サラリーマンのハートを掴む!愛あるおもてなし居酒屋の渋谷本店を御紹介

サラリーマンに人気の居酒屋。安くてお腹いっぱいになれてワイワイ盛り上がれて…でも、やっぱり美味しくてお腹も満足できて、さらにホスピタリティが充実しているほうが良いに決まってます!そんなサラリーマンの「ハートを掴んで離さない!」と評判の愛あるおもてなし居酒屋の東京・渋谷本店をご紹介します。(渋谷のグルメ居酒屋)

サラリーマンのハートを掴む!愛あるおもてなし居酒屋の渋谷本店を御紹介


 

一度この店を訪れたら、独身サラリーマンなら「ギュッ!」と心をわし掴みされてしまう...と評判なのが「塚田農場」です。新宿渋谷銀座ほかサラリーマンの多い街を中心に店舗を展開している居酒屋です。

ここでは自社の養鶏場で生産される「みやざき地頭鶏」や日南市から穫れたての食材を毎日お店に直送しているので、新鮮な素材を使った宮崎県の郷土料理を楽しむことができます。

料理の美味しさやボリューム、リーズナブルさで人気の同店ですが、それプラス、「オリジナリティに富むホスピタリティ」が評判なのです。心を奪われ、リピーターになってしまう魅惑の居酒屋...と評判の塚田農場」とはどんな居酒屋なのでしょうか!?


【迫力のある写真を使ったメニューでまず胃袋を掴まれる!】

とにかくメニューが大迫力!文字だけではなく、料理の写真を大きく載せているので視覚効果満点。「あ、美味しそう!」と、メニューを開いた途端に胃袋をがっちりと掴まれてしまいます。

おすすめは、みやざき地頭鶏を豪快に炭火で焼き上げた「地頭鶏炭火焼」。ジューシーで味わい深い地頭鶏はビールとの相性も抜群です。

そしてやはり宮崎県の料理として外せないのは名物のチキン南蛮。自然の中で育った健康な鶏のサクサクとジューシーな味わいに自家製タルタルソースが絶妙のコンビネーション!

他にも様々な部位を使った鶏料理、馬刺や馬ユッケ、ごまアジ、地頭鶏を8時間に込んだスープや、そのスープにあご出しを合わせモチモチの餃子を煮込んだ「地頭鶏 炊餃子」ほか、食材にこだわった料理が楽しめます。

 

【ほかにはない愛あるおもてなし】

「塚田農場」でまず生ビールを頼むとラテアートならぬ生ビールアートで、ビールの泡にハートのマークを描いたものが届きます。

また、地頭鶏の炭火焼の油でガーリックチャーハンを作ってくれるサービスがあるのですが、チャーハンはハート形に整えられ、その横にはマヨネーズで「ようこそ!」などのメッセージが描かれています。

デザートのお皿にもチョコレートで描かれた可愛いイラストやメッセージが...小さなことですが、ググッ!とハートを掴まれてしまいます。


【遊び心のある名刺と昇進システム!】

塚田農場では、お客さんに名刺を作ってくれるのですが、最初は主任からスタートして、来店ごとにポイントが貯まり、2回の来店で課長、5回で部長...そして12回で会長と、徐々に昇進していくという面白いシステムがあります。

帰る時には、お通しのキャベツに浸けて食べる特製味噌を小さなタッパーに入れてプレゼントしてくれ、次回その容器を持っていくと補充してくれるという太っ腹なサービスぶり!

暖かみのあるホスピタリティと遊び心のあるサービス、そしてもちろん美味しいお料理と三拍子揃っているので、「また通っちゃう!」という男性が多いのも納得のお店なのです。(もちろん女性でも楽しめますよ)

店員さんの女性が皆浴衣というのもいいですね!


■塚田農場 渋谷本店

【URL】http://r.gnavi.co.jp/g753328/

 

 

(ライター:高野晃彰/studio woofoo

                             
ページ上部へ戻る