとなく、丸っこい形が印象的です。

f:id:g-gourmedia:20171225195027j:plain

外側はパリッとしつつ、中はしっとりしていてモチモチ食感な生地がとても◎。薄皮たい焼きも美味しいけれど、「たい焼きの生地だけ延々と食べていられる派」の筆者にとって、このたい焼きはかなり理想的です。あずき餡もクドい甘さじゃなくてちょうど良いです。

f:id:g-gourmedia:20171225195036j:plain

カスタードクリームは手作り感あふれる優しい甘さ。作り置きだったため少しクリームが固くなってしまったようですが、とろ~んと流れ出てくるより、少しねっとりしたクリームのほうが好みなので問題なしでした。むしろ美味しい。

浅草寺方面からだと少し歩きますが、花やしきの見物がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 

店名:たい焼 勝
住所:東京都台東区浅草2-7-19 高橋ビル
電話番号:03-3842-0141
営業時間:月、木~金 13:00~18:00 土日祝 10:00~18:00

 

14.【肉まん&シューマイ】地元民からも長年愛される「セキネ」

f:id:g-gourmedia:20171215193615j:plain

すし屋通りと新仲見世通りの交差点の角にあるセキネで食べたいのは肉まん!地元民も通うお店です。名物の肉まんは1個260円。

f:id:g-gourmedia:20171215193640j:plain

見てください、このなめらかな肌……!ふっくらツヤッツヤの皮はもっちもちで、皮だけでも食べていたいくらい美味しいです。 

肉餡にたどりつくと、肉汁があふれ出します。この旨みたっぷりな肉汁をもっちもちの皮が受け止めてくれていて、もうまさにベストパートナー。肉だけでなく玉ねぎも、これでもか!というほど入っています。ジューシーで旨いです。

f:id:cookart:20160318115917j:plain

肉まんのほかにはあんまん、シューマイも。シューマイはお土産用のみの販売です。

f:id:g-gourmedia:20171215193635j:plain

セキネはシューマイも美味しいのでぜひ食べてみてもらいたい!

持ち帰り用のみの販売です。お店の方には「電子レンジでチンしてもらえればOKです」と説明を受けました。余裕があればもちろん蒸したほうが美味しいはずですが、レンジ加熱でも十分美味しくいただけます。

f:id:g-gourmedia:20171215193647j:plain

温める前に写真を撮ってしまったのですが、とっても肉肉しいシューマイであることが伝わるでしょうか(電子レンジを使う場合は別皿に移しましょう)。

f:id:g-gourmedia:20171215193652j:plain

すばらしいムッチムチ感!シューマイというより、肉団子とかソーセージとかそっちの類です。玉ねぎの甘さもあって、控えめにいってめちゃくちゃウマイ……!

専用のタレとカラシが付いてきます。これを使うと、またさらに違った味わいに変化。

f:id:g-gourmedia:20171215193658j:plain

たまり醤油っぽいまろやかさで、深みもありつつ、ほんの少し酸味があってサッパリした味。奥に旨味も感じられます。このタレが本当に美味しい!そしてカラシをつけると一気に大人の味になって、お酒がほしくなります。

 

店名:セキネ
住所:東京都台東区浅草1-23-6
電話番号:03-3841-5230
営業時間:11:00~20:00

 

15.【せんべい】浅草で100年続く手焼きせんべいのお店「入山せんべい」  

f:id:cookart:20160318120654j:plain

1914年(大正3年)創業という歴史あるおせんべい屋さんです。店頭では職人さんたちが1枚ずつ丁寧にせんべいを手焼きしているところを見学できます。

そしてその焼きたてを食べられちゃうのです!贅沢ですよね。

f:id:cookart:20160318121201j:plain

焼きたての温かいせんべいは1枚130円。香ばしいお醤油の香りがたまりません……!日本人に生まれてよかったー!

f:id:cookart:20160318121511j:plain

バリッ!と堅い食感、しっかりめのお醤油味、歯ごたえ、これぞ正統派のせんべい!なんだか懐かしくなる味です。きちんとした手土産にも重宝する、缶入りも売られていますよ。

 

店名:入山せんべい
住所:東京都台東区浅草1-13-4
電話番号:03-3844-1376
営業時間10:00~18:00 (木曜日定休)

 

16.【喫茶店】甘味ともんじゃ焼きどっちも!レトロなお店「純喫茶マウンテン」

f:id:cookart:20160318124851j:plain

さて、最後に浅草らしいレトロな喫茶店「マウンテン」を紹介します。

こちらのお店、1階は甘味処純喫茶、2階はもんじゃとお好み焼き、という複合的な?お店なのです。

2階のもんじゃ焼きからご紹介。

f:id:cookart:20160318125401j:plain

各テーブルに鉄板があり、思い思いにもんじゃを焼いて楽しめます。

オススメはクラシックな切りイカもんじゃ。もんじゃドリンクセットで1,300円(+200円でアルコールに変更可能)です。

容器から溢れんばかりに盛られた切りイカよ……!これがいい味出すんですよね~。下町っ子ならわりとなじみ深い食材だと思います。

ちゃきちゃきの江戸っ子なお母さんが目の前でもんじゃを焼いてくれますよ。もんじゃの作り方がわからない!という方もご安心ください。

f:id:cookart:20160318125910j:plain

炒めた具材で作った土手の中に生地を流し込んでグツグツ。透明感が出てきたら全体を混ぜて完成!ヘラですくっていただきます。ヘラはとっても熱いのでヤケドに注意してくださいね。

f:id:cookart:20160318130201j:plain

もんじゃのお楽しみは後半戦。「おせんべい」などと呼ばれるおコゲが一番美味しいところです!パリパリで香ばしい~!あえてもんじゃを薄~く鉄板の上に伸ばしておいておコゲを作るのもアリです。

さて、1階の純喫茶はレトロなインテリアのゆったりとした空間になっています。

f:id:cookart:20160318125201j:plain

あんことソフトクリームが豪快に盛られたクリームあんみつもマウンテンの人気メニューです。この甘さが疲れた体にしみます……!

f:id:cookart:20160318130706j:plain

渋めの緑茶がついて850円。歩き疲れたらぜひ寄ってみてくださいね。

 

店名:純喫茶 マウンテン
住所:東京都台東区浅草1-8-2
電話番号:03-3841‐0172
営業時間11:30~22:30

 

浅草グルメマップ

甘辛・新旧・和洋折衷。バラエティ豊かな浅草グルメは いかがでしたか?

浅草はどんな季節に行っても楽しめます。東京の代表的な観光地、食べ歩きも楽しみながらいろいろなスポットを巡ってみてくださいね。

紹介したお店のマップはこちら。浅草散策にお役立てください!

浅草のランチスポットを色々お探し中の方はこちらにもたくさん掲載中ですよ!

f:id:g-gourmedia:20180429224107j:plain

 

著者プロフィール 

f:id:naomisennsei:20160218035646j:plain

株式会社 COOK ART‐23番地cook~人と料理の交差点

「人と料理の交差点」をテーマに、単なる料理の技術を学んでいただくための教室ではなく、お友達や家族に笑顔を届けてもらえるようなレッスンを展開中。笑顔と歓喜溢れるレッスンには、毎回多くの人が集まる。

HP:株式会社 COOK ART‐23番地cook~人と料理の交差点

文:23番地cook専属ライター 金岡 布見子(かねおか ふみこ)

料理は食べるのも、作るのも大好きなアラサー女子。趣味は味コピー。気に入った味を盗んで自宅でこっそり再現しています。得意料理はお酒と白米に合う激辛料理。

                             
ページ上部へ戻る