読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭水化物を我慢せずに40男が体重55kgを維持する方法【中川淳一郎の「今も飲んでいます」連載第一回】

『ウェブはバカと暇人のもの』などの著作や、「NEWSポストセブン」などのネットニュースサイトの編集者として知られている中川淳一郎氏が、みんなのごはんに初登場!大のビール党として認知されている氏が40を過ぎてもどうして太らずにいられるのか?ということで、一週間の食生活を隠すことなく晒していただきましたよ。(渋谷のグルメラーメン

炭水化物を我慢せずに40男が体重55kgを維持する方法【中川淳一郎の「今も飲んでいます」連載第一回】

中川淳一郎 グルメレポ 渋谷 つけ麺

f:id:g-gourmedia:20150423092802j:plain

こんにちは。編集者の中川淳一郎と申します。「食」に関して多くの人が気になることをマジメに考えちゃうゾ! ということで、文章書いていきます。最近、みんなが本来大好きなはずの「炭水化物」が太る原因として、悪者扱いされていますね。これでいいのか! いや、いいワケがないっ! 「炭水化物抜きダイエット」とかも流行っているワケですが、炭水化物を我慢してお前の人生それで楽しいのか!

 

といいますか、41歳・身長168cmの私はこの20年ほど大体54kg~56kgを維持していますが、一切炭水化物を制限したことはない。一体何を食べているのか――それを一週間分公開し、太ることなく炭水化物を適切に摂取する方法を皆様にお伝えします。

 

いや、「炭水化物を制限しない」とは言ったものの、「それ以外」はキチンと制限していることを事前に言っておきましょう。都合よく何でもかんでも食べて良いワケではありません。また、「お前は特異体質だろ」というツッコミもナシで。私は元々太りやすい体質ではありますが、これから紹介する食事でなんとか太らずに済んでいるのであります。なにせ小学校5年生の時は、145cmで57kgだったのですから。あと、酒も大量に飲んでいます。

 

【木曜日】

f:id:g-gourmedia:20150403092603j:plain

■朝食:ご飯、生卵、納豆、高菜漬け、フリーズドライの豆腐味噌汁、鮭ほぐし身

納豆には揚げ玉、ネギ、粉かつおを入れ、野菜を心なしか食べてる感を出します。ちょっと忙しかったのでこのくらいしかこの日は作れませんでした。ご飯は150グラムのパックメシです。

 

f:id:g-gourmedia:20150403151719j:plain

■おやつ:ビール、インスタント春雨

10食入りのインスタント春雨にネギを入れ、ビールのつまみにします。小腹が減ったな、という時にインスタント春雨は便利ですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150402195256j:plain

■飲み:冷奴、梅キュウ、冷やしトマト

打ち合わせと普通の飲みの2連発。ビールを飲みつつ、ちびちびとローカロリーのつまみを食べ、ビールはお相手の方々と大瓶を合計7本ほど。

 

f:id:g-gourmedia:20150402212800j:plain

■夕食:家系ラーメン

麺固め、タレ普通、脂「抜き」でホウレンソウトッピング。私は脂を「多め」とかはギトギトして苦手なので「抜き」で注文します。ホウレンソウに豆板醤を混ぜ、海苔と一緒に食べると至福の時間が過ごせるのであります。

 

【金曜日】

f:id:g-gourmedia:20150404081031j:plain

■朝食:ご飯、コンビーフと野菜炒め(キャベツ・タマネギ・ニンジン)、引き割り納豆、ナスとタマネギの味噌汁、高菜漬け、鮭のほぐし身

とにかく「野菜を食べたい!」という欲求があったのでこうしました。コンビーフと野菜炒めの味付けは、塩胡椒と味の素。輪切りの唐辛子も少し入れてしまいます。高菜漬けと納豆には味の素をかけるとおいしいですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20150404192111j:plain

■夕方の晩酌:ビール、おかき

仕事がひと段落した19時頃、缶ビールとおかきを少しだけ食べます。

 

■夕食:一口餃子、ラーメン

f:id:g-gourmedia:20150404225417j:plain

一口餃子を2個半、ビールを中瓶1本飲み、ラーメンに備えます。一口餃子は5個入りの「半餃子」を2人でシェア。ちびちびと、細かく切りながら「どこが一口じゃ、ボケ、4口餃子じゃねぇか、バーローめ!」といった感じでおつまみにし、1週間の激務を振り返るのでした。

 

f:id:g-gourmedia:20150404231056j:plain

もやし・肉ラーメンの味付き玉子入り。博多ラーメンの名店・Tにて。スープは飲みません、替え玉はしません。ここに大量の紅唐辛子と辛子高菜を投入してムフフフフ、でございます。

 

【土曜日】

f:id:g-gourmedia:20150405080418j:plain

■朝食:明太子パスタ

アンチョビとニンニクと唐辛子をアンチョビについたひまわり油で炒め、そこにキャベツと春菊を投入。8分茹でたスパゲティーニを絡め、明太子1腹をスプーンとフォークを使ってこそげだし、ぐちゃぐちゃにかき混ぜます。そこに乾燥パセリと万能ネギ、カイエンペッパーと粉チーズをかけたらあぁ、愉悦……。

 

■夕食:ピザ店でのコース料理

f:id:g-gourmedia:20150405175150j:plain

ポテト、ピザ、サラダ、パスタなど色々出てきましたが、この日はビールを大量に飲んでいるため、それほどは食べておりません。ピザ2切れ、ポテト少々、サラダ少々といったところでしょうか。多分これだけです。まぁ、ビールがあるからこれでOKでしょう。

 

【日曜日】

f:id:g-gourmedia:20150406084823j:plain

■朝食:ご飯、明太子、高菜漬け、のどぐろの干物、ニラ玉、春菊の味噌汁

「ふるさと納税」の特典ののどぐろの干物。脂が乗っていて美味。野菜をたくさん食べたいなぁ、ということで、ニラを炒め、春菊も味噌汁に大量投入。大根おろしをつくる場合は、大根の汁が邪魔になります。これはすべて味噌汁に絞って入れちゃうべきです。

 

さぁ、それではおいしいニラ玉の作り方をご紹介しましょう。

 

  1. 溶き卵に塩と味の素を入れておく
  2. フライパンにごま油を敷き、そこにニラを投入
  3. 塩と味の素をかけ、火が通ったところで溶き卵投入!
  4. 半熟状態で器に移し、醤油をかける。すりゴマも合う

 

f:id:g-gourmedia:20150406200027j:plain

■夕食:ご飯、カニ玉、生しらす、ワンタンスープ、高菜漬け

これまた「ふるさと納税」の特典である松葉ガニが余っていたので、身をほぐしカニ玉にすることに。戻した干しシイタケ(絞り水も)と卵に塩胡椒味の素を入れ、ジャーッとゴマ油で炒める。ワンタンスープは、88円で10個入りのやつに、干しシイタケ、ニンジン、ニラを投入。野菜たっぷり、うまうま。生しらすは、その価値がどこにあるのか分からないため、一旦食ってみっか、とばかりに試してみたものの、やはりその価値はよく分からない。

 

【月曜日】

f:id:g-gourmedia:20150407083402j:plain

■朝食:ホタルイカとキャベツ・春菊パスタ

ホタルイカが本来100g198円なのに、128円で売っていたので購入。先日の明太子パスタを作るときに残していたアンチョビとニンニクとともに炒める。キャベツ・春菊も投入し、リングイネと合わせたらあら、おいしいわ。それにしてもホタルイカの目を取るのは面倒くさい作業ですね。もみ海苔もかけて和風に仕立てます。

 

f:id:g-gourmedia:20150407163117j:plain

■飲み:ミョウガの酢漬け、梅キュウ

16時に打ち合わせ兼飲み会3連発。大瓶のビールを頼みつつ、お通しはミョウガの酢漬け。来たる炭水化物に思いを馳せ、これだけで我慢する。

 

f:id:g-gourmedia:20150407211500j:plain

■夕食:ご飯、サバ味噌煮、ニシン昆布巻き、ワンタンスープ

サバ味噌煮は魚屋の名店で購入。「ふるさと納税」のニシン昆布巻き。で、ワンタンスープですよ。重要なのは。これ、先日の余りのワンタンで作るのですが、スープは前日に使い切ってしまったので、新たに作らなくてはならない。豚コマとニンニクを炒め、そこに水と「味覇」を入れ、ニラを投入。火を止めたところでゴマ油をかけ回し、溶き卵を入れると、これにておいしい中華スープ誕生!

 

【火曜日】

f:id:g-gourmedia:20150408075044j:plain

■朝食:ご飯、鮭の塩焼き、野菜炒め、インスタント豚汁、大根おろし

前日の魚屋の名店で購入したぶっ太い鮭を焼いた。いやはや、なんとウマいのでしょうか……。もはやこれは鮭のステーキです! 野菜炒めはキャベツ、ナス、干しシイタケ、ニンジン。塩胡椒に中華スープの顆粒をかけます。あぁ、野菜を食った食った!

 

■飲み:ギネスビール2パイント

アイリッシュパブにてギネスビールを2パイント。フライドポテトを2本食べました。

 

f:id:g-gourmedia:20150408213018j:plain

■夕食:目玉焼き乗せビーフカレー

あぁ、炭水化物食いてぇ~と思った時、もっとも手っ取り早いのがレトルトカレー。ビーフカレーのレトルトがあったので、150グラムのご飯の上にちゃっちゃっとかけ、目玉焼きをトッピング。さらにはフライドオニオンもかけて福神漬けを乗せたら大MANZOKU!

 

【水曜日】

f:id:g-gourmedia:20150409081337j:plain

■朝食:麻婆豆腐・インスタント味噌汁・高菜漬け

ようやく高菜漬け終了です。今朝は麻婆豆腐。いやぁ、丸美屋とかCookDoの麻婆豆腐もおいしいけど、案外自宅にある調味料だけでも作れちゃいますよ。それでは作り方を紹介しましょう。

 

  1. 豚挽肉をフライパンで炒める。余計な脂はキッチンペーパーで吸い取る
  2. ショウガ・ニンニク・唐辛子の輪切りを混ぜる。本当は先にこの工程をやりたいところではあるが、「挽肉から大量の脂が出る問題」があり、せっかくこれら3種の味が混ざった脂を捨てざるを得ないので、後で入れることにする。
  3. 挽肉に火が通ったら、タケノコとニラを投入。塩、胡椒、味の素、中華スープの素を適量かける。
  4. 甜麺醤、豆板醤、味噌を入れ、水も60ccほど投入!
  5. よくなじませたところで賽の目に切った豆腐を投入!
  6. 四角い豆腐原理主義者としてはあまり菜箸でかき混ぜたくないため、フライパンを揺する感じで調味料を豆腐に馴染ませていく

 

 

f:id:g-gourmedia:20150409181001j:plain

■晩酌:ビール、ハッピーターン

19:30より会食。某メーカーのイケメン広報部長とNEWSポストセブンで一緒に仕事をしているM氏、そして辻希美ソックリ美人ギャルのM嬢と飲むのであります。食事前なので抑え目に夕方の飲みはこの程度で。

 

■夕食:ビール、生ハム1枚、ポテト10本、エビのガーリック揚げ1つ、ガーリックトースト

ビールがウマい! ということで、ビールを飲みすぎたら案外腹がいっぱいになってしまい、炭水化物はナシ。シラスのペペロンチーノを皆さんは食べていましたが、私は食べませんでした。このお店は撮影禁止のため、写真はナシ。

 

 

さてと、こういったものを一週間食べたのですが、恐らく体重は55kgを維持したままでしょう。実は、体重は量らない方がいいのです。いちいち数百グラムに一喜一憂するのは精神衛生上よろしくない。風呂に入る時などに腹をつまみ、「あぁ……。ちょっと太ったな」と思う程度で良い。

 

 

そして、太らないために重要なのが以下の8か条です。

 

【第1条】1日2食 3回ってお前はアスリートか! オレはこの20年間、1日2食である。こうしておけば、行きたくもない職場でのランチも回避できるのである。「私は1日2食の人なんです……」と。途中、腹が減るようだったらミカンでも食べておけば良い。

 

【第2条】飲み会ではほぼ食べない 飲み会は、基本的には会話を楽しむ場所だと思えば、そこまでガツガツと食べないでもいいのではないでしょうか。どちらにせよ、自分が本当に食べたいものばかり食べられるワケでもないですし、後の炭水化物に至るためには、ここでグッと我慢を。あくまでも「酒のアテ」「つまみ」だと割り切りましょう。フライドポテト2本で中ジョッキ1杯飲めるくらいが理想です。

 

【第3条】炭水化物は我慢しない はい。もう、飲み会が終わったのであれば、そこで欲望爆発! 何を食べてもOKです! ラーメン、サンドイッチハンバーガーおにぎりうどん、いいですねぇ、炭水化物最高!

 

【第4条】脂分は極力少なく 豚バラを炒めるのであれば、徹底的にカリカリにして脂分を出す。チャーシューの脂トロトロ部分は残す。テフロン加工されたフライパンを使う、揚げ物を外で買ってきたのであればグリルで焼いた後に、脂をキッチンペーパーに吸収させましょう。

 

【第5条】朝はガッツリ食べても良い どちらにせよ、夜までほぼ何も食べないのですから、朝はたくさん食べても構わない。1日の摂取カロリーが消費カロリーよりも高いと太るワケで、さすがに1食で2食分なんて食べやしないでしょう。

 

【第6条】野菜は大量に食べるべし 野菜炒めはオススメですよ! とにかくお通じも良くなりますし、身体のキレも良くなるような気がします。野菜は栄養の宝庫であります! インスタント味噌汁にも少しネギを入れるなどすれば気休めにはなります。

 

【第7条】「締め」なんて言葉は死ね! 大量に食べた飲み会の後に「締めのラーメン食べようぜw」なんて言いますが、これはダメです! もう、「締め」は飲み会の最後で食べた鶏のから揚げで締めになってるのです! いいですか! 街に落ちているゲロの95%は麺類ですよね? あれは、もはや食べることができないという状態なのに「締め行こうぜ!」という人に無理矢理付き合わされた末のなれの果てです。ムリして「締め」ないでいいのです! 我慢してさっさと家帰って寝ろ! この野郎! 何かを得たのであれば何かを諦めなくてはいけない。すべてを取ろうとするとデブまっしぐらです。

 

【第8条】筋トレは少しはしといた方がいい 太らないのに一番いいのは、代謝を上げることなんですよね。筋肉を維持するためには、脂肪を維持するより圧倒的にエネルギーが必要。だから筋肉をつけて太らない体質を作りましょう。ベンチプレス最高。

 

 

これら8か条を守って、皆さんも太らない炭水化物ライフをお楽しみください~。

 

 

著者:中川淳一郎(なかがわ じゅんいちろう)

f:id:g-gourmedia:20150420210617j:plain

ライター、編集者、PRプランナー

1973年生まれ。東京都立川市出身。
一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターになり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者となる。主な著書に、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)、『夢、死ね!』(星海社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。割と頻繁に物議を醸す、無遠慮で本質を突いた物言いに定評がある。ビール党で、水以上の頻度でサッポロ黒ラベルを飲む。

 

「幹事の味方」でも中川さんの連載始まっています。

「幹事の味方」でも中川淳一郎さんの新連載が始まっています。こちらと合わせてぜひご覧ください。

r.gnavi.co.jp

夏本番!おすすめ!ビール・ビアガーデン特集

 

                             
ページ上部へ戻る