買った食材を腐らせちゃう。初心者でも簡単にできる食材保存活用方法を野菜ソムリエが伝授!

ちゃんと自炊をしたいと思って食材を揃えたものの、なかなか忙しくて料理ができず、食材を腐らせてしまうなんてこと、よくありますよね。特に週末しかまとまった時間をとって料理ができないとなると一苦労。そこで今回は食材を腐らせないために、よく使う野菜3種の冷凍保存法を御紹介します。解凍後にピッタリのレシピと合わせて、ぜひ試してみてください。(表参道・青山のグルメ和食

買った食材を腐らせちゃう。初心者でも簡単にできる食材保存活用方法を野菜ソムリエが伝授!

料理する気は満々だけど、忙しい日々が続くと、ついうっかり買った食材を腐らせちゃう。こんな声をよく聞きます。

 

新鮮な野菜をいただくのが一番美味しいのだけれど、冷蔵庫にずっと保存していれば、栄養価もどんどん落ちてしまいますよね。それでは、本末転倒になってしまいます。

 

そこで今回は誰でも簡単にできる冷凍することでの食材保存活用方法を野菜ソムリエの菊地裕子が伝授いたします!  解凍した後にピッタリのレシピも御紹介するので、ぜひ参考にしてみてください

 

1. 今が旬の白菜! 1玉買っても使い切れない! そんな時の保存法 

f:id:foodcreative:20141225112958j:plain

白菜の冷凍保存方法

  1. 白菜を食べやすい大きさに切る。
  2. 熱湯でサッとゆで、ザルにあげ、冷ます。
  3. 平たく並べラップに包み、冷凍庫で急冷する。

 

解凍後はコレ:簡単に出来る下漬け不要の白菜の漬け物 柚子の香り

f:id:foodcreative:20141225113104j:plain

材料1人分

  • 解凍した白菜・・・80g ※解凍は水につけながら。戻ったら、水気を絞る。
  • 塩(3%くらい)・・・2g~
  • 柚子の皮(細く刻んだもの)・・・適宜 
  • 昆布・・・1cm

作り方

  1. 白菜をポリ袋に入れ、塩、柚子皮、昆布も加える。
  2. をよく揉んで、冷蔵庫へ。
  3. 15〜30分くらい漬けると食べごろ。

 

解凍後の白菜はまるで、何日も漬けたような食感です。あっという間に味わい深い漬け物ができあがるのは忙しい主婦にも強い味方ですね!

 

2. 夏~秋に収穫し貯蔵した今が食べ頃のかぼちゃの保存方法

f:id:foodcreative:20141225113516j:plain

かぼちゃの冷凍保存方法

  1. かぼちゃは食べやすい大きさに切り、皮を剥く。
  2. 皿に真ん中を空けて、かぼちゃを並べ、ラップをして電子レンジ(600w)で加熱する(150gで3~4分)。
  3. 火が通ったら、潰して、冷ます。ラップに包んで冷凍庫で急冷する。

 

解凍後はコレ:牛乳で伸ばすだけ! かぼちゃのスープ

f:id:foodcreative:20141225113654j:plain

材料1人分

  • 冷凍かぼちゃペースト・・・150g
  • 無塩バター・・・2g
  • 塩・粗挽きコショウ・・・適宜
  • 牛乳・・・1カップ

作り方

  1. 冷凍かぼちゃペーストは冷蔵庫で自然解凍する。
  2. を電子レンジで温め、バター、塩・こしょうをして混ぜ合わせる。
  3. を小鍋に移し、牛乳を加えて温める。あれば、ハンドプロセッサーで一混ぜすると滑らか。塩で味を整える。

 

下味をつけてから、かぼちゃペーストを冷凍すると便利。他、ホクホクしたかぼちゃなら、コロッケやサラダなどもおすすめですよ!

 

3. 今が旬の大根! 1本買っても使い切れない! そんな時の保存方法

f:id:foodcreative:20141225113825j:plain

大根の冷凍保存方法

  1. 大根は細長い短冊のように切る。
  2. 皿に並べ、ラップをして電子レンジ(600w)で加熱する(200gで2分ほど)。
  3. ②を冷まして、平に並べラップに包み、冷凍庫で急冷する。

 

解凍後はコレ:まるで切り干し大根!? 大根と油揚げの煮物

f:id:foodcreative:20141225113916j:plain

材料1人分

  • 解凍した大根・・・45g ※解凍は水につけながら。戻ったら、水気を絞る。
  • 油揚げ(油抜きをした)・・・45g
  • キャノーラ油・・・少々
  • 水(又は、出汁)・・1/4カップ
  • 酒・・・大さじ1/2
  • きび砂糖・・・大さじ1/2強
  • しょう油・・・大さじ1/2弱~

 *出汁を使う場合は、砂糖、しょう油の分量は少なめに。

作り方

  1.  鍋に油を熱し、大根、油揚げをサッと炒める。
  2.  ①に水(又は出汁)を加える。一煮立ちしたら、酒、砂糖を加えて少し煮る。
  3. ②にしょう油を加え、汁気がなくなるくらいまで煮る。

 

太めの拍子切りにして、冷凍保存したもので、甘酸っぱい柚子大根にするのもおすすめです。

  

最後に。

冷凍した野菜は、解凍した後に、生の野菜の食感に戻るわけではありません。生の野菜の感覚で使うと美味しく仕上がらないものもあります。解凍後の食感に合わせた料理にすることで、生の野菜では味わえない、奥深い味わいになったりします。今回は、素材ごとに解凍後の食感に合う料理を提案させていただきました。

 

食べきれなさそうな分を、冷凍保存することで、うまく食材を活用できて、尚かつ、新しい食感に出会えていいことづくめ。皆様の楽しい料理の時間になりますように。

 

 

料理家:菊地裕子(きくち ゆうこ)  

1978年 茨城生まれ、茨城育ち。茨城下妻市の自宅とつくば市研究学園で、少人数制の料理教室「べじてーぶるくっきんぐkimamakitchen」を主宰。小さなお子様がいても通いやすいよう、保育士による託児付きのレッスンも開催。京都懐石(裏千家)にて修行を積んだ日本料理人 市村政人氏に師事し、日本料理のエッセンスを散りばめたおうちごはんを提案している。日々の暮らしでは、二人の男の子を育てながら、大人も子供もみんな美味しく食べられるおうちごはんを研究中。
べじてーぶるくっきんぐkimamakitchen  http://www.kimamakitchen.com/
ブログ:「ゆうこのkimamakitchen 」       http://ameblo.jp/yukorin1029/
Facebook:  https://www.facebook.com/kimamakitchen
編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

 

                             
ページ上部へ戻る