第三座 待乳山9.8m(台東区) 『下町の待乳山と老舗グリル』

山の手の百名山。今回は台東区浅草の待乳山。下山したら、浅草寺北側、言問通り近くで、趣のある店を構える下町浅草の隠れ家レストラン「グリル・グランド」でハヤシライスをいただきましょう。(浅草のグルメ洋食)

第三座 待乳山9.8m(台東区) 『下町の待乳山と老舗グリル』

都心には意外にも山がそびえます。丘の上には明治の権力者たちのお屋敷があり、山は権力そのものでした。今は公園やら学校や住宅になっています。山の手の百名山に登り周辺のぐるなび掲載店を紹介します。

第三座は台東区浅草に小振りにそびえる待乳山に登りましょう。武蔵野台地の山ではありませんが、下町浅草の山です。


東京メトロ浅草駅を出て、駒形橋に向い、墨田川沿いに墨田公園を歩きます。隅田川の中央が台東区と墨田区の区界で、隅田川公園は両岸にまたがっています。右岸の台東区エリア、リバーサイドスポーツセンターには様々なスポーツ施設が並び、リゾート風のプールの先に小高い丘が見えます。これが待乳山です。後ろを振り向くと東京スカイツリー。ここの広場から見るスカイツリーは雑居物が少なく素敵です。

待乳山は595年9月に突然隆起出現して、龍が山を守り、浅草寺の山号「金龍山」の由来となったと伝えられています。かつては周囲が見渡せる山で、江戸時代、文人墨客がこの地を訪れ、浮世絵や和歌にも登場します。待乳山本龍院は、浅草寺関係の寺院。ご本尊は歓喜天(聖天)と十一面観音です。待乳山聖天(まつちやましょうでん)と呼び名の方が有名かもしれません。浅草七福神のうち毘沙門天も祀られています。

大根を供えると聖天様が心身の毒を清めてくれると人気のパワースポットです。大根は健康、良縁、夫婦和合、家庭円満の功徳を表していて、例年1月7日、「大根まつり」が行われます。

王子の飛鳥山同様、無料の登山モノレールがあります。標高10mにも満たない山ですが、4人乗りの「桜レール」で山頂を目指すことができます。駐車場の奥に地上駅の乗り場があり、山頂駅からはスカイツリーがのぞきます。

正面の参道は石段で、奥に本堂が見えます。ただ、一段抜かしで登ると直ぐに山頂の本殿についてしまうので、一歩一歩ゆっくり登るのがコツです。石段の途中にある寺務所の売店で、お供え用の大根を買い求めることができます。本堂でお参りをして、裏に回ると、お百度石がありました。そのすり減った石畳に多くの人の思いを感じます。

創業68年、浅草寺北側、言問通り近くで、趣のある店を構える下町浅草の隠れ家レストラン「グリルグランド」。待乳山から歩いて5分強。家庭的な味を楽しむことができます。3代受け継がれて来たデミグラスソースをベースにした和牛たっぷりのハヤシライスやオムライスなどがおススメです。

グリル・グランド

台東区浅草3-24-6  03-3874-2351
定休日 月・日曜・祝日
http://r.gnavi.co.jp/g854000/

(ライター:関能克則/studio woofoo

                             
ページ上部へ戻る