読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉祥寺のレバー専門店「Body Blow」で牛・豚・鶏・魚のキモを思う存分堪能してきた

昨今は様々なジャンルや食材で専門店が人気を博していますが、好きな人にはたまらないあの食材――レバーの専門店があるのを御存知ですか? 吉祥寺にあるBody Blowはレバー専門店のダイニングバー。牛・豚・鶏はもちろんのこと、魚の肝や様々な食材のレバーが堪能できちゃうんです。店内はオシャレでデートにもピッタリ。ぜひ足を運んでみてください。(吉祥寺のグルメ焼肉

吉祥寺のレバー専門店「Body Blow」で牛・豚・鶏・魚のキモを思う存分堪能してきた

FCF 吉祥寺 グルメレポ

大人気のレバー。焼肉屋さんや焼き鳥屋さんなど、様々なお店で食べることができますが、今話題のレバー専門店があるのをご存知ですか? 飲みに行くと必ずレバーを注文する私のようなレバーマニア必見のレバー専門店「Body Blow」で早速ノックアウトされに行ってきました。

 

レバー専門店「Body Blow」って?

f:id:foodcreative:20150128195744j:plain

牛・豚・鶏のレバーや魚介の肝、とにかくレバーを使った料理が楽しめる創作ダイニングのお店です。

 

京王線吉祥寺駅南口から徒歩5分ほどの場所にあり、一際目立つ外観が特徴的。闘志を掻き立てられる赤色で書かれたBbの文字と牛にパンチで立ち向かおうとするシーンを描いた、いかにもノックアウトされそうなイラスト、そしてなぜかサンドバックまで置いてあり、一見するとボクシングジムと間違えてしまいそう。

 

お店の方曰く、「何か面白いことをしたかった」とのこと。外観からいきなりパンチが効いていて、期待が高まります!

 

Body Blowさんの魅力は何と言ってもレバーの鮮度!  レバーというと匂いを気にされる方もいると思いますが、Bbでは毎日仕入れているフレッシュなレバーを使っているので、くさみがほとんどないんです。

 

新鮮レバーを使ったお料理を、豊富に揃えられたワインとともにいただけます。

 

「Body blow」のここがすごい! 5つ

1. 当然のことレバーメニューが百花繚乱!

f:id:foodcreative:20150128195901j:plain


レバー専門店というだけあってメニューブックには「レバー」や「肝」という言葉が多く並んでいます。お馴染みの牛・豚・鶏に加え、魚介の肝を使った料理もいただけるとは驚きです。どれも本当に美味しそうで、何を注文しようか迷ってしまいます。ちなみにメニューブックにはこんな遊びココロも。思わず笑ってしまいました(笑)。

 

f:id:foodcreative:20150128195957j:plain

 

2. なんてったって、店内がおしゃれ!

f:id:g-gourmedia:20150209183544j:plain

外観はボクシングジムのようですが、店内はいい意味で期待を裏切ってオシャレな雰囲気! 適度に落とした照明とBGM がムーディーな雰囲気を醸し出しています。テーブル席だけでなく、カウンター席もあるので、ひとりでふらっと立ち寄って食事というのもいいですね。お店の人によれば、お客様の多くは女性だそうです。レバーをこれだけオシャレな空間でいただけるとあれば女性に人気なのもうなづけます。デートにもぴったりですね。

 

3. レバーに合わせたワインの豊富な取り揃え

f:id:foodcreative:20150128200825j:plain

カウンター席の奥にはたくさんのワインボトルがずらりと並んでいて圧巻!  レバー料理に合うワインがたくさん取り揃えられています。私はワインに詳しくないので、お任せして選んでもらいました。

 

いただいたのはこちら。

f:id:foodcreative:20150128200924j:plain

飲みやすくて、レバーのお料理とよく合ってました。手作りの赤と白のサングリアもありますのでお酒が強くない方でも楽しめますよ。

 

4. なななんんと! あいつの心臓が食べられちゃう

レバー専門店ならではの食材の仕入れルートがあるのか、水中では絶対に勝つことができないあいつ「サメ」の心臓を食べられます。ただし、サメの心臓は仕入れがあったときのみの限定メニューで、常設のメニューではありません。


おうかがいしたときには残念ながら食べられませんでしたが、いつも食べられないメニューだけに食べられたときの喜びは言うまでもありません。

 

5. コスパ最高!

f:id:foodcreative:20150128201022j:plain

専門店と聞くと高いイメージを持ちそうですが、料理はおいしくてリーズナブル。セットメニューを選べば単品ずつ注文するよりも若干お得になりますし、お店のオススメメニューがセットでいただけるのは魅力的ですね!

 

Body Blowのおすすめメニューはこれだ!

1. Body Blow ベスト3セット

お店がイチオシするメニューベスト3がいただけるセットです。

1つ目は口溶けレバー3種盛り合わせ。

f:id:foodcreative:20150128201239j:plain

鶏、牛、豚の3種類のレバーの盛り合わせです。特に鶏レバー(一番右の肉)は口に入れた瞬間に溶けるという衝撃の食感を体験しましたっ! 牛も豚も柔らかかく、レバー独特のくさみが少ないので、レバーが苦手な方でも食べられるのではないでしょうか。

 

2つ目は本日のソーセージ。

f:id:foodcreative:20150128201319j:plain

日によって肉の種類が変わります。おうかがいした日のソーセージは鶏肉でした。肉汁ジューシーでボリュームがあります。おろしポン酢をつけてさっぱりといただきました。


3つ目はあわびの肝のおつまみピザ。

f:id:foodcreative:20150128201350j:plain

そしてあわびの肝のおつまみピザ。パリッとした生地の上にたっぷりのあわびの肝がぬりこまれています。 あわびの肝を食べるのは初めてで、ちょっと身構えましたが、食べてみたら生地に染み込んだ肝のコクがとてもおいしくてすぐに完食。 まさにレバーづくしの料理を堪能しました!

 

2. フォアグラそば

f:id:foodcreative:20150128201440j:plain

一見すると普通のおそばですが、つけつゆは濃厚なフォアグラスープになっていて、いい香りが食欲をそそります。フォアグラとおそばって、予想もしない組み合わせですよね!?  見てください、つゆの中にはフォアグラがちゃんと入っているんですよ!

 

f:id:foodcreative:20150128201601j:plain

そばがフォアグラのおいしい脂に絡まっていてなんともいえないおいしさ!!  意外かもしれませんが、薬味についている梅を入れて食べると梅とフォアグラの香りがマッチしてまた別の風味とおいしさが楽しめます。あまりにおいしくて、つゆを全部飲み干しました。見た目以上にボリュームがあります。食べたい方はお腹に余裕を持たせてくださいね。

 

3. 自家製生クリームアイス

f:id:foodcreative:20150128201654j:plain

おいしいお料理を楽しんだ後は、デザートを食べたくなるもの。「え、まさかアイスの中にレバーが?」さすがにそれはありません。メレンゲと生クリームを混ぜて作っており、独特の食感が楽しめます。ふわっとしているようで、しっかりとした歯ごたえもあるという不思議な食感でした。アイスの中にはアーモンドの水あめのようなものが入っていて、おいしかったです。中身はその時々でチョコなどに変わるので、今日は何味かなんて考えて楽しみですよね。

 

 

吉祥寺にあるレバー専門店 Body Blow さんのお料理の数々をお楽しみいただけましたでしょうか。素敵なレバー料理という body blow を見事に食らい、完全にノックアウトされました。

 

いろいろな食べ方でレバーをいただくことができて、レバー好きはさらにレバーを好きになり、苦手な方も好きになるきっかけになるのでしょうか。

Body Blow

TEL:0422-24-9100
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町 2-8-7 ガイビル 1F


ぐるなび - Body blow(ボディーブロー)(吉祥寺/居酒屋)

 

 

 

料理研究家/食の広報YUICHI

f:id:foodcreative:20150128202604j:plain

1984年7月1日 神奈川県生まれ。学生時代はスペイン語を専攻、卒業後は貿易会社、翻訳会社に勤務し、料理とは無縁の生活を送る。現在の会社で勤務を始めた2010年、慣れない大阪での一人暮らしと仕事の厳しさで落ち込んで帰宅したある日、夕飯にみそ汁を作って気持ちが前向きになったことで料理が気持ちを癒す力があることを体験。以来たくさんの料理を自炊するようになり、料理家としての活動を目指すきっかけとなる。企業の広報を仕事をこなしながら、一人暮らしの人でもシンプルに作れるレシピの発信と、マスコミ向けのリリース記事を4年間書いてきた経験を生かし、グルメ媒体の記事連載を行っている。

ブログ:http://ameblo.jp/lagrimahermosa
twitter:https://twitter.com/yuchancafe
編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る