読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品トンカツから極上温泉まで!? 1日中遊べる豚のテーマパーク「サイボクハム」がすごい

埼玉県日高市にある豚のテーマパーク「サイボクハム」を御存知ですか? 養豚業界の父とも言われる笹崎龍雄氏が1946年に創業したお肉の専門店が、今では豚肉を思いっきり堪能できるレストランはもちろん、温泉・陶芸教室・パークゴルフなどのある一大テーマパークになっています。今回はそちらにヨッピーさんが訪問。この施設の魅力をあますところなくお伝えします。(飯能・日高のグルメ焼肉

絶品トンカツから極上温泉まで!? 1日中遊べる豚のテーマパーク「サイボクハム」がすごい

バーグハンバーグバーグ グルメレポ ヨッピー 飯能・日高 ランチ

f:id:g-gourmedia:20160407140814j:plain

こんにちは。ヨッピーです。

四の五の言わずに、とりあえずこの「とんかつ」を見ていただいても良いですか。

 

f:id:g-gourmedia:20160407140827j:plain

断面が肉汁でキラキラ光ってるのがわかりますよね?

 

f:id:g-gourmedia:20160407140839j:plain

これに特製ソースをだーっとかけて・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407140851j:plain

この美味そうな物体を・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407140904j:plain

こうします!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407140914j:plain

旨。

 

※写真は美味すぎて「なにこれ?なんでこうなるの?」と聞いている僕の姿

 

そして凄いのはとんかつだけではないのです。

 

f:id:g-gourmedia:20160407140924j:plain

例えばこの大根を見てください。

 

もうちょっとサイズ感がおかしいですよね。僕の顔ぐらい太い。スーパーで売ってるやつの倍はあると思います。

 

で、この大根、いくらだと思います?

 

f:id:g-gourmedia:20160407140932j:plain

はい130円。安すぎ。

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407140942j:plain

しかもここの野菜、全部生産者の名前が書いてあるやつなんですよね!

こういう「生産者の顔が見える野菜」の販売方法の先駆け的な存在なんだそうです!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141052j:plain

キャベツもすごいでっかいのが180円!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141122j:plain

そんなお買い得野菜がこのスケール感で売ってるんですよここ。

すげぇ!

 

すごいからみんなも、是非来てみてねーーーー!

 

END

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain「・・・っていうので終わったら面白くない? 場所の説明を一切しないグルメ記事って新しいと思うし」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「面白くねーよ。殺すぞ

 

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141135j:plain

はい。そんなわけで気を取り直して最初からやります。

本日は私、ヨッピー(左)と、元肉屋の店員で豚肉に異常に詳しい男・加藤(右)の二人で、埼玉県日高市にある「サイボクハム」さんに来ております。

 

元肉屋・加藤が書いたこの記事は22,000いいね!、1843はてブと大ヒット

 

サイボクハムさんは1946年創業、老舗のハムやお肉の専門店。「埼玉種畜(しゅちく)牧場」の略で「サイボクハム」なんだそうだ。

 

f:id:bhb_gohan:20150204114704j:plain

http://www.saiboku.co.jp/

ちなみに創業者の笹崎龍雄氏は、養豚業界の父と言われているほどの傑人で、豚を愛するがあまり「豚と会話ができる」までになったとか。彼が記した『養豚大成』は世界各国で翻訳され、養豚のバイブルと言われています。すごすぎる!

 

埼玉といっても川越の先くらい。東京・池袋から車で約1時間で行ける立地にあるので、関東の方であればドライブがてら気軽に遊びに来れる距離であります!

 

いやぁほんと、冒頭で紹介した「とんかつ」や「お得な野菜」以外にも、色々と凄いんですよこの施設。今日はそれをご紹介したいと思います。

 

●サイボクハムのここがすごい①:新鮮な豚肉がめちゃめちゃ売ってる

f:id:g-gourmedia:20160407141150j:plain

サイボクハムに来たらとりあえず肉を見なくちゃ! 

ということでお肉の物色をはじめたのですが・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141200j:plain

これ全部、豚の内臓!

手前の袋に入ってるのも全部「豚モツ」。豚ちゃんと言われる豚ホルモンですね。

サイボクハムさんでは、自社牧場で育てた豚をこちらの直営店で販売しているのだ。

なので、とりわけ豚肉の品揃えがすごい!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141224j:plain

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「すげぇ!!」

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141237j:plain

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「この豚レバーなんですが、ドリップ(赤い液体)が全然出てないことがわかりますか? 普通レバーをスライスしたら中からドリップが出て、トレーに赤い液体が溜まったりするのですが、このレバーには全然ありません! 切り口の角も立っていてヘタっていないのも新鮮だっていう証拠です」

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141249j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「豚肉スライスの量り売りもあるんですが、何がスゴイって豚のブロックの形のままドカンと置かれてるってところ! 普通の肉屋だったら、平たく並べてとりあえずショーケースを埋めようとしますけどね…。ブロックの好きな部分を取ってくれるそうなので、部位の中でも一番うまいところだけをガッツリ買えるのは、肉好きにとってめちゃめちゃうれしい!」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain「確かにあんまり見たことない!」

 

 

▼元肉屋が教える「おいしいお肉」の選び方

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「ちなみに肉のおいしい部分の見分け方ですが、肩ロースの場合は・・・」

 

f:id:g-gourmedia:20160407141307j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plainこういった形のお肉も良いんですが」

 

f:id:g-gourmedia:20160407141323j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plainこういった形の肩ロースを選んだ方が個人的に美味しいと思います。見分け方としては・・・」

 

  

f:id:bhb_gohan:20150203173619g:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain今、赤く点滅している部分が広ければ広いほど、柔らかい部分が多い肩ロースになりますよ! また、ロースに関しては・・・」

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141343j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plainこういった形のお肉よりも・・・」

  

 

f:id:g-gourmedia:20160407141353j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plainこんな形のお肉を選ぶのが元肉屋としてオススメです。見分けるコツは・・・」

 

 

f:id:bhb_gohan:20150203175308g:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain上の画像で点滅している大きな盤の下にある小さな丸い部分がポイント。ハッキリと出ているお肉を選んだ方が美味しいと思います。調理方法によって変わるので一概には言えませんが、参考にしてみてください」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain 「詳しすぎてちょっとキモい

 

 

そんなわけでこちらのサイボクハムさんでは自社牧場から直接仕入れているので、扱っているお肉がとにかく新鮮なのが特徴! その秘密は「炊きたてのご飯」と例えられるほど新鮮な餌をあげているからなんだとか。

 

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141429j:plain

こちらは豚のモモを丸々スモークした「ジャンボ骨付きハム」。迫力がすごい!

 

f:id:g-gourmedia:20160407141441j:plain

ソーセージや燻製肉などの加工肉ももちろん取り扱っています。「のど自慢」「ハツ恋物語」「耳より品」「舌っぴん」など、部位に引っかけたダジャレの商品名が多いのは社長さんの趣味らしいです。

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141455j:plain

味付け済みで、あとは焼くだけで食べられるハンバーグも2個500円で販売中!

 

ちなみに、サイボクハムさんはいわゆる「ブランド豚」の取り扱いで知られていて、いまでこそ「イベリコ豚」や「TOKYO X」などのブランド豚が広く知られるようになりましたが、サイボクハムさんは業界に先駆けてブランド豚を育成。

 

f:id:bhb_gohan:20150204155846j:plain

公式サイトより引用

そのブランド名である「ゴールデンポーク」「スーパーゴールデンポーク」は柔らかくてコクのある旨味、甘みが特徴なんです。養豚の歴史とノウハウが詰まっている豚肉なんですね。

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141508j:plain

その長年の努力が報われて、アジア初の「DLG国際食品品質コンテンスト」(本場ドイツのすごい賞!)で16年連続金メダル受賞という偉業を成し遂げています。

 

いやー、これだけお膳立てをされると豚肉を食べたくなりますよね!

 

●サイボクハムのここがすごい②:極上の豚肉料理が食べられる

f:id:g-gourmedia:20160407141516j:plain

そんなわけでやってきたのがこちら。施設内にあるレストランサイボク

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141526j:plain

約230席あるバーベキューホールでは大人数でも安心。木を基調とした店内は温もりがあって居心地も良いですね。
 

ひょっとしたら冒頭の「GP ロースかつ」(1,400円)の事をもう忘れてしまった人も居るかもしれませんので念の為にもういっかいやりますね。

 

f:id:g-gourmedia:20160407140827j:plain

これを・・・

 

f:id:g-gourmedia:20160407140839j:plain

こうして・・・

 

f:id:g-gourmedia:20160407140851j:plain

こうなって・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407140904j:plain

こうです! 旨~~~~い!

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「このトンカツ、豚肉の甘味がすごいっ! 画像を見てもらえばわかるんですが、普通のトンカツって持ち上げると少し衣がはがれるんです。サイボクさんのトンカツはまったくはがれません! これはきめが細かい肉質のため、揚げても肉が縮まないからだとか! ロースカツなのにヒレカツのように柔らかい秘密は、肉質が縮んでいないからなんですね!」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain「うん、めちゃめちゃ美味いことはわかった」

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141648j:plain

 

そして旨いのはとんかつだけではありません!

ゴールデンポークの「豚焼肉セット」(1人前=1,680円)がこれまたすごい!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141657j:plain

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain 「めちゃめちゃ綺麗な豚肉や・・・。輝いて見えよる」

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141710j:plain

がーっと焼いて・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141720j:plain

いただきます!

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain 「うわ・・・。なんか甘みが凄いんだけど!」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain 「バラ肉はやっぱりうまい! 驚いたのは肩肉ですよ。肩肉って、要は豚の前足のことなので、体を支えるために硬い肉質になりがちなんですが、この肩肉は焼いても全然硬くなってない・とんかつと同じく、きめが細かく焼いても縮まないからなのかも!」

 

  

f:id:g-gourmedia:20160407141728j:plain

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain「なにこれ。豚肉だけじゃなくてタマネギまで美味いんですけど!」

 

そうなんです。レストランサイボクの焼肉は、豚肉だけじゃなくて野菜まで美味しいのが特徴!

 

 

●サイボクハムのここがすごい③:新鮮な野菜が安い!

f:id:g-gourmedia:20160407141739j:plain

それもそのはず、冒頭でも言った通り、サイボクハムでは地元の新鮮な野菜を多数取り揃えており、レストランでもその野菜を使っているほど。野菜の美味しさには自信があるのだ!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141752j:plain

山積みの白菜は1個110円!

 

f:id:g-gourmedia:20160407141820j:plain

人参も5本入って100円!

  

ちなみにこの日はド平日の月曜日なのですが、この新鮮な野菜と肉を求めて地元の人がたくさん買いに来ていました。サイボクハムの方がおっしゃるには、平日は地元の人々、土日はわざわざ買いだめしに来る遠方の人が多いそうです。

 

そりゃ来るわな。だって美味いもの・・・。

 

●サイボクハムのここがすごい④:施設内で食べ歩きもできる

f:id:g-gourmedia:20160407141833j:plain

ちなみにサイボクハムの敷地は広くてこんな感じで庭園があったりするのですが

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141845j:plain

こんな風に売店がいくつかあって食べ歩きすることも。

 

f:id:g-gourmedia:20160407141854j:plain

こちらは「豚レバー串」(1本=149円)。自家製味噌が美味い!

 

f:id:g-gourmedia:20160407141902j:plain

屋台では300円することも珍しくない、サイボクハムの人気商品「フランクフルト」はたったの149円。ケチャップをかけずとも、パリっとした歯応えとジューシーな肉の旨味がパンパンに詰まっていて美味です。

 

f:id:g-gourmedia:20160407141919j:plain

期間限定販売の「もつ煮」(352円)。いやはや、寒い日には嬉しすぎますね。

 

 

f:id:bhb_gohan:20150204142234j:plain「ここのモツ煮はしょうゆで味付けをしてますね。普通、豚のモツって臭みがあるから味噌で煮込んで臭みをごまかすんですけど、こういう薄味のモツ煮を出せるっていうのは素材に自信がある証拠。新鮮だと、モツの臭みってモツのうま味に変わるんだと気付かされました」

 

f:id:bhb_gohan:20150204142226j:plain「いちいち語るなぁ」

 

 

●サイボクハムのここがすごい⑤:遊んで癒される施設が盛りだくさん

f:id:g-gourmedia:20160407141931j:plain

はい。こちらは「パークゴルフ」で遊んでいるところです。「今回の記事に何の関係があるんだ!」っておっしゃる方もいると思いますけど関係大アリです。何故ならサイボクハムの敷地内にあるからです。

 

この「パークゴルフ」はちょうどゲートボールとゴルフの間くらいの競技。最近はお年寄りに大人気らしく、この日もたくさんの人がコースをまわっていましたが、ちゃんと18ホールあって全部まわるのに1時間はかかるそう。割と本格的に遊べるし、食前食後の運動にピッタリです。

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141939j:plain

トントンハウスには可愛い子豚がいます。ほかにも・・・。

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407141950j:plain

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142012j:plain

あ、すいません。ついついお手製のドンブリ鉢を作ってしまいました。何故ならサイボクハム内 に陶芸教室があるからです。

 

これ初めて作ったやつなんですけどめっちゃ上手くないですか? 陶芸の先生にも「君はセンスがあるね」と褒めてもらいました。

 

いやーしかし、なんでもありすぎだろ!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142027j:plain

あ〜、いい温泉〜!

 

「流石にもう無いかな?」と思わせておいて天然温泉施設「花鳥風月」でトドメを刺しに来るのがサイボクハムのすごいところ。引き出しの数がすごい。

 

※大人入館料:10時〜19時=平日1,000円、土日祝1,200円、19時以降=平日・土日祝800円(どの時間帯もフェイスタオル、バスタオル付)

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142035j:plain

ちなみにこちらの源泉は、敷地内から湧いているので新鮮なお湯が楽しめます。毎分922リットル(全国平均の10倍)という豊富な湧出量を誇る温泉で、ナトリウムを豊富に含み、体を芯まで温めてくれるし、メタケイ酸の含有量も高いことからいわゆる「美肌の湯」として親しまれています。

 

施設はキレイだし、めちゃめちゃ広いし、温泉施設としても一流!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142053j:plain

立派な休憩室もあるよ! マジで一日中過ごせる!

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142105j:plain

そんなサイボクハムでは昼食+温泉入浴(タオル付)+施設内で使える金券500円分がついたセットが大人1人3,000円で販売中! とんかつも食べて、温泉も入って、お土産を買ってもこの値段。お得すぎる。

 

f:id:g-gourmedia:20160407142115j:plain

アクセス面も都内から車で約1時間程度。高速代やガソリン代を含めても大人4人で来れば、1人5,000円程度で済みますのでコスパも相当良いのではないでしょうか!

 

そんなわけで・・・

 

 

f:id:g-gourmedia:20160407142126j:plain

 

みんなもサイボクハムに遊びに来てねーーーー!

 

 

 

※「オモトピア」では天然温泉をメインにした記事が公開中!


週末はここに決まり! 天然温泉×グルメの最強施設「サイボクハム」を徹底レポート

 

 

●店舗紹介

f:id:bhb_gohan:20150204151417j:plain

店名:サイボクハム

住所:埼玉県日高市下大谷沢546

TEL:0120-112-922(フリーダイヤル)

営業時間:店舗により異なるので詳しくはこちら

交通手段:基本的に車が便利! 詳しくはこちら

公式SNS:Twitter / Facebook

 

ライター:ヨッピーのプロフィール

f:id:bhb_gohan:20140819113215j:plain

「オモコロ」「トゥギャッチ」「ぐるなび」「Yahoo! Japan」「ライブドアニュース」など、さまざまなWEBメディアで活躍中のライター。「WEBでウケること」の第一人者として、タイアップ広告案件なども多数手がける
Twitter ID: @yoppymodel / 公式サイト:ヨッピーのブログ(仮)

 

                             
ページ上部へ戻る