【一つ目駅は秘密の花園】下神明駅近くの古民家カフェとテラス居酒屋

「一つ目駅は秘密の花園」第2回目の今日は東急大井町線の下新明駅。アンギュレーションのある地面に古く懐かしい家々が並び、にこやかな人たちが迎えてくれます。(五反田のグルメ居酒屋)

【一つ目駅は秘密の花園】下神明駅近くの古民家カフェとテラス居酒屋

東京に向かう東海道新幹線が、新横浜を出て、品川駅に着く手前、大層高い所を、ややスピードを落として走ります。

一瞬ですが、車窓から低い家並みや新旧の低層マンションなどの谷間に、直角に交差する複線の線路と相対式の小さなホームが見えます。とても気になる西品川の下神明駅界隈です。

 

f:id:mgohan_cn:20140321184244j:plain

 

京浜東北大井町駅から直角にホームの付いている東急電鉄大井町線。ホームからは品川大崎方面の高層ビル群が空に浮かんで見えます。

発車して、右側の横に長いマンションの気を取られていると、下神明駅に着いてしまいます。

高架にあるホーム、更に高い所を東海道新幹線が、高架下をJR在来線が通る、三段重ねの風景です。在来線は先で、横須賀線と支線新宿湘南ラインが平行に分岐します。駅前の神明児童公園には赤いタコが二匹じっと動かずに子供たちと遊んでいます。

 

f:id:mgohan_cn:20140321152455j:plain

 

その線路に挟まれた中洲の住宅地にこっそり建つ「カフェ・グラン・ジュテ」は権現台踏切の近く、記憶に残る昭和40年代の東京の、静かな戸建住宅です。

電話で営業を確認してから言ったので「場所、お分かりになりました」とオーナーがにこやかに迎えてくれました。静かです。時折り、ガタっと風がガラス戸を揺らし、柱時計の振り子のリズムと暖簾の向こう側にあるデジタル時計の点滅が同期しています。

通過する列車はどこを走る列車でしょうか。ホームメードのオレンジケーキは思いの外、ボリュームがあるスウィーツでした。木・金・土の週三日の営業です。

 

カフェ・グラン・ジュテ
品川区西品川1-22-14 03-3495-5003
営業時間12:00~17:00LO  日~水休
http://r.gnavi.co.jp/245rk7sk0000/

 

f:id:mgohan_cn:20140321154152j:plain

 

新幹線高架橋の下を走る横須賀線と支線の新宿湘南ラインが分岐する辺りの線路脇に黒板塀のテラスがあります。ここは鉄ちゃん鉄子さん垂涎の「テラス居酒屋ちどり足」です。

目の前を小田原行きや宇都宮行きなどが行き来し、中空をN700アドバンスが滑って行くのが見えます。工夫を凝らしたメニューが並びますが、圧巻は「しらすバターライス」。にこやかな店長のお婆様直伝のごはんです。お店一番の人気メニュー「ホウレンソウとベーコン炒め」と一緒にいただきます。

 

■テラス居酒屋ちどり足
品川区西品川1-28-22  03-3785-5217
営業時間 19:00~26:00 日休
※「4月からはもう少し早くから開店する予定です。(店長弁)」
http://r.gnavi.co.jp/n0uupmk00000/

 

f:id:mgohan_cn:20140321203826j:plain

 

 

(ライター:関能克則/studio woofoo

 

                             
ページ上部へ戻る