銀座の居酒屋はホームグラウンドであり遊び場。いつも新鮮な驚きを期待する場所

食べ歩きが趣味の「いしぶ〜」さんオススメの銀座のお店を紹介してもらいました。素敵なお店が盛りだくさん!必見です!!(銀座のグルメ銀座のランチ居酒屋情報)

銀座の居酒屋はホームグラウンドであり遊び場。いつも新鮮な驚きを期待する場所

今回のインタビューでは日々銀座の名店、居酒屋を巡るお仕事をしている「いしぶ~」さんのお薦めの店、行きつけの店をご紹介。気軽に入れる「パブ」から「中華料理」、そして「銀座の大人の和食居酒屋」まで。「いしぶ~さん」流の銀座の街でのお店の選び方、外食の楽しみ方を参考に、ぜひあなたの「銀座の行きつけの居酒屋」を探してみてください。

普段はどのようなお仕事をされていますか?

 私はインターネットを活用して法人向けのこだわり弁当の情報をお届けし、実際にオフィスへそのお弁当をデリバリーするサービスを行っている会社で働いています。そして会社での私の役割は銀座を中心に店舗の新規開拓を行う事。日夜銀座の様々な名店や居酒屋を巡っています。実際に食べ歩きをしながら銀座の名店を探す、まさに趣味と実益を兼ねたような仕事をしています。

 日常、どんなシーンで銀座へ行く事が多いですか?

 外回りが多い仕事なので、昼のランチでもよく銀座を訪れますが、夜に会社の同僚や仕事関係の方々と銀座の居酒屋へ飲みに行く機会が多いですね。平均だと週2回くらいは銀座の居酒屋を訪れていると思います。 

銀座で居酒屋を選ぶ際のこだわりやポイントがあればお教えください。

私なりのポイントは外に置いてある看板や料理メニューですかね。料理の写真や書いてあるキャッチコピー、そこから感じるインパクトが決め手になっているのかもしれません。仕事柄もあってか、そのお店、居酒屋がいかにお客様を引き込む努力をしているか?という視点で見ている面もあると思います。もしお薦めのメニューが明確に打ち出されていれば、まずそのお薦めメニューを注文してみる事が多いです。そうする事で結果的に一番お得感のあるメニューに出会える可能性が高いかなと思っています。

では、あなたの「銀座でお薦めの居酒屋」をぜひお教えください。

 銀座には本当にたくさんの居酒屋があって選ぶのは難しいですが今回は3つの居酒屋をご紹介したいと思います。

 BULLDOG

業態で言うと「ビアパブ」。昼も夜も営業もしているのでオールラウンドに使い勝手の良いお店です。友人や彼女と軽く一杯。という時にもお薦めかもしれませんね。店員さんも気さくな方が多いですし、ビールのメニューラインナップも豊富。そしてこのお店で特にお薦めなのは「ベルギービール」です。あの芳醇な味わいはぜひ一度皆さんにも試して頂きたいですね。ちなみにこちらのランチはカレーがメインなのですが、カレー専門店にも引けをとらない美味しさなんですよ。 

BULLDOGのもっと大きい地図を見る

店舗名:BULLDOG
電話番号:050-5518-6889
営業時間  ディナー 月~日・祝:17:00~23:15  ランチ 月~金:11:30~14:30(L.O.14:00)  ランチ 土・日・祝:11:30~17:00

小尾羊

こちらは中華で、お店の一押しは「薬膳火鍋」。普通のお店の火鍋はスープが2種類という所が多いですが、こちらは選択肢が6種類と豊富。その中から3種類を選んで同時に味わう事ができるようになっています。ボリュームはもちろん、味付けの面でも飽きの来ないように工夫されているので、食べ始めたら箸が止まる事なく、あっという間に完食してしまうと思いますよ。仲間とワイワイ楽しめる、そしてコストパフォーマンスの高さがかなりの魅力です。 

小尾羊のもっと大きい地図を見る

店舗名:小尾羊
電話番号:050-5797-1850
営業時間  月~金:11:30~15:00(L.O.14:30)/17:00~23:30(L.O.22:30)  土・日・祝:11:30~23:30(L.O.22:30)

夢酒みずき

こちらは銀座和食居酒屋。全国各地のおいしい地酒が揃っていて、個室も少人数向けから大人数向けまで用意されているので宴会の時にも重宝しています。こちらは郷土料理が充実していて、季節ごとにも変わるので訪れる度に新鮮な驚きの連続。個人的なお薦めを挙げるとしたら、「出し巻き玉子」と「ゴーヤチップス」。常連客の中では定番メニューらしいですよ。酒と料理のクォリティには、一緒に行った仲間たちも大満足らしいです。 

夢酒みずきのもっと大きい地図を見る

店舗名:夢酒みずき
電話番号:03-5537-1888
営業時間  月~金:17:00~23:00  土・祝:16:00~22:00

改めてお伺いしますが、あなたなりの素敵なお店を見つける「コツ」はありますか? 

先ほどは外に置いてある看板や料理メニューがポイントと言いましたが、そこに書いてある内容が自分の心に残るものかどうか。そこが大事なのかもしれません。いかにも営業っぽいPR内容が書いてあると感じる居酒屋にはあまり行かないのかも。基本的には自分の直感やインスピレーションを信じていて、このお店に入る事で何か新しい出会いがあるかも。そんな気持ちにさせてくれる居酒屋を選んでいるのかもしれませんね。 

最後に。あなたにとって「外食」とは、どんな存在ですか? 

仕事の関係もあってか「外食」は自分の生活の一部に溶け込んでいると思います。だから安くて美味しいはもちろんのこと、安心できる場所かどうか、そして「いつまでも私を驚かせてくれる存在であってほしい」。そんな風にも思っています。私にとって外食は、本当に期待することが多いんだと思います。 

インタビュー者プロフィール 「いしぶ~」さん

自身を一言で表すと「食べ歩きが趣味のオタクなゲーマー」。「目指せ!食べ歩き1万店」を目標に今日も銀座に出没中。オフタイムはゲームに没頭しながら、オンタイムにはデジタルの世界で生きている。2つの異なった顔を併せ持つ人間「いしぶ~」。

 

                             
ページ上部へ戻る