身体の内からヒンヤリ!食欲もそそられる夏の「麺」

むしむしと暑い季節は、身体の内側から涼しくなれる冷た〜いヒンヤリ麺がぴったりです!冷やし中華、冷やしうどん、冷麺など、この季節に美味しくなる冷たい麺を食べて、暑い夏を元気に乗り切りましょう!(新宿のグルメ中華)

身体の内からヒンヤリ!食欲もそそられる夏の「麺」

本格的な夏を迎えるこの季節は、蒸し暑く気温の変化も激しいので体調を崩しがち。「火」を使う料理は億劫ですし、食欲も衰えがちです。
こんな季節にはヒンヤリと身体を内側から冷やしてくれ、食欲もそそられる夏の冷たい「麺」がピッタリです!

「始めました!」…がうれしい冷やし中華

冷やし中華始めました!」の、店頭のノボリを見ると、「夏だなあ〜」と感じるほど、初夏の風物詩となっているのが冷やし中華
7月7日は「冷やし中華の日」に設定されているほど、日本人は冷やし中華が大好きです。

f:id:mgohan_cn:20140620112248j:plain


冷やした中華麺に、キュウリやトマトなどの野菜、ハム、蒸し鳥、かまぼこ、錦糸卵、紅ショウガなどを乗せて、冷たい酸味のある醤油タレや胡麻タレで食べるのが一般的で、この原型は「五色涼拌麺」として神田神保町の揚子江菜館が昭和初期に創作したものだそう。
また冷やし中華は、北海道では「冷やしラーメン」、近畿地方では「冷麺」と呼ばれているとか。
いずれにしても、野菜がたっぷりで、肉や卵などタンパク質も食べられ、お酢の力で疲労回復、食欲増進もされ、まさに夏にぴったりのヒンヤリ麺です。
海鮮類を乗せた豪華版や変わり麺など、お店によって具材や麺の種類も様々なので食べ比べも楽しい夏の麺です。

冷やしうどん・そば

食欲のない時にもつるつるっと手繰ることができる、冷やしうどんや冷やしそば。
特に冷やしうどんは、讃岐系の太くてコシのあるうどんから、稲庭系の細めのうどんまで麺の種類も色々あり、どんな具材や味付けとも相性が良いので、豊富なメニューを展開するお店も多いようです。

f:id:mgohan_cn:20130406234827j:plain


夏向きで人気があるのは、天かす、油揚げ、ネギ、キュウリなどが乗った冷やしたぬきや冷やしキツネ、野菜をたっぷり乗せたサラダうどん、冷たい麺つゆやゴマだれを付けながら食べる冷やしうどんなど。
野菜や大根おろし、みょうが、たたき梅、すだちやレモンなど柑橘系のしぼり汁など、さっぱりとした具材の冷やしうどんは、暑い時でも食欲もそそられます。
冷やしそばで人気があるのは、やはりうどん同様に冷やしたぬきや冷やしキツネ、冷やしトロロやおろし、冷やし納豆そばなど。
うどんでもそばでも、具材が多いほど栄養のバランスも良いので、夏バテ気味の時の時には積極的に食べたいものです。

日本の夏の定番!そうめん

小麦粉を原材料としたそうめんは、まさに日本の夏の定番ヒンヤリ麺!乾麺なので日持ちもするし、あっという間にゆだるので作るのも簡単です。
ダシ醤油のツユで、ネギ、しょうが、みょうが、青紫蘇、おろしワサビなどを薬味として食べるのが定番ですが、ちょっと物足りない時には、あげ玉や、チャーシュー、ハム、錦糸卵、天ぷらなどをトッピングするのがおすすめです。
また、暑い時にはツユを濃い目に作ってロックアイスを浮かべて冷やしましょう。
氷が溶けてツユが薄くなるのが気になる場合は、ツユ自体を製氷皿で氷状にしてツユに入れると、最後までヒエヒエ状態のまま食べることができます!
普通の醤油や胡麻ツユに飽きたら、サラダ仕立てにしたり、タイ風に冷たいそうめんにイエローカレーなどのタイカレーをかけて食べても美味しく頂けます。

冷た〜いツユも飲み干したい!つるつる冷麺

冷麺というと焼肉屋さんで食べるものがポピュラーですが、大きく分けると朝鮮・韓国式の冷麺と日本式冷麺があります。

f:id:mgohan_cn:20140620112839j:plain


朝鮮・韓国式の冷麺のルーツは朝鮮半島の平壌で、そば粉、でんぷん、小麦粉などを使用した麺を使用し、高麗キジのだし汁に大根の水付けの汁を加えたスープを用いたもの。
そして、その伝統の冷麺が日本に伝わり発展したのが盛岡冷麺だと言われています。
盛岡冷麺は岩手県で製造したもので、そば粉を使用せず小麦粉とでん粉を用い加水は40%以上などと、定義が決まっています。
硬さやスープの味、具材などはお店によって異なりますが、一般的には、キムチ、梨やスイカなどの果物、ゆで卵、チャーシュー、ネギ、胡麻などが乗っていて、好みでお酢をかけて食べます。
つるつると喉越しが良いヒンヤリした麺をたぐり、酸味のある冷た〜いスープを飲み干せば、身体の内側から涼しくなります。

この他にも、冷やしラーメンや、冷やしフォー、冷やしパスタなど、年々バラエティ豊かになってきている夏のヒンヤリ麺。
色々と食べ歩いて「これだ!」と思うお気に入りがあったら、自分でもオリジナルを作ってみてはいかがでしょう。


夏のヒンヤリ麺が食べられるお店

和、洋、中、エスニックの冷たいヒンヤリ麺を食べ歩き!

冷やし中華

『希須林 小澤(きすりん おざわ)』(阿佐ヶ谷)
お洒落な雰囲気の中華料理店。彩りも美しい野菜たっぷりの冷やし中華が頂けます。
http://r.gnavi.co.jp/90dk6cmr0000/

サラダうどん

『三国一(さんごくいち)』(新宿
毎日工場直送で届く手打ちうどんの店。全国のご当地うどんが頂けますが、特製マヨネーズのサラダうどんは定番人気です。
http://r.gnavi.co.jp/2g0m2b530000/

そば

『永坂更科 布屋太兵衛(ながさかさらしな ぬのやたへい)』(新宿
伝統ある老舗のそば屋。石挽きの本格的なそばを甘口、辛口の二種類のつゆで食べることができます。
http://r.gnavi.co.jp/g203815/

冷やしたぬき

『翁庵(おきなあん)』(上野
風情のある日本家屋の人気そば屋。天かすやキャベツ、キュウリなど具材たっぷりの冷やしたぬきはここの名物。
http://r.gnavi.co.jp/g0970z6r0000/

冷麺

『ぴょんぴょん舎 GINZA UNA(ぴょんぴょんしゃ ぎんざうな)』(銀座
抜群のロケーションを持つ店内で、盛岡冷麺のパイオニア、ぴょんぴょん舎の名物冷麺、ビビン麺、そば冷麺盛岡冷麺、センナムル冷麺などが頂けます。
http://r.gnavi.co.jp/e155300/

冷やしフォー

『Com Pho(コムフォー)』(丸ノ内)
日本初のフォー専門店。モチっとした食感とツルツルのフォーは女性に大人気。夏場は期間限定の「ぷりぷり海老の冷やしトムヤムフォー」が人気です。
http://r.gnavi.co.jp/a186406/


トマト冷麺

『太陽のトマト麺Next新宿ミロード(たいようのとまとめん ねくすと しんじゅくみろーど)』(新宿
美容にも健康にも良いトマトを使ったラーメン店。夏限定の冷たいスープの「夏ココナッツ海老トマ冷麺」がおすすめです。
http://r.gnavi.co.jp/48sajbg20000/

 

 

(ライター:M.伝蔵/編集プロダクション studio woofoo

 

新宿でそばを食べるなら、こちらから。
http://r.gnavi.co.jp/area/aream2115/soba/rs/
新橋でそばを食べるなら、こちらから。
http://r.gnavi.co.jp/area/aream2107/soba/rs/
銀座でそばを食べるなら、こちらから。
http://r.gnavi.co.jp/area/aream2105/soba/rs/
丸の内でそばを食べるなら、こちらから。
http://r.gnavi.co.jp/area/aream2141/soba/rs/

                             
ページ上部へ戻る