読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味すぎるので「いなばのタイ缶」を片っ端から食べてみた【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

東京別視点ガイド・ぐるなび支店、今回は知る人ぞ知る超充実のラインナップ!「いなばのタイカレー」シリーズ+αをレポートします。100~200円代という安価にもかかわらず、タイ料理やインド料理の本格的なエッセンスを味わうことのできる、いなばのタイとインドシリーズ、それをいろいろ取り寄せてスイーツも含めて実食してみました。(新宿のグルメタイ料理

美味すぎるので「いなばのタイ缶」を片っ端から食べてみた【東京別視点ガイド ぐるなび支店】

東京別視点ガイド グルメレポ 新宿 タイ料理

f:id:mgohan_cn:20150302131048j:plain
▲多くの国民の食生活を一変させた衝撃作「チキンとタイカレー

 

出会いは4年前。

なんの気なしに入った100円ローソンに、緑色の見慣れぬ缶詰が山積みされていた。なんでも、ライトツナでおなじみのいなば食品が手がける「チキンとタイカレー(グリーン)」だそうだ。

 

わたくし松澤、タイ料理がことのほか大好物で、タイ料理屋を見かけてはあっちゃこっちゃ入店している。「たかが缶詰のタイカレー、100円分の旨みがあればそれで良し」と舐めきった軽い態度で1缶購入したのだが、あくる日、10缶買いこんでいた。しばらくは、家にストックがなければ不安で夜も眠れないほど、いなばのタイカレー缶に依存していた。

 

なにせ、うまい。うますぎるのだ。

100円分の旨みどころか、ちょっとしたタイ料理屋のカレーよりもぜんぜん旨いんだから腰が抜ける。

ごはんにぶっかけて山盛り1杯、皿についてる残骸でもう1杯、缶詰にこびりついたカレーでもう1杯と、1缶で3杯は飯が食える。経済合理性が半端じゃない。

多くの国民の食生活を一変させた衝撃作、それがチキンとタイカレー(グリーン)なのだ。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150207201919j:plain

 

そんな衝撃の出会いから、数年。

熱海に旅行に出かけた際、とあるお土産屋さんで、とんでもない代物を発見した。「かぼちゃとココナッツムース」だそうで、「本場タイで製造」しているんだそうだ。

これはもしやと調べると、なんと、いなば食品は『タイシリーズ』と銘打って、タイカレーのみならずスイーツまで生産していた。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150207201943j:plain

 

ポフッっと缶を開けると、黄色くモフモフした物体が、缶詰いっぱいにパンパンに詰まっている。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150207202040j:plain

 

ふわっと柔らかい口触りながらも、ねっとりとした濃厚さもあるムースだ。ココナッツのいい香りと、かぼちゃのほどよい甘さがクセになる。無我夢中で貪り喰らい、30秒もかからず完食していた。

 

あれだけ惚れ込んだ相手にもかかわらず、私はいなばの缶詰のことをなにも理解していなかった・・。

私は、深く恥じ、そして

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150302121253j:plain

 

いなばのタイシリーズを片っ端から注文した。

君のことを、もっとよく知りたい。

 

ほとんどのスーパーやコンビニは、定番アイテム(グリーンカレーなど)しか置いてないので、ネットショップで注文。1つのネットショップでは揃わなかったので、2つのお店で買い集めた。

 

 

 

f:id:mgohan_cn:20150325114650j:plain

 

正確には、これでタイシリーズすべてではないし、逆にタイシリーズ以外も含まれているが、気になるものを中心にピックアップした。かなり網羅している。

価格はどれも100円台から、高くても200円台半ばとコストパフォーマンスが素晴らしい。

 

 

 

 f:id:mgohan_cn:20150325114727j:plain

 

縦に積むと、これだけの高さになる。

”高さ”では負けていても、”旨さ”の総量はスカイツリーを遥かに凌駕している。

 

では、カレー系、おかず系、スイーツ系の3ジャンルに分類し、1缶ずつご紹介していこう。

 

 

カレー系

1. ハンバーグとインドカレー

f:id:mgohan_cn:20150302175046j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302175407j:plain

いなば食品が取り扱うのはタイカレーばかりではない。インドカレーだって取り扱う。しかもドカンと1枚ハンバーグが入ってる腹ペコ男子仕様だ。カバンに1缶忍ばせておけば、部活帰りの道々で、ガツガツかっこむことだって可能。

 

デミグラスソースっぽい味つけなので、ハヤシライスとカレーライスのちょうど中間といったところ。辛いのが苦手な人でも、これなら抵抗なくいける。

  

2. インド豆カレー(とり肉入り)

f:id:mgohan_cn:20150302180334j:plain

f:id:mgohan_cn:20150325115416j:plain

大豆がゴロゴロ入ったインドカレー。豆が入ってるので甘味がある。なんだったら豆がライス代わりになってくれるので、この1缶で食事が成り立つ。人はこの缶詰を、完全食と呼ぶ。

 

3. じゃがいも・豆のタイカレー(マッサマン)

f:id:mgohan_cn:20150302175705j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302175848j:plain

マッサマンカレーとは、タイ南部で食べられているご当地カレー。じつはこのマッサマンカレー、アメリカの情報サイトでおこなった「世界でもっとも美味しい50種類の食べ物」というランキングで、1位に選ばれた料理なのだ。タイ本国でもあまり知られていないこのマッサマンカレーだが、つい先日、カップヌードルにもなっていた。

 

こちらもココナッツミルクを使った、甘味とトロミのあるカレー。昔ながらの日本のカレーに近いものがある。

 

 

おかず系

1. とり照りやき風

f:id:mgohan_cn:20150302132427j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302132842j:plain

実際、照り焼きにしか見えないのだが「風」とはどういうことなのか。塩っ気があるので、おかずにもなるし、つまみになる。

 

2. ぶた大根

f:id:mgohan_cn:20150302131539j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302131819j:plain

ぶたと大根を煮込んだら、うまくなるのが道理というもの。タイカレーのおかずに、思いきって和な「ぶた大根」を選ぶというのも意表を突いて吉だろう。

  

3. とり・たまご大根

f:id:mgohan_cn:20150302132247j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302132229j:plain

とりと大根には、うずらの卵もついてくる。うずらの卵だけでも美味しさ100点なのに、そこに大根と鶏肉が加わったら100の3乗うまいのが当然ながら道理である。

 

4. トムヤムチキン(タイのピリ辛スープ)

f:id:mgohan_cn:20150302134824j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302135006j:plain

カレー、おかずと食べ進めば、とうぜん箸休めとしてスープが飲みたくなるというのも、これまた道理。いなば食品は消費者心理の10手も20手も先を読んでいるので、もちろん、スープもラインナップしている。

 

本格的なトムヤムスープにゴロリと鶏肉がダイブしている。控えめながら辛さもあり、やっぱり飯がすすむのなんの。いなば食品はどれだけ米の消費量を増加させるつもりなのか。米農家の強い味方だ。ふくろたけの食感も心地いい。

  

5. ツナとココナッツミルクスープ

f:id:mgohan_cn:20150302133822j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302133857j:plain

タイカレーにトムヤムスープと辛いの続きで「あまり辛くないスープが飲みたいなあ」と思うやいなや、思考を実現してくれるのがいなば食品。「ツナとココナッツミルクスープ」があなたのそんな欲望を満たしてくれる。ナポレオン・ヒルもびっくりのスピード感である。あまりに先手の先手を読まれているので、わたしの食生活はすでに詰んでいるのかもしれない。

 

スイーツ系

1. 大粒タピオカ・ココナッツミルク

f:id:mgohan_cn:20150303222941j:plain

f:id:mgohan_cn:20150325120053j:plain

さてメインディッシュが終わったら、スイーツと洒落こもう。オカズもメインもスイーツもすべて缶詰で事足りてしまう。

 

いなばのタイシリーズのスイーツはこの「タピオカ・ココナッツミルク」が基本形である。存分にタピオカを味わいたいならば、これである。品のいい甘さなので、おめざにも、おやつにも、食後や夜食、すべての時間帯で体に優しい。

 

2. タロイモとココナッツミルク(タピオカ入り)

f:id:mgohan_cn:20150302133241j:plain

f:id:mgohan_cn:20150302133431j:plain

さきほどのタピオカココナッツミルクにタロイモをいれたもの。ホロホロに柔らかくなったタロイモとタピオカは、かなり素晴らしいコンビネーションだ。

 

3. ココナッツ・あずきミルク

f:id:mgohan_cn:20150303031506j:plain

f:id:mgohan_cn:20150325120303j:plain

ココナッツミルクにあずきを加えたもの。和とタイの融合だ。パッケージに「タピオカ入り」の注釈はないものの、当然という顔つきでタピオカがゴロリゴロリと入っている。皿に盛ってしまうと、見た目がちょっとアレであるが、言うまでもなく旨い。

 

4. 黒豆とココナッツミルク(タピオカ入り)

f:id:mgohan_cn:20150304203154j:plain

f:id:mgohan_cn:20150325120410j:plain

黒豆を入れたって旨い。タロイモといい、黒豆といい、タピオカココナッツミルクってやつは、甘い食物ならば誰とでも合ってしまうのではないだろうか。懐の広いスイーツである。

 

 

 

というわけで、すべての缶詰を1人で2日かけて食べてみた。

どれもこれも1缶100~200円台と気軽に買える金額なので、ぜひともお気に入りの1缶を見つけて欲しい。

特に1人暮らしをしている方は、低コストで食生活がぱーっと華やぎますよ。

 

作者:松澤茂信(まつざわしげのぶ)

f:id:mgohan_cn:20141111153842j:plain

東京別視点ガイド編集長。
るるぶとか東京ウォーカーが積極的に載せないようなとこばっかし巡ってます。
そういう人生です。けっこー楽しいです。
(編集:編集プロダクション studio woofoo

 

東京別視点ガイド:http://www.another-tokyo.com/
Twitter:https://twitter.com/matsuzawa_s

 

これまでの東京別視点ガイド ぐるなび支店はこちらから。

【東京別視点ガイド ぐるなび支店】横浜の決定版テーマパーク『イズミーランド』こと「ラーメン自由人」で黒い豚骨ラーメンを食べてきた


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】生ハムメロンを超えた肉と果物の新領域! 目黒の「果実園リーベル」でローストビーフランチを食べてきた! - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】亀戸『菜苑』の”純レバ丼”はレバーだけの最強うま過ぎ飯だ! - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】メニューは煮込み一択だけ! 駒沢の「かっぱ」は極めてストイックな煮込み専門店だ! - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】中指大のコオロギが食べられる高田馬場のミャンマー料理店 - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】君は、至高の大衆食堂チェーン「半田屋」を知っているか? - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】スルメをストーブで炙り焼き! 風情溢れる青森のストーブ列車が楽しかった! - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】21時以降は爆発タイム? 阿佐ヶ谷の仮装カラオケパブ「プレステージ」が熱い - みんなのごはん


【東京別視点ガイド ぐるなび支店】津軽じゃ大体みんな知ってる? スコップ三味線が聴ける田無のスナック「スリーナイン」 - みんなのごはん

                             
ページ上部へ戻る