読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【検証】味付け革命! 塩をかけると劇的に化ける料理とは!?

素材の味を120%引き出す魔法の調味料『塩』。今回は私ARuFaが定番の焼き鳥以外に様々な料理に塩をかけて食べてみました。塩の醍醐味を満喫できる大船の焼き鳥店も御紹介。(大船のグルメ焼き鳥)

【検証】味付け革命! 塩をかけると劇的に化ける料理とは!?

バーグハンバーグバーグ 大船 グルメレポ ARuFa

こんにちは、ARuFaです。

f:id:bhb_gohan:20140818105422j:plain

突然ですが皆様に質問です。

焼き鳥の味付けは「タレ」「塩」どちらがお好きでしょうか。

 

f:id:bhb_gohan:20140818020758j:plain

たびたび議論される『焼き鳥味付け問題』ですが、僕は塩派です。

理由は「素材の味を楽しめるから」の一言に尽きます。

「塩のみ」というシンプルな味付けゆえに引き出される、素材のうま味…

それはまさに、食通への第一歩と言えるのではないでしょうか。

 

…さて、ここで僕はふと思いました。

 

f:id:bhb_gohan:20140818105423j:plain

『他にも塩だけで食べた方が美味しい物はあるのでは?』…と。

今や飽食の時代。

意外と塩だけの味付けでも十分美味しい料理が隠れている可能性はありますからね。

 

そこで今回は、新たなる可能性の発見のため、

色々な物を塩だけの味付けで食べてみたいと思います!

 

 

f:id:bhb_gohan:20140826140030j:plain

 

No.1 うどん 

f:id:bhb_gohan:20140818105428j:plain

まずは、我々の生活に馴染み深いうどんです。

本来めんつゆをかけたり、煮込んだりするうどんですが、塩だけで食べると一体どんな味がするのでしょうか。

 

f:id:bhb_gohan:20140818020403j:plain

というわけで、茹でたうどんに除霊するかのごとく塩をかけ、食べてみました。

 

f:id:bhb_gohan:20140818105430j:plain

「うお、普通に食べられる!!」

麺をすすった瞬間に感じたのは、うどん本来の小麦の香り。

そして麺を噛みしめると、今まで知らなかった”優しい甘み”が口いっぱいに広がりました。

風邪をひいた時に食べたくなるような、シンプルで温かみのある味です。

これは特売で買ったクソ安いうどんなのですが、これでここまで美味しいとなると、高級うどんでこれをすれば相当の美味しさになること間違いなしだと思います。

 

…まさか初回からここまで美味しくなるとは思いませんでした。

恐るべし塩の力。それではこちらはどうでしょう。

 

 

No.2 ショートケーキ

f:id:bhb_gohan:20140818105424j:plain

さあ次は、デザートの王道「ショートケーキ」に塩をかけて食べてみましょう。

この時点で味付けもクソもないのですが、新しい可能性はビシビシと感じることができますよね。

 

f:id:bhb_gohan:20140818105425j:plain

というわけで、ショートケーキに土俵入りするかのごとく塩をかけて食べてみました。

はたして、食後のデザートは塩をかけるどのように変化するのか!?

 

f:id:bhb_gohan:20140818105426j:plain

f:id:bhb_gohan:20140818105427j:plain

「あ、うんめえ!!」

これ、メチャクチャ好きな味でした。

塩をかけることによりクリームの甘ったるさは消え、さわやかな味になるばかりでなく、

しょっぱさと甘さの味の変化で、飽きずにスイスイ食べることができます。

クリームの味で抑えられがちなスポンジ生地の繊細な味も、塩をかけることにより細部まで味わうことが可能です。

特売で買った爆安ケーキが、どことなく上品な高級ケーキの味になっている気すらします!

これは自分の中で革命が起きたかもしれません。

これからは安いケーキには塩をかけて食べたいと思います。

 

…塩の持つポテンシャルに圧倒されてしまいましたね。

これは次の食材にも期待できそうです。

 

 

No.3 納豆

f:id:bhb_gohan:20140818020357j:plain

さあ、三番手は素敵な日本食、「納豆」に塩をかけてみましょう。

本来ならば、専用タレとからし等で食べる納豆ですが、塩をかけるとどのような変化が起きるのでしょうか。

 

f:id:bhb_gohan:20140818020359j:plain

というわけで、我が物顔で容器に入っていた専用タレとからしを豪快に無視して塩をかけます。

 

f:id:bhb_gohan:20140818020400j:plain

そしてよくかき混ぜた納豆を食べてみると・・・

 

f:id:bhb_gohan:20140818020401j:plain

「大人の味になった・・・!」

口に運んでまず感じたのは、粘り気の強さ!

タレを使っていないので水分量が少なく、粘り気が普段よりも数段増していたのです。

そして、シンプルな味付けが故に感じる熟成された大豆の深い味わい!

うっすらと苦味すら感じ、鼻を抜ける芳醇な香りと相まって大人の味わいへと変化しました。

ご飯に乗せるよりも、納豆単品で食べたい時には塩をかけてみると良いかもしれません。

 

いやぁー、塩には驚かされてばかりですね。

それでは、最後はこちらに塩をかけて食べてみたいと思います。

 

 

No.4 墨汁

f:id:bhb_gohan:20140825100220j:plain

さあ、最後はこちら、「墨汁」に塩をかけて飲んでみたいと思います。

スッキリとした飲みごたえで、野菜ジュースの代わりに飲むことも多い墨汁ですが、

じつはこの墨汁、塩をかけると見事に化けることが判明しました。

 

f:id:bhb_gohan:20140825100222j:plain

 まずはその準備段階として、墨汁をコーヒーフィルターにかけます。

この時、コーヒーフィルターから出てくる墨汁の色はもちろん真っ黒

ブラックコーヒーよりも遊びの無い黒さに、若干の恐怖すら感じます。

 

f:id:bhb_gohan:20140825100224j:plain

それでは、先程ろ過した真っ黒な墨汁にをかけまして、

 

f:id:bhb_gohan:20140825100225j:plain

それをもう一度コーヒーフィルターに通すと・・・

 

f:id:bhb_gohan:20140825100226j:plain

なんと、出てくる水が透明になっているではありませんか。

 

f:id:bhb_gohan:20140825100227j:plain

墨汁に塩を入れることによって何が起きたかは全くわかりませんが、

とにかく透明の水が出てきました。

 

・・・しかし、驚くべきはここから。

透明な液体が出てきたコーヒーフィルターの中には、こんなものが残っていたのです。

 

 

f:id:bhb_gohan:20140825100228j:plain

 ゴロッ・・・

 

f:id:bhb_gohan:20140825100229j:plain

なにこれ。

何が起きたのかよくわかりませんが、真っ黒いナニカがコーヒーフィルターの中から産み出されました。

この世の邪悪を全て含んでいるような底無しの黒さですが、これが何なのかは一切わかりません。

触ってみるとブヨブヨとしており、強くつまむと「ンキュ」という音が鳴りました。

マジで何なんだこれ。

 

f:id:bhb_gohan:20140825100230j:plain

えー、なにこれ? 

 

f:id:bhb_gohan:20140825100231j:plain

えー?

 

f:id:bhb_gohan:20140825100232j:plain

何なの~~~~????

いや、美味かったけども。

口に入れた瞬間に香ばしい香りと塩気が広がって調度良いオヤツみたいだけれども。

舌触りもソフトで、ほろほろ食感が病み付きになるけども。

でも、何これ。

 

塩で味付けをした結果、あまりにも怖過ぎるナニカを生み出してしまいました。

 

 

f:id:bhb_gohan:20140818105423j:plain

…いかがでしたでしょうか。

素材の味を生かし、正体不明のダークマターすら生み出す魔法の調味料『塩』

この塩が活躍する料理や食材は、どうやらまだまだありそうです。

是非ともみなさんも、塩の持つ可能性を探求してみてはいかがでしょうか?

それでは、このへんで失礼いたします。

では。

 

 

ARuFa

f:id:bhb_gohan:20140624160046j:plain

暇人ブロガー。自然を愛する地球の子。

この撮影の後、寝込みました。

ARuFaのTwitter

ちなみに、焼き鳥(塩)を食べるならココがおすすめです。

大船 『鳥まさ 鎌倉本店』

                             
ページ上部へ戻る