ビールが苦手な人にも!ビールをがぶがぶ頂ける魔法の液体「フレーバーシロップ」の作り方!

暑くなって、ビールがますます美味しい季節になってきました。いつものビールも美味しいんですが、レッドアイやシャンディガフも良いですよね。最近では定番以外のビアカクテルも登場していますが、ビールとの相性抜群の「フレーバーシロップ」ってご存知ですか。柑橘類で簡単に作れてしまうレシピご覧になって、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(池袋のグルメビアホールビール・ビアガーデン特集

ビールが苦手な人にも!ビールをがぶがぶ頂ける魔法の液体「フレーバーシロップ」の作り方!

f:id:foodcreative:20150522121808p:plain

 

どうも、こんにちは。料理研究家、フードコーディネーターの河瀬璃菜です。

段々と夏らしく暑くなって参りましたね!そんな時に飲みたいのがやっぱり「ビール」ですよね!暑い日にキンキンに冷えたビールって最高〜!

 

最近ではフレーバービールなるものもよく見かけますよね。ほんのりいちごの香りやオレンジの香りを楽しめちゃう女子受け抜群なアレです!

そんなフレーバービールの素「フレーバーシロップ」実はご自宅でも簡単に作れちゃいますよ!

 

ということで早速レシピをご紹介させていただきます。

 

オレンジ&レモン&シナモンのフレーバーシロップ

f:id:foodcreative:20150522121101j:plain

材料(500mlの瓶1本分)

f:id:foodcreative:20150522121214j:plain

  • オレンジ 1/2個
  • レモン 1/2個
  • シナモン 1/2本
  • 甜菜糖 180g

作り方

1. オレンジ、レモンはよく洗い、それぞれ瓶に入りやすい大きさにカットする。

2. 煮沸消毒した瓶に1.を入れ65度のお湯をそそぐ。

f:id:foodcreative:20150522121251j:plain

f:id:foodcreative:20150522121255j:plain

3. 砂糖が完全に溶け粗熱が取れたら冷蔵庫で保管する。

f:id:foodcreative:20150522121314j:plain

 

※フレーバーシロップ自体は2週間程度日持ちしますが中のフルーツは2日以内に取り除いてください。

 

こちらのフレーバーシロップをビールに1/3程度入れて飲むと……最高〜〜〜!

甘さはお好みで合わせてくださいね。

f:id:foodcreative:20150522121348j:plain

本当美味しい!オレンジの甘みにレモンの爽やかな酸味、そしてシナモンの濃厚な香りが口の中に広がります。

ビールが苦手だという人にもぐびぐび飲めちゃう美味しさですね。

もちろんシャンパンや白ワインに入れても◎ですよ。

 

 

お子様にはこちらのように炭酸水で割ってあげると良いですね。

f:id:foodcreative:20150522121419j:plain

 

もちろんビール以外にもいろいろ使えます

そのほかフレーバーシロップを煮詰めてメープルシロップ代わりにパンケーキにかけたり、ヨーグルトにかけたりと様々な楽しみ方ができるのではないでしょうか。

f:id:foodcreative:20150522121442j:plain

もちろんオレンジやレモンではなくいちごやローズマリーにタイムなどのハーブを使用しても美味しくできますよ。

 

フレーバーシロップを作る時のポイント

  1. 瓶は必ず煮沸消毒しましょう。
  2. お湯は65度がベスト!
  3. 中のフルーツは2日以内には取り出しましょう。

 

 

 

いかがでしたか。この夏にぴったりのフレーバーシロップ。

お気に入りの使い方、フルーツやハーブで是非楽しんでみてくださいね。

 

 

作者 りな助

f:id:foodcreative:20150501125252j:plain

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。料理研究家、フードコーディネーター。料理イベント企画運営や料理教室、料理会を年間100回開催し、料理会、料理教室を開催するリーダーの交流会、勉強会や町おこしタイアップ企画など料理の先生が活躍していくプラットフォームを育成している。 食べることで美しくなれる『ついでにビューティーレシピ』を得意としている。(編集:フードクリエティブファクトリー)
ブログ:http://foodcreativefactory.com/     http://ameblo.jp/linakawase/
ツイッター:https://twitter.com/linasuke0508

 

夏本番!おすすめ!ビール・ビアガーデン特集

 

                             
ページ上部へ戻る