「東京にしかない街」六本木にある雰囲気の落ち着いた大人のイタリアン

「はてな」の副社長、毛利さんにオススメの六本木グルメをご紹介頂きました。デートにもビジネスにもピッタリなお店とは・・・?(六本木のグルメイタリアン)

「東京にしかない街」六本木にある雰囲気の落ち着いた大人のイタリアン

「はてな」の副社長という役職柄、そしてもちろん友人との付き合いもあり、頻繁に外食する機会があるという毛利裕二さん。「自然と足が向いてしまう」というほどよく通う六本木については、かなりの情報通です。そんな毛利さんに、六本木にあるお薦めのイタリア料理店を紹介していただきました。

普段はどのようなお仕事をされていますか?

ネットサービス企業「はてな」の副社長として、主に経営や戦略立案、マーケティング、営業、アライアンスなどの仕事を手掛けています。

どんな時に外食することが多いですか?

外食するシーンは本当にさまざまで、アライアンスや営業関連の方と外食することもありますし、同僚や前職の仲間、個人的な友人など、さまざまなシチュエーションで頻繁に外食しています。

ですので、一緒に行く相手やTPOに合わせたお店選びには、気を付けていますね。

六本木」にはどんな時に行くのでしょうか?

六本木を筆頭に、港区界隈に行くことが多いですね。地理的な便利さ、相手との集まりやすさを考えると港区は本当に便利ですので、ついつい港区界隈で集りがちです。

中でも六本木は華のある街ですし、お店のジャンルや価格帯もバリエーションがあるので、使い勝手がいいです。実際には、周辺も含めた「広義の六本木エリア」ということになると思いますが、ついつい自然と足が向いてしまう場所です。

六本木のイタリアン」と言えば、どのお店がお薦めですか?

日本らしい街並み、外国の香りがする風景、ヒルズやミッドタウンなどの最先端のビルという3つの要素が混在している「ダイナミズムがある街」というのが六本木に対する印象です。

と同時に、いろいろな歴史を重層的に持つ「東京にしかない街」でもあります。そんな六本木には、大人向けの店というか、雰囲気の落ち着いたおいしい店が多いんです。

トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド

 

値段以上のおいしさを提供してくれる上、堅苦しさがなく、かといって落ち着いて食べられもするお店だと思います。

味に関しては、変に日本風にしない範囲で、でも日本人の舌にしっくりする味。どんな方が食べてもおいしいと思えるのではないでしょうか。お薦めは赤牛フィレ肉の炭火焼きや手長エビの炭火焼きなど。生うにのパスタや水牛チーズのリゾットもいいですね。その日おすすめの魚もおいしいですよ。

僕は古くからの男友達と行くことが多いのですが、デートにもピッタリだと思います。また、ビジネス関係でも使えるでしょうね。肩肘張らずに使えて、でもきちんとしているので、非常に使い勝手のいい店ですよ。

トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルドのもっと大きい地図を見る

店舗名:トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド
電話番号:03-6447-2347
営業時間
ランチ:月~金 11:30~14:00(L.O.) ディナー:18:00~22:00(L.O.)
 

すてきなお店を見つける「コツ」があればお教えください。

すてきな店は大体、友人の薦めで見つかることが多いです。そういう意味では、「持つべきものは友」というか、とにかく舌の確かな友人を多く持つのがコツかもしれません(笑)。私の場合はそうした友人がすべて男性なので、男2人でフレンチということも多いです。お互いに「食べることが大好き」で「うまいものに真っすぐ」なので、それがとても心地よかったりします。

あなたにとっての「外食」とは?

やはり、家庭では味わえない料理を期待するものですね。たとえ素朴な料理であっても、何かプロの技やこだわりを感じられるとうれしいです。そういう意味では、音楽や絵画を見るのに近い感覚かもしれません。作り手が料理に込めた意思に共感できた時は、すごく幸せで豊かな気持ちになりますね。

おすすめしてくれた人のプロフィール 「毛利裕二」さん

はてなブックマーク」や「はてなブログ」「人力検索はてな」等のWebサービスで知られる「はてな」の取締役副社長。企業経営やマーケティング戦略立案などを行うかたわら、新しいコミュニティサービス「はてなスペース」のプロデュースにも注力中。

 

 

 

                             
ページ上部へ戻る