東大構内でライブ感あふれる割烹 くろぎの【進化系和菓子】を食す!

東京一予約が取れないといわれている「割烹 くろぎ」の和菓子。丁寧に作られた出来立ての和菓子をこだわりのコーヒーと共に頂く、そんな贅沢体験に歴史感溢れる東京大学本郷キャンパスを巡りながら食してきます!(本郷のグルメカフェ・スイーツ

東大構内でライブ感あふれる割烹 くろぎの【進化系和菓子】を食す!

ようやく涼しくなってきて「食欲」がまずます増してきたライターのまちこです。今回はその「食欲」を「上質」な味わいで満たすため今年5月、東京大学本郷キャンパスにオープンした「廚菓子 くろぎ」にお邪魔してきました。東京一予約が取れないとも言われている「割烹 くろぎ」の和菓子。丁寧に作られた出来立ての和菓子をこだわりのコーヒーと共に頂く、そんな贅沢体験に歴史感溢れる東京大学本郷キャンパスを巡りながら食してきます!

 

まずは江戸時代の大名屋敷跡につくられた東大本郷キャンパスを巡ってみましょう!

江戸時代加賀藩前田家の上屋敷だったこの場所に明治10年(1877年)、東京開成学校と東京医学校が合併して日本最初の大学「東京大学」ができました。その後、歴史の流れの中「帝国大学」、「東京帝国大学」へと変わり昭和22年(1947年)に現在の「東京大学」となります。江戸から明治、昭和から平成へ、数々の歴史の流れの中、変貌し進化していった「東京大学」。敷地内には当時をしのばせる赴きある建物や風景がひろがり、東京帝国大学総長を務めた建築家、内田祥三の通称「内田ゴシック」と呼ばれる建築様式鑑賞など見どころ満載です!

 

赤門

f:id:mgohan_cn:20140817153640j:plain

1827年に造られ、当時を忍ばせる唯一の建物、東大のシンボル「赤門」。その美しい色合いは建設当時の「将軍家から夫人を迎える場合門を朱色に塗る」という慣習によるものです。

 

東京大学 医学部2号館(本館)

f:id:mgohan_cn:20140817160815j:plain

赤門をくぐり銀杏並木の先に見える建物です。登録有形文化財に登録されています。

 

東京大学大講堂(安田講堂)

f:id:mgohan_cn:20140817155226j:plain

現在全面改修中でブルーシートに覆われていた「安田講堂」。東京都登録有形文化財第1号で東京建築士会の「20世紀・東京の建築遺産50選」に選ばれています。

 

東京大学 法文1号館

f:id:mgohan_cn:20140904111538j:plain

 

総合図書館

f:id:mgohan_cn:20140817154346j:plain

関東大震災の際に全焼しましたがロックフェラー財団の寄付によって再建、安田講堂と共に内田祥三の代表建築物のひとつです。

 

歴史の流れが垣間見るマンホール

f:id:mgohan_cn:20140817160919j:plain

まだまだ沢山あるので探してみるのも面白いですね!

 

※他にも登録有形文化財に登録されている正門(横にある門衛所も含む)など歴史的建造物が点在し、東京大学公認の学生による無料キャンパスツアーも開催されています。http://campustour.pr.u-tokyo.ac.jp/

 

東大本郷キャンパス巡りを楽しんだ後は「廚菓子 くろぎ」へ!

春日門そば、ダイワユビキタス学術研究館1階にオープンした「廚菓子 くろぎ」は湯島にある割烹名店「くろぎ」とスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」がコラボしたお店です。

f:id:mgohan_cn:20140817161553j:plain

 

まず近づくと杉板で覆われた壁面が見えてきます。美しく何ともいえぬ表情を醸し出すこの建物は東京大学教授で著名な建築家の隈研吾氏が手掛けたものです。

 

f:id:mgohan_cn:20140817170051j:plain

(外にはゆったり緑を見ながらのテラス席もあります。)

 

こちらの魅力は「くろぎ」の和菓子とそれに合うコーヒーがいただけることに加え、注文してから作られる「出来立て!」の上質な和菓子が味わえることです!

 

その1つ「蕨もち」はわらびの根っこ10キロからわずか100gしかとれない本物の「本蕨粉」でつくられた一品です。

f:id:mgohan_cn:20140817162523j:plain

何ともいえぬ艶黒な色合いで、もっちり、つるり、口の中でとろけるようななめらかさがありながら程よい弾力感。添えられた抹茶きな粉やきな粉、黒蜜をかけて召し上がったり、素のままで頂いたり楽しみ方は自由自在!

 

f:id:mgohan_cn:20140817163226j:plain

一緒に出されるコーヒーには絹しずく(濃口)のアイスコーヒーを選びました。蕨もちとの相性もバッチリです!

 

 

こちらは「葛切り」。吉野葛100%でこちらも注文を受けてから作られます。

f:id:mgohan_cn:20140817162610j:plain

出来上がったばかりの艶やかな葛きりが氷の中で瑞々しさを演出。セットのコーヒーには絹しずく(淡口)のカフェラテを選びました。コーヒーはエスプレッソやペーパードリップなどの抽出方法やカフェラテやカフェモカなどお好みに合わせて選べるのも嬉しいところです。

 

店内では他に出来立ての「あんころもち」や「上生菓子」などがいただけ、お土産にぴったりな商品も揃っています。

f:id:mgohan_cn:20140817212044j:plain

(専用塩をつけて頂く和菓子は新鮮!)

 

 

時代の移り変わりと現代の接点を感じることができる東京大学で、日本古来から愛されてきた大地の食材を愛しみながら出来立てを丁寧に味わう。おもてなしの心が満載でちょっぴり贅沢な食体験はいかがですか?

 

廚菓子 くろぎ

http://r.gnavi.co.jp/pzf6m6xs0000/

文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス 春日門 Daiwaユビキタス学術研究館 1F

03-5802-5577

 

(ライター:まちこ。/編集プロダクション studio woofoo

 

                             
ページ上部へ戻る