読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下北沢のエビ専門店で食べたアミノ酸含有量 世界一の「天使の海老」がすごすぎた!

下北沢で指圧治療院「下北沢ふしぎ指圧」を経営している斎藤充博がグルメレポを行うこの企画、第一回はお膝元・下北沢の裏通りにあるエビ専門店を取材してきました。エビ専門店というだけあって、どのメニューもエビ尽くし。ゴロゴロと海老が入っています。さらに天使のエビなる必殺技も。エビを食べて至福の瞬間を味わえるお店に行ってきました。(下北沢のグルメ海鮮料理おせち

下北沢のエビ専門店で食べたアミノ酸含有量 世界一の「天使の海老」がすごすぎた!

下北沢 グルメレポ おすすめ 斎藤充博

f:id:g-gourmedia:20150227193317j:plain

エビ。それはなめらかな甘み。いたずらな弾力。はじける旨味。エビを食べる時の高揚感って一体なんなのだろう?

 

こんにちは。下北沢指圧治療院をやっている斎藤充博です。エビ食べたくなるときってありますよね。今日は治療院のすぐ近くのエビ料理専門バル「シモキタシュリンプ」に行ってみます。

 

f:id:g-gourmedia:20150227192431j:plain

お店は下北沢の駅から徒歩3分と超至近。でも、下北沢の路地のゴチャゴチャした奥にあってちょっとした隠れ家感あります。エビが住んでそうなところと言えなくもない。

 

ふつうのバルメニューにエビがゴロゴロ

ここ、エビ料理専門バルなのでありとあらゆるメニューに何の説明もなくエビが入ってます。

f:id:g-gourmedia:20150227193317j:plain

「ポテトサラダ」を注文して出てくるのがこれ。どうみてもポテトサラダじゃなくてエビサラダ。でも、その唐突なエビの出現が最高……! エビって見るだけでうれしくなっちゃいます。たぶん色が紅白で、めでたいからですよね。

 

f:id:g-gourmedia:20150326102400j:plain

f:id:g-gourmedia:20150227200857j:plain

これ「だし巻オムレツ」ってメニューなんだけれども……

 

f:id:g-gourmedia:20150227200920j:plain

箸で割ると小エビがわんさか。

 

f:id:g-gourmedia:20150227201323j:plain

端っこの方まで行ってもエビがぎっしり。

 

f:id:g-gourmedia:20150326102533j:plain

この小エビの一つ一つが身がしっかりしていて、きっちりうまいんですよ。

 

ドラゴンボールの「セルジュニア」とか「栽培マン」みたいないっぱい出てくるやつが意外と一匹一匹強かった!みたいな場面を想像してください。ドラゴンボールわからない人は今すぐ読んでください。すごく適切なたとえなんで。

 

ちなみにダシ巻自体からもエビの香りがすごい。和風だしの他にエビのだしを別にとって使っているそうです。このだし巻全体が新たな形のエビって感じします。

 

エビの定番料理もうまい

f:id:g-gourmedia:20150227193805j:plain

エビチリもかわいい盛り付け。中華料理屋だと大皿料理になっちゃうけれども、これなら一人でもエビチリ楽しめます。あるでしょう、誰ともかかわらずに、一人でエビチリ食べたいとき。そういう歪んだ欲望にピタッとハマる、テトリスみたいなエビチリです。

 

f:id:g-gourmedia:20150326104436j:plain

そして、絶対おすすめなのが「天使のエビのお刺身」。

 

f:id:g-gourmedia:20150326102810j:plain

これがうまい。びっくりするほど味が濃い。ふつうに売っている甘エビ20匹分くらいのエビの味が、天使のエビ一匹にギュッと濃縮されている。なんでもエビのなかではアミノ酸含有量が世界一なのだとか。こんなにおいしいと生き物として切ないのでは? 一回人生の意味を考え直してほしいです。

 

ちなみにエビの頭の部分はカラッと素揚げにしてくれています。頭部分は身よりもいっそう味が濃い。

f:id:g-gourmedia:20150326102903j:plain

f:id:g-gourmedia:20150227200512j:plain

シメはエビカレー。ブラックタイガー、バナエイエビ、ムキエビと3種類入ってます。いちいち食感が違うのがいい。

 

あー今日エビ100匹くらい食べたかな。ごちそうさまでした!

 

f:id:g-gourmedia:20150326103224j:plain

ちなみに、「エビ料理専門バル」と銘打ちながら「カキ」も充実してます。ブレブレの営業姿勢だな……と思いつつもそういうブレ方は大歓迎。今度はカキ食べたい。

 

……とまあグルメレポはここまでだ

 

実は今日ぼくがここに来たのはもう一つ目的がありまして。

それは店主の腰。エビ料理専門店の店主の腰はエビのように曲がってはいたりしないでしょうか。

 

f:id:g-gourmedia:20150227203942j:plain

エビの呪い……なんていうつもりないですが、ぼくの本業は指圧師なのでどうしても気になります。できれば曲がっていてほしい。幸いにも治療院はすぐそこ。後日来てもらうことにしました。

 

f:id:g-gourmedia:20150308163840j:plain

というわけで店主の田中さんです。「マッサージはいいですけれども、ぼく全然悪いところないですよ」とのこと。……どれどれ。

 

f:id:g-gourmedia:20150308163923j:plain

……べつに腰は曲がってない。しいて言えばじゃっかん猫背気味かな。

 

f:id:g-gourmedia:20150308171813j:plain

実際に指圧してみる。腰、全然悪くない!

 

立ち仕事をしている人って腰とか太ももの外側なんかが固くなりやすいんですが、とてもいい筋肉状態。どうなってんの……?

 

みんなお店に行ったら田中さんの腰とか太ももよく見て欲しいです。めったにいない腰と太ももですよ!

 

f:id:g-gourmedia:20150308172018j:plain

なーんだ、って感じですね。猫背を調整。

 

施術しながら料理のウリを聞いてみました。

 

「とにかくエビの下処理は丁寧にやっています。プリッとした食感を失わずに、料理として提供するためには、届いてからすぐ下処理しないとダメですね。あとはわりと普通ですよ。」

 

エビは食感が重要なんだそうだ。なんなら味よりも食感重視のメニューにした方がお客さんにはウケるらしい。(たとえば、すり身とかにするとエビの味が広がるが、エビの食感は完全になくなる)

 

なるほど……施術は終了です。

 

f:id:g-gourmedia:20150308172117j:plain

すごくピンとした。

 

腰がエビのように曲がる手技があればいいのに……と思ったけど、そんなものはない。

 

f:id:g-gourmedia:20150326103742j:plain

結論・エビ料理専門バルは最高だったし店主の腰も最高

 

エビの呪いとか言って本当にすみませんでした。最高の身体でした。エビ料理専門店、これからも治療院の仕事が終わった後にちょくちょく行きたいです。

 

f:id:g-gourmedia:20150308172359j:plain

最後の最後に、顔がエビに似ているなんてことは……ないね!!!

 

取材したお店

シモキタシュリンプ
住所:東京都世田谷区北沢2-33-6 スズキビル1F
電話:03-5790-5023

 

著者プロフィール

斎藤充博

f:id:g-gourmedia:20150119122248p:plain

1982年生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。身近なところでふしぎを探すのが趣味です。

ブログ:下北沢ふしぎ指圧http://fushigishiatsu.com
ツイッター:@3216(https://twitter.com/3216)

 

                             
ページ上部へ戻る