読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「四文屋」はもっと評価されるべき! 西東京から攻め上がってきた激安めちゃウマの焼きとん屋

「みんなが真似できること」をテーマに身近なのに驚きのグルメを紹介してくれるnarumiさん、今回の取材の舞台となったのは焼きとんの「四文屋」。全国的な知名度はまだありませんが、串は1本100円からで、とろっとろのもつ煮込みも最高。安くて美味しい!というわけで、narumiさんに紹介してもらいました。(新宿のグルメ焼き鳥

「四文屋」はもっと評価されるべき! 西東京から攻め上がってきた激安めちゃウマの焼きとん屋

新宿 narumi グルメレポ

f:id:atsuyoshinarumi:20150408205837j:plain

こんにちは。@narumi です。

 

この連載ではそのへんにあるお店、誰でもわりと行きやすいお店を中心に紹介しています。 サイゼリヤで美味しいワインを飲む方法だったり、卓球場があるファミリーマートに行ってみたり、アマノフーズのイートインで実食したり、微妙なラインを攻めているわけですが、

 

 

今回は「四文屋」です。

 

 

知ってる人は「あー四文屋ね!」って感じだろうし、知らない人はまったく知らないというタイプのお店です。

 

この四文屋というのは西武線と中央線沿線を中心に27店舗ほどある焼きとんの中規模チェーン。そのあたりに住んでいる人にとってはなによりの心の癒やしである一方、渋谷・世田谷といった城南地区、あるいは東京の東側の人にはまったくなじみのないお店かと思います。

 

コスパ最高レベルの焼きとん・焼きとり屋さん

そしてまたコスパの良いお店なんですよ。焼きとん・焼とりは1本100円からでめちゃくちゃ美味しいし、とろっとろのもつ煮込みも最高。なにより安い!だいたい3000円もあれば十分に満足できます。

 

なのでぜひ都内に在住・勤務する人みんなに知っていただきたいと思いまして、比較的だれでも行きやすいと思われる新宿店を訪問してきました。店構えはこんな感じ。庶民的でとても入りやすいです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408202934j:plain

 

“四文屋新宿店あるある”なのですが、隣のカレー屋がとんでもなくいい香りを漂わせているので、ついついカレーを食べてしまいがちです。でもここはぐっとこらえましょう。 

f:id:atsuyoshinarumi:20150408203005j:plain

 

前菜も秀逸! 浅漬・もつ煮込みが鉄板

席についたらとりあえず瓶ビールでも注文して、生キャベツをばりばりとつまむか、こんなふうに浅漬の盛り合わせをいただきましょう。この日はきゅうりと山芋。それぞれ150円です。山芋はわさびをたくさんつけるのが癖になります。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408204559j:plain

 

そして蒸し鶏200円。やわらかく蒸した鶏ももかな。柚子胡椒で食べるとビールが一気に3速くらいまでギアチェンジします。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408204630j:plain

 

そこに定番のもつ煮込み350円で、早くも瓶ビールは3本目。ここのもつ煮込みは本当によーく煮込んでいて、甘くてとろとろふわふわです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408204639j:plain

   

このへんが四文屋におけるアペタイザーです。どれもさっと出てくるので、お腹ぺこぺこの方はまずこちらから。これで1000円ちょいってのは嬉しいですね。

 

 

焼きとん・焼きとりはほとんど100円!しかも美味い

もちろん焼きとん・焼きとりも美味しいです。ほとんど100円というやさしいお店。練馬や中野や高円寺の店舗ならわかりますが、新宿店もちゃんと串1本100円なのは素晴らしいですね。

焼きとり部門ではこの右側の「手羽ねぎ」が断然おすすめ。柔らかい鶏もも肉をジューシーに焼き上げています。100円とは思えないクオリティです。左側にあるのが「ナンコツ」。細かく刻まれたコリコリのナンコツが絶妙な歯ごたえで心地よいのです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408205822j:plain

 

こちらはハラミ、カシラ、タンの焼きとんグループ。基本は塩で。どれも熱々でぷりぷりで美味しいです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408205837j:plain

 

ハラミはわりとすぐに売り切れちゃうので好きな方ははやめに注文しましょうね。 

f:id:atsuyoshinarumi:20150408210201j:plain

 

やっぱりもつ煮込みが最高なんですよ!これはおかわりしちゃいますね。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408210552j:plain

 

「1人3杯まで」の金宮焼酎梅割りであっさり昇天できる

で、ビールをある程度飲んだら、金宮焼酎に移行するのが四文屋の楽しみ方です(僕の場合は)。梅割りがおすすめ。こんなになみなみ注がれて350円。アルコール25度なのですんなり酔っぱらえます。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408222111j:plain

 

このメニューをよーく見てほしいんですけど、金宮焼酎のみ「1人3杯まで」と決められているのです。いかに金宮が低価格でおいしく効率的に酔っぱらえるか、そしてどれだけの人が金宮のおかげで前後不覚になったかがわかります。僕の友だちにも金宮ですこーんと酔っ払って眠りについた人が何人もいます。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408221805j:plain

 

必ず挟んでおきたい「エシャレット」

そしてお口直しにはこれ!エシャレットです。要は若採りのらっきょうのことですが、ほどよい辛味と爽やかさですっきりします。この味噌とも合うし、ますますお酒がすすんでしまう。

f:id:atsuyoshinarumi:20150417221041j:plain

 

しかし四文屋は焼きとりが本当にうまい。手羽ねぎの柔らかさがすごい。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408211754j:plain

 

一方でナンコツのこりこり感もちゃんと体験していただきたい。この歯ごたえはハマる人続出なんじゃないでしょうか。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408211037j:plain

 

ついつい写真を撮る前に1個食べてしまう。こちらはタン。これもしっかりとした食感でおすすめです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150408212246j:plain

 

金宮はもちろんおかわり。でも3杯以内にしましょうね。

 

四文屋で3000円超えるのは困難なくらい安い

そんな感じで2時間ほど、いろいろなおつまみや焼きとん・焼きとり、そしてビールに金宮を数杯でお会計はこんな感じ。 友人と2人できたので、1人3000円以下!

f:id:atsuyoshinarumi:20150408232817j:plain

 

都内を中心に27店舗、近くにあったら行ってみよう

新宿店の場所は新宿伊勢丹の裏手あたりです。


大きな地図で見る

 

都内だとほかに高田馬場三軒茶屋、あとは秋葉原なんかにもあります。練馬、中野、高円寺にはそれこそたーっくさんあるので、そのへんのお住まいの人にはよくご存知かと思います。

店舗リストはこちら(クリックして拡大)。都内を中心に全部で27店舗あるようです。

f:id:atsuyoshinarumi:20150418231350j:plain

 

たまには四文屋で3000円でべろんべろんになってみてはいかがでしょうか。

 

著者:narumi(@narumi)

f:id:atsuyoshinarumi:20150215200608j:plain

元記者・NAVERまとまーの無職(←ちょっと前に会社やめた)。

ブログ「Blog @narumi」では主に渋谷周辺の美味しいお店について書くことが多い。好きな食べ物はコンビニおでん。新宿の四文屋に週1回は行く。

ブログ:http://narumi.blog.jp

ツイッター:https://twitter.com/narumi

 

                             
ページ上部へ戻る