読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【遠征レポ】沖縄の“ダチョウらんど”で食べた「肉」と「目玉焼き」が想定外だった

先日、目玉焼きに一番合う調味料を調査したヨッピーさんが、今度は世界最大の目玉焼きを求めて沖縄に行ってきてくれました。世界最大の目玉焼きとは一体どれくらいの大きさなのか? 気になるお値段は? 沖縄県国頭郡にある「ダチョウらんど沖縄」を訪れて、ダチョウの刺身やステーキと一緒に、その驚きの一品を堪能してきました。(国頭・大宜味のグルメ洋食・西洋料理

【遠征レポ】沖縄の“ダチョウらんど”で食べた「肉」と「目玉焼き」が想定外だった

バーグハンバーグバーグ グルメレポ ヨッピー 那覇 ランチ

f:id:bhb_gohan:20141206143240j:plain

突然のヤギの写真でこんにちは。ヨッピーです。

 

以前「みんなのごはん」で「目玉焼きに何をかけると一番合うのは塩」という調査結果報告をしたのですが、その時に目玉焼きについて色々調べていた所、興味深いものを発見しました。

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143305j:plain

「世界最大の鳥類」である、ダチョウの卵の目玉焼きです。

何このデカさ。子供の顔より目玉焼きの方がデカい!

 

これって普通の卵何個分なの? 

コレステロールのとりすぎで太るんじゃないの?

そもそも美味しいの?

 

そんな疑問が湧いてきたのですが、残念ながらダチョウの卵の目玉焼きを出してくれるお店、沖縄なんですよね……!

 

沖縄かぁ。

 

流石にダチョウの卵を食べにわざわざ沖縄まで行くのはなぁ……。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143342j:plain

 

 

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143401j:plain

 

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143413j:plain

はい。沖縄に来ました。

 

人生初めての沖縄です。メンソーレ!(それしか知らない)

そんなわけで早速、ダチョウの卵を食べに行きたいと思います!

 

ちなみにその、ダチョウの卵が食べられる「ダチョウらんど」は沖縄の北の方にあるみたいですけど、いかんせん沖縄の地理をまったく把握してないので全然わかりません。 

 

「まあ沖縄って言っても所詮は小さい島でしょー?楽勝ー!」

みたいなノリで、とりあえず軽い気持ちで出発。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143502j:plain

沖縄は電車があまり発達していないので、現地でレンタルバイクを借りる。「頭が異常にタテに長い人」みたいになっておりますがヘルメットの問題なので気にしないで下さい。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143530j:plain

しかし……

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143545j:plain

 

なんか全然着かないんですけど。

 

「どうなってるんだ?」と思って地図アプリで時間調べたらこんな感じでした。

 

 

f:id:bhb_gohan:20141215131145j:plain

 

めちゃくちゃ遠いやんけ!

バイクだったらさらに時間かかりそう。沖縄を舐めてたかもしれない……!

 

 

いざ「ダチョウらんど」に潜入!

f:id:bhb_gohan:20141206143629j:plain

 

そんなわけで結局高速道路を使い、片道2時間近くかかって「ダチョウらんど」に到着! 入り口の手作り感がすごい!

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143731j:plain

 

こちらが「ダチョウらんど」の内部。なんとなく生活感が溢れてるような気がするのですが、僕の気のせいかな……。

 

 

あ! あれはっーーー!?

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143800j:plain

 

ゴルフバッグだーーーーー!

 

なんで「ダチョウらんど」にゴルフバッグなのかはよくわかりませんが、とにかく謎の生活感に溢れております。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143829j:plain

 

そして突如出現するダチョウ!でかい!

さすが世界最大の鳥類!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143844j:plain

 

なかなか生意気そうなツラがまえです!

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143908j:plain

 

小屋の中には小さいダチョウも。だいたい1年くらいで立派な大人に成長するそうだ。

雄のダチョウは体長が2mにもなるらしい。でけぇ。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143931j:plain

 

ダチョウに手を噛ませる代表の松原さん。知人からこの「ダチョウらんど」を引き継いでもう10年になる。ちなみにダチョウには歯が無いので噛まれても痛くないそうだ。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206143958j:plain

 

何故か子ヤギもいます!

 

 

 

ダチョウの肉を食べよう 

f:id:bhb_gohan:20141206144040j:plain

 

ひと通り見学させていただいた後、ダチョウ料理を味わえるレストラン部分に移動した。古き良き食堂の香りがする。この季節に扇風機が出てる所がいかにも沖縄っぽい!

 

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206144111j:plain

 

メニューがこちら。

 

「ダチョウステーキ」(1,500円)「ダチョウさしみ」(1,000円)「ダチョウたたき」(1,000円)が看板メニューらしい。オリオンビールが安い。

 

よし、ダチョウ料理を片っ端から全部食べてみよう!

 

  

f:id:bhb_gohan:20141206144142j:plain

 

オーダーするとおかみさんが色々とセットしてくれた。

 

僕「ちなみに、ここのダチョウのお肉ってさっき牧場の方に居たダチョウのお肉なんですか……?」

 

おかみさん「違うわよ。他の所から仕入れてるの」

 

僕「安心しました

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141216103047j:plain

 

じゃん! そんなわけで最初に出てきたのがこちら。

 

ダチョウのお刺身!

 

ダチョウと言っても鳥類なので、居酒屋なんかである鳥刺しを想像してたけど色合いが全然違う。真っ赤な赤身です。筋肉の塊感がすごい

 

  

f:id:bhb_gohan:20141216103048j:plain

 

いただきます!

 

うん。美味い。普通の鶏肉とは完全に違う。グニグニした食感の一般的な鶏肉と違って、引き締まっていて「いかにも肉!」っていう食べ応え。なのに、脂肪分が少ないので口当たりがすごくあっさりしている。どことなく馬刺しに似ているかも知れない。

 

  

f:id:bhb_gohan:20141216103049j:plain

 

続いてはダチョウのステーキ

これもしっかりした赤身で、「鶏肉」を想像すると全然違ってビックリしますね。

 

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141216103050j:plain

引力に負けたジジイみたいな顔でいただきます。

 

気になる臭みはゼロ。全然しつこくないのでこれならいくらでも食べられそう。おかみさんに聞いたところダチョウの肉は「ヘルシー食材」として知られているのだとか。

 

プロテイン並の低脂肪・高タンパクかつ、低コレステロール。トレーニング中のアスリートが好んで食べることも多いそう。最近、中年の世界に足を踏み入れてぶくぶくと太ってきた僕にはうってつけ!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141216103052j:plain

  

そして最後がこちら。ダチョウのタタキ!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141216103051j:plain

 

はい、文句無しに美味いですね。確かに脂肪が少ないんですが、かといって筋張ってるわけではなく柔らかくて食べやすい。東京でも、もっと流行って良い気がする!

 

 

いよいよ「ダチョウの卵の目玉焼き」の登場 

f:id:bhb_gohan:20141206144635j:plain

 

 

僕「そんなわけでおかみさん、いよいよ例のモノをお願いします……!」

 

おかみさん「あーはいはい。アレね」

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206144732j:plain

 

どんっ!!

こちらがダチョウの卵だー! でかい!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206144813j:plain

 

両手いっぱいのこのサイズ感伝わりますか?

大体普通の鶏卵20個ぶんくらいの大きさらしい。ずっしりと子犬ぐらいの重量感

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206144859j:plain

 

そして目玉焼きを注文したのに何故かカナヅチが出てきた

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206144959j:plain

 

ダチョウの卵は殻も分厚いので、このようにカナヅチで少しづつヒビを入れながら割っていくそうです。孵化する瞬間、内側から殻を破るヒナの力はカナヅチレベルってことでしょうか。

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145051j:plain

 

そして割れた卵をホットプレートの上に投下!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145133j:plain

 

出たー! これがダチョウの卵じゃーい!

卵黄部分だけで、大きめのお好み焼きくらいのサイズがある。

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145234j:plain

 

すげぇ! ホットプレートが全部埋まった!
この卵白をすするだけでお腹いっぱいになりそう。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145317j:plain

 

しばらく蓋をして火を通したあと、おかみさんに小分けにしていただいた。

 

  

f:id:bhb_gohan:20141206145356j:plain

 

綺麗に焼けました!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145424j:plain

 

「目玉焼きには塩」というセオリーを前回ゲットしたので、ここは塩で食べたいと思います!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141216103053j:plain

 

断面図はこんな感じ!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206145538j:plain

 

ふむ。目玉焼きだ!

まあ当たり前だけど目玉焼きです。ただ、鶏と違って黄身の部分のパサついた感じがまったくなくて、レアチーズケーキみたいなトロっとなめらかな舌ざわり。どうせ大味なんだろ、と思っていたら少し予想を裏切られました。

 

これがダチョウの卵か……!

 

f:id:bhb_gohan:20141206145747j:plain

 

ちなみに塩じゃなくてケチャップで食べた方が美味しかったです。

 

 

しかし……

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206150025j:plain

 

食べても食べてもなかなか減らない!

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206150059j:plain

 

結局全部は食べきれなかったので、おかみさんにタッパーに詰めてもらって持ち帰る事にした。

 

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206150234j:plain

 

ちなみにこの「ダチョウらんど」、テレビの取材なんかもよく来るらしい。この前日も関西テレビさんが来たんだそうだ。

 

僕「すいませんね!  僕の記事なんてしがないもんなので、大した宣伝にならないかも知れませんけど……」

 

おかみさん「あら。良いのよ!好きにバンバン書いちゃって!」

 

僕「ありがとうございます!ちなみにこのダチョウの目玉焼き、おいくらですか?」

 

おかみさん「7,000円」

 

僕「7,000円かぁ」

  

そんなわけで人数で割ればそこそこの値段で食べられるダチョウの目玉焼き。沖縄に遊びに来た際、「ダチョウらんど」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 

 

f:id:bhb_gohan:20141206151312j:plain

  

帰り道、まだ肌寒いのに調子に乗って海に入ったら風邪ひきました。

 

 

 

 

【おまけイラスト】実は超ヘルシー!? ダチョウの肉がすごいワケ

f:id:bhb_gohan:20141216151144p:plain

 

 


ダチョウらんど沖縄|トップページ

 

 

 

 

 過去のグルメ調査隊の記事はこちら

  

ライター:ヨッピーのプロフィール

f:id:bhb_gohan:20140819113215j:plain

「オモコロ」「トゥギャッチ」「ぐるなび」「Yahoo! Japan」「ライブドアニュース」など、さまざまなWEBメディアで活躍中のライター。「WEBでウケること」の第一人者として、タイアップ広告案件なども多数手がける
Twitter ID: @yoppymodel / 公式サイト:ヨッピーのブログ(仮)

                             
ページ上部へ戻る