ハプスブルク家の皇妃が愛した「スミレの砂糖漬け」ってどんなお菓子? 花びらをいただきます!

ウィーンのハプスブルク王家ご用達のお菓子、デメル。皇妃エリザベートが愛した「スミレの砂糖漬け」を、紅茶、ホットミルク、白ワインなどなど色々な飲み物に入れて楽しんでみました。(日本橋のグルメカフェ・スイーツ

ハプスブルク家の皇妃が愛した「スミレの砂糖漬け」ってどんなお菓子? 花びらをいただきます!

こんにちは、ほそいあやです。

皆さんは、デメルというお菓子メーカーをご存知でしょうか。

「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」とも言われている、ウィーン王宮御用達菓子です。

 

公式サイトより:

公式 オーストリア皇帝として長きにわたりヨーロッパに君臨したハプスブルク家の紋章を今もブランドマークとしていただいている「デメル」。その歴史はまさにウィーンの歴史、ハプスブルク家の歴史とともにありました。

 

f:id:posoi:20141106175609j:plain

 

有名なものだと、猫の舌チョコがあります。

以前いただいた時は、かわいいやら美味しいやらもったいないやらで、一日一枚ずつ食べていました。

 

そんなデメルに、密かに人気のあるお菓子があるらしく購入しました。

 

f:id:posoi:20141106175618j:plain

 

これが「スミレの砂糖漬け」。

 

f:id:posoi:20141106175617j:plain

 

箱がえらいカワイイです。

ピン留めとか入れて三面鏡の前に置きたいタイプです。

 

f:id:posoi:20141106175616j:plain

 

中身はこんなかんじ。真っ青!

50グラム入り2,160円という値段は高いのか安いのかよくわかりません。

 

食べてみると、ふわ〜っと花の香りが。

思っていたよりも強くてびっくりしました。

自然な香水のような、女性っぽい香りです。

春にナントカフラワーパークみたいな所に行った感覚になりました。

まったく、シャレオツなお菓子があるものです。

 

f:id:posoi:20141106175614j:plain

 

お湯に入れてみると、まあ!美しい。

きれいなグラデーションになりました。

このまま飾っておきたいです。

 

f:id:posoi:20141106175615j:plain

 

次は、紅茶にいれてみます。

 

f:id:posoi:20141106175613j:plain

 

緑色になるという噂はほんとうなのか?

 

f:id:posoi:20141106175612j:plain

 

うーん、緑にみえなくもないけれど、色が濃くなった感じですね。

でも、とても上級なフレーバーティーになったのです!

 

f:id:posoi:20141106175608j:plain

 

は〜〜〜〜、化粧みたいな味。

でもおいしい〜。

一粒でこんなに味が変わるなんてすごい!

寝間着のまま感動しました。

 

f:id:posoi:20141106175611j:plain

 

ホットミルクに入れたらどうなるのでしょう。

 

f:id:posoi:20141106175610j:plain

 

パステルカラーや!

優雅なイメージから離れ、ポップな飲み物になりました。

ほんのり甘いホットミルクは、朝にぴったり。

100mlに一粒の割合がちょうどよいみたいです。

 

f:id:posoi:20141106182734j:plain

 

夜は、白ワインに入れて楽しみましょう。

 

f:id:posoi:20141106182735j:plain

 

スーパーの安ワインも、これで一気に高級感アップ。

優雅なひとときがあなたを待っています。

 

以上、ハプスブルク王家の皇妃エリザベート(愛称シシィ)が愛した「スミレの砂糖漬け」をお送りしました。

 

男性の方は、ホワイトデーに限らず女性にプレゼントすると高確率で喜ばれると思います。(甘納豆好きの方にもおすすめ)

 

スミレの砂糖漬け|その他商品/ショッピング/DEMEL JAPAN/デメル・ジャパン

 

プロフィール

f:id:g-gourmedia:20140710135612j:plain

ほそいあや

「珍味好き。虫を食べるタイミングでtwitterのフォロワーが激減します」

ブログ:http://seiten4go.com/
Twitter:https://twitter.com/hosoi/

                             
ページ上部へ戻る