ぐるなび みんなのごはん

あなたの”食べたくなる”を作る

こんなにフワッとしていたなんて知らなかった…!「マッシュポテト&ステーキ」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「マッシュポテト&ステーキ」です。レシピはこちら!⇒1センチ厚みのいちょう切りしたジャガイモはを鍋でかぶるくらいの水を入れてゆで、軟らかくなったら、湯がなくなる前にクリー…

真っ昼間から”餃子ビール”を堪能…! 高円寺の中華屋「七面鳥」はビールがセルフ、オムライスもレバニラも最高で週3で通いたくなるんだが

「餃子とビールでまったり飲みたい!」「なんなら腹ごしらえもしたい」なんていう気分の時にピッタリの高円寺の町中華「七面鳥」(東京都杉並区高円寺南4-4-15)を紹介します。お酒は注文するのでなく、店に入ってすぐの冷蔵庫から好きな酒を取って席に座る…

あんこカツが想定外に美味しすぎる…!グルメ界隈注目のあんこ料理が食べられる京都・山科「和」に行ってきた

独創的なあんこ料理をいただける「お食事処 和」(京都府京都市山科区西野大鳥井町78-3)を紹介します。こちらの看板メニューは「あんこカツ」。甘いあんこを豚肉で包み、衣をつけて揚げたメニューです。「本当に美味しいの?」と疑ってしまう組み合わせです…

ひっくり返し方もバッチリ!広島駅構内でお好み焼きの作り方を学べる体験スタジオに行ってきた

広島駅に2018年10月にオープンしたお好み焼き体験スタジオ「OKOSTA-オコスタ-」(広島県広島市南区松原町1-2広島駅ekie内)を紹介します。 お好みソースでおなじみのオタフクソースが運営するこのスタジオでは、お好み焼士の先生が、広島お好み焼きを焼いた…

鯛だしの旨味が大爆発…!福岡「春香」の鯛塩ラーメン&お茶漬けがあまりに美味しくて感動した

鯛塩ラーメンがあまりに美味しい「春香(シュンシャン)」(福岡県福津市西福間1-10-15)を紹介します。福津市とは、福岡市と北九州市の真ん中くらいにある都市。福岡の中心地からは少々離れますが、それでも訪れてほしいくらい、鯛だしの塩ラーメンが絶品な…

怪獣(オトコ)はソレを我慢できない…!【青木U平の「酩酊! 怪獣酒場2nd」第38回】

毎月第1・3木曜日更新! 川崎に実在する居酒屋「怪獣酒場」をモチーフにした、唯一無二の“怪獣×グルメ”コメディ、待望の第2シーズン!! 店員もお客もウルトラ怪獣だらけの「怪獣酒場」にバイトとして入った、うるま寅次郎。第1シーズン45話かけて仕事に慣れ、…

究極のご飯泥棒だ…!「鮭キムチ」は切って漬けるだけなのに白ご飯が一瞬でなくなるウマさ

簡単美味しい「鮭キムチ」の作り方を紹介します。作り方はきわめて簡単で、刺身用サーモンをキムチの素、キムチ、ごま油と混ぜ合わせて漬けるだけで完成。そのままご飯のおかずになるのはもちろん、お茶漬けなどでいただいても美味しいですよ。温泉卵とあわ…

ウワサの「生きてる餃子」、西川口の現地感ハンパない中華料理、「北海道チーズ蒸しケーキ」をアレンジ、仙台名物で妻をおもてなしほか|先月の人気記事ランキング

「みんなのごはん」人気記事ランキングを紹介します。10月1日から10月31日までに公開した記事で、アクセス数の多かったものTOP5です。1位は、「生きてる餃子」を食べられる「手延でっかい餃子 曽さんの店 代々木店」を紹介した記事。肉汁が「あふれ出す」と…

これもう別次元の美味しさ…!練馬「酎ハイスタンド 練屋」で極上のお茶割りを飲んできた

「酎ハイスタンド 練屋」(東京都練馬区豊玉北6-14-2)では、こだわりのお茶を使ったお茶ハイを楽しめます。看板メニューは「凍頂烏龍ハイ」ですが、紅茶のような香りの烏龍茶を使った「東方美人ハイ」、濃厚な静岡の川根茶を使った「緑茶ハイ」、香りだけで…

「こんなの寿司じゃない!」そう思っていたのに…カリフォルニアロールに人生を賭けた男

カリフォルニアロールはじめ「うらまき」の専門店「うらまきや」(東京都港区東麻布2-4-7 白井ビル1F)を紹介します。イートインはできず、テイクアウトとデリバリー専門です。メニューは、カニカマやアボカドを使った「カリフォルニアロール」、ハマチやチ…

6種のチャーシューがたまらない…!新潟では異例の隠れ家ラーメン店「越後中村家」の肉そばが最高だ

今回は新潟市にあるとても目立たない立地にある穴場的なお店「越後中村家」(新潟県新潟市中央区万代5丁目4-34)をご紹介したいと思います。車社会の新潟では、車通りの多い道沿いに目立つ様なつくりのお店が多いのですが、こちらは、地元の人以外は通らない…

「ここはお魚天国…」福岡・大手門の食事処「ごはんや 飯すけ」で魚のおいしさにハマッてしまった

「ご飯と魚が美味しい定食屋」をテーマにする食事処「ごはんや 飯すけ(はんすけ)」(福岡県福岡市中央区大手門3-3-24)を紹介します。店主の三宅悠介さんは、山口・東京・群馬の割烹や旅館で10代の頃から腕を磨いたという、和食一筋13年の料理人。福岡や長…

肉を食べまくる準備はOK?29日(にくのひ)に読むべき肉の名店・レシピ記事27選

今月もやってきた「29の日」。来月11月は「いいにくの日」ですから少し早めの忘年会にお肉料理はいかがでしょう。そのためにはリサーチが必須ということで、みんなのごはんで過去に人気だった肉の記事をまとめてみました。どの記事もお肉をたっぷりいただけ…

ぜんぶ炊飯器に入れるだけ!韓国の肉じゃが「カルビチム」があまりに簡単ウマくて我が家の定番になりそう

牛カルビ肉とじゃがいも、にんじんなどを甘辛く煮込んだ韓国の家庭料理「カルビチム」をご存知でしょうか?日本でいう「肉じゃが」のようなポジションで、ゴロっと入ったお肉、肉の旨味をよく吸い込んだじゃがいもが大変美味しいのです。日本で手軽に作れる…

今年の夏は暑かった…!女子サポを感服させた水戸の予算以上の「がんばり」とは…【能田達規『ぺろり!スタグル旅』第35回:VS水戸】

“サッカー”דグルメ”=ぺろり! Nリーグ2部・千葉ユニティの熱烈な女子サポ2人。もちろんチームの応援もするけれど、真の目的は“スタジアムグルメ”。まだ見ぬ地元のソウルフードを求めて、今週末も2人は西へ東へアウェイ遠征。サポーターの胃袋を刺激する「…

この店は佐渡より佐渡では…? 佐渡島内の日本酒と名物が集結する西浅草「だっちゃ」が素晴らしすぎた

東京にいながら、新潟県・佐渡島の美味しいものを堪能できる「だっちゃ」(東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル1F)を紹介します。カニや南蛮エビ(甘エビ)、牡蠣、イカ、サザエといった海鮮、いごねりやへんじんもっこの生サラミ、ふぐの子粕漬けといった特…

移籍、代表落選、世代交代……名良橋晃のサッカー人生は葛藤との戦いだった

有名サッカー関係者にさまざまなエピソードを伺うこのインタビューシリーズ。今回は名良橋晃さんに登場していただきました。ベルマーレ平塚で攻撃的なサイドバックとして日本代表入りして以降、鹿島アントラーズでも一時代を築き、1998年のフランスW杯では3…

最高に美味いコース料理が5500円で飲み放題つき!渋谷の隠れ家「きになるき」がやばい…!

5,500円で創作和食のコースとこだわりのお酒が飲み放題が味わえる「きになるき」(東京都渋谷区円山町5−3萩原ビルB1F)を紹介します。行くたびに違う料理のコースが出てくるのですが、毎回食べられるのが熟成まぐろの刺身。わさびと塩でいただくのですが、塩…

梅干し級に酸っぱい野菜「ルバーブ」って知ってる?名産地の長野県でハンバーガーやケーキを味わい尽くしてきた

ルバーブという野菜を知っていますか? ルバーブは顔や足のむくみ解消にもなるカリウムを多く含む野菜で、主に長野や北海道などの寒冷地で栽培されている野菜です。生命力が強く、苗を植えれば5年ほどは収穫できるんだそう。長野県内の道の駅やスーパーでは…

ホタテの貝柱みたいで食感がすごくいい…!「エノキつくね」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「エノキつくね」です。レシピはこちら!⇒ボウルに鶏ひき肉と、4等分に切ったエノキをほぐしながら入れます。エノキがなじんでまとまるまで混ぜ、塩とコショウをふったら、小さめの…

オーガニックって何だろう? 全国各地を飛び回る「旅する八百屋」が語った野菜の今とは

日本は野菜のタネを自給できていないって知ってました? この記事では全国各地の農家さんのもとを訪れて野菜を吟味し、またある時はフェスやイベントに移動式の八百屋として活動する「旅する八百屋」こと青果ミコト屋さんに、彼らが考える「オーガニック」と…

背脂カレー麻婆麺の中毒性がすごい…!「あかずきん」は都内激辛ラーメンの聖地に認定したい

小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅にある「あかずきん」(東京都世田谷区砧8-6-27)を紹介します。こちらでは、辛いけど後引く美味しさの麻婆麺がいただけます。コシの強い麺にとろっとろで濃厚な麻婆豆腐がたっぷりかかったメニュー。口に運ぶと旨味が広がり、後か…

「つくね」がうまい店はどの串もうまい…! 都内で本当につくねが美味しいお店5軒

定番のおつまみにスポットをあて、「○○で飲む」ならこちら、というシリーズです。今回は「東京でつくねが美味しいお店」を5軒紹介します。やきとん激戦区板橋からは「やきとんやんぐ」(板橋区板橋1-20-1)のインスタ映えばっちりの炙りチーズのつくねを。ま…

ご飯のお供がハンバーガーに変身!鹿児島霧島市の「ひものcafé」の鯖バーガーが絶品だった

干物を使ったハンバーガーを食べることができるひものcafé酒元水産直売所 ( 鹿児島県霧島市隼人町真孝2738-4)をご紹介します。干物といえば、 ご飯のお供ですが、ここではアボカドなどと共にパンに挟み、ハンバーガーとして提供されます。食べてみると、サ…

ほとんど接待!出張先の仙台に押しかけてきた妻を絶品「牛たん定食」と名物「ずんだ」でもてなしました。【フミコフミオの夫婦前菜 部長篇第45回】

人気連載「フミコフミオの夫婦前菜」です。今回は出張で仙台へと旅立ったところ、そこに奥様が合流してしまい、ほぼ接待となってしまった一部始終について書いていただきました。紹介する飲食店は牛タンの名店「たんや善治郎」(宮城県仙台市青葉区中央1-8-3…

これ、罪深すぎでは…?「北海道チーズ蒸しケーキ」をヤバうまにするアレンジを料理研究家が本気で考えてみた

山崎製パンのロングセラー商品「北海道チーズ蒸しケーキ」。スーパーやコンビニなどで手軽に購入できるうえ、チーズの香り豊かな味わいにふわっふわ食感が美味しく、ファンの多い商品です。このチーズ蒸しケーキを、冷凍庫で凍らせてみたり、トースターで焼…

生ハムカットの大会で優勝…!? 本場・スペインが認めた「ワールドクラスの生ハム」を食べられるバーが千葉県にあった

千葉県船橋市にある「Bar篠崎」(〒273-0005 千葉県船橋市本町1-8-29 FSビル2F)は、本場スペインの生ハム大会で優勝したマスター・篠崎新平さんがいます。生ハムをカットする大会「コルタドールコンテスト」で現地人と競い優勝したという生ハムカットの腕前…

根っこだって甘いんだ…!「ホウレンソウとエビの炒め物」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「ホウレンソウとエビの炒め物」です。レシピはこちら!⇒ホウレンソウを下から3センチくらいでカットし根元だけにします。根元は縦に、4等分に切り、残りはエリンギと共に食べやすい…

肉厚ジューシーな巨大ハンバーガーにかぶりつけ!福岡・高宮の本格ダイナーでアメリカンな気分を満喫してきた

サクっと香ばしいバンズと、鉄板で焼く手ごねパティでいただく巨大ハンバーガーが幅広く支持されている アメリカンバーガー専門店「SEA DINER RESORT(シーダイナーリゾート)」(福岡県福岡市南区高宮1-1-10)をご紹介します。今回、注文したのは幅約15cm・…

ちょ、肉汁が飛び出すぎ…!ウワサの「生きてる餃子」が想像以上に激ウマだった

「生きてる餃子」を食べられる「手延でっかい餃子 曽さんの店 代々木店」(東京都渋谷区代々木1-33-2)を紹介します。肉汁が「あふれ出す」といった生易しいものではなく、勢いよく飛び出すことから、「生きてる餃子」というネーミングになりました。もっち…

パプアニューギニアと手打ち蕎麦…?カオスな店主がいる「ニウギニ」は想像以上にワクワクする店だった

日本では珍しい、パプアニューギニア料理がいただける「ニウギニ(NIUGINI)」(青梅市大柳町1203 清宝院内)を紹介します。パプアニューギニア料理と本格的な手打ち十割そば、美味しいコーヒーがいただけるという不思議なお店です。店主のアポ・ファニウフ…

勢いでホントに来ちゃった…女子サポは沼津で「これ以上ない組み合わせ」を知ってしまった【能田達規『ぺろり!スタグル旅』第34回:VS沼津】

“サッカー”דグルメ”=ぺろり! Nリーグ2部・千葉ユニティの熱烈な女子サポ2人。もちろんチームの応援もするけれど、真の目的は“スタジアムグルメ”。まだ見ぬ地元のソウルフードを求めて、今週末も2人は西へ東へアウェイ遠征。サポーターの胃袋を刺激する「…

「辛ラーメン」はちょい足しで何倍もウマくなる…!辛ラーメン愛好家が教えるアレンジレシピ

韓国発祥の「辛(しん)ラーメン」をご存知でしょうか?袋麺タイプとカップ麺タイプがあります。クセになる旨辛な味わいで、日本でもずいぶんとメジャーな存在になりました。そのまま食べても美味しい辛ラーメンですが、ちょい足しアレンジをすると、違った…

唯一無二のふわっふわ食感が最高!大阪らしいお好み焼きを食べたければ「おかる」は絶対外せない

大阪らしいお好み焼きが食べたい人には絶対に行ってほしい老舗、それが「おかる」(大阪府大阪市中央区千日前1-9-19 )です。戦後間もなくから営業していた「おかる」は伝統の焼き方でふわっふわの食感を実現。さらに日本で初めてステンレス製のコテを使い始…

背脂醤油ラーメンの伝統を守る「福来亭 白山町店」はやっぱりガチ旨…!聖地・新潟県燕市で極上の一杯を見つけた

新潟には背脂醤油ラーメンの文化が根づいていますが、その中でも外せないのが「福来亭 白山町店」(新潟県燕市白山町1-9-21)です。こちらのお店は元祖である「杭州飯店」の初代店主のお孫さんが、「杭州飯店」で修行した後にオープンしたお店。元祖の血統を…

口の中が永遠に唐揚げの一口目…「鶏皮チップス」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「鶏皮チップス」です。レシピはこちら!⇒鶏の皮を平らにしてフライパンに広げ、内側を下にして、落としぶたをのせます。弱火でじっくり火を入れ、鶏皮からジワジワと脂を出し、焼き…

青汁を使ったメニューがいっぱい!?博多駅近くに誕生した健康志向のオシャレカフェに潜入してきた

2018年7月1日、“都心のオアシス”として地元民に親しまれる中比恵公園前に誕生した「33 CAFÉ GREEN(サンサンカフェグリーン)」(福岡県福岡市博多区博多駅東3-5-15 アサヒ緑健本社ビル1F)をご紹介します。「青汁を多くの人に手軽に飲んでほしい」という思…

かけたら即エスニック風に…!ベトナムの食べるラー油「サテトム」にドハマリしたので再現してみた

ベトナム版の「食べるラー油」ともいえる調味料「サテトム」の作り方とアレンジレシピを紹介します。サテトムとは、海老とレモングラス、ニンニクの香りがするピリ辛な調味料。お料理にちょい足しするだけで、とたんにエスニック風に変身します。カルディや…

「海外移籍は失敗」と言われても……水野晃樹は試練を乗り越えるとき、高校時代を思い出す

有名サッカー関係者にさまざまなエピソードを伺うこのインタビューシリーズ。今回はロアッソ熊本の水野晃樹選手に登場していただきました。ジェフ千葉でオシム監督の薫陶を受け、セルティックへと移籍した経歴はサッカーファンの多くが知るところだと思いま…

究極のラーメン、それは“だし”次第!【青木U平の「酩酊! 怪獣酒場2nd」第37回】

毎月第1・3木曜日更新! 川崎に実在する居酒屋「怪獣酒場」をモチーフにした、唯一無二の“怪獣×グルメ”コメディ、待望の第2シーズン!! 店員もお客もウルトラ怪獣だらけの「怪獣酒場」にバイトとして入った、うるま寅次郎。第1シーズン45話かけて仕事に慣れ、…

西川口はガチ中華タウンに進化していた…!現地感ハンパない中華料理が旨すぎて本気で移住を考えています

西川口が中国化していると言われて久しいですが、当然のことながらグルメもガチンコな中華グルメが独自進化しています。中国現地っぽいもの、屋台料理系から本格的な鍋料理まで、ある意味で中国現地よりも手っ取り早くガチ中華グルメを堪能できると言っても…

メキシコ料理の一番美味しいお店は日本にありました

メキシコ料理といえば、タコスやブリトー、ナチョス、モレなどが有名です。本場メキシコのメキシコ料理はもちろん美味しいのですが、日本・東京でも美味しいメキシコ料理をいただけます。そのお店が「テピート」(東京都世田谷区北沢3-19-9)。店主の滝沢さ…

今、何を食べたいかそっと心に聞くと必ずいる…「豚玉天お好み焼き」のレシピ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」。本日のレシピは「豚玉天お好み焼き」です。レシピはこちら!⇒芯を含めてキャベツは粗みじん切り、ネギは小口切りにし、ちくわは細かく刻みます。 ボウルで薄力粉、昆布茶、冷水、塩を混ぜて生地を…

だいたい325円の衝撃…!経堂で一品料理とおばんざいが安くて美味い最高の酒場を見つけた

お酒もお料理も、ほとんどが325円という「酒と料理 凧(はた)」(東京都世田谷区経堂1-19-12 遠州ビル2F)を紹介します。手作りのおばんざいや新鮮なお刺身、ユニークな創作料理など、いずれもこだわりのお料理が325円でいただけるお店です。なかには、松茸…

タコの刺身に合うしょうゆ、「天下一品」の特別メニュー、究極のズボラ飯、崎陽軒のお弁当全レビューほか|先月の人気記事ランキング

「みんなのごはん」人気記事ランキングを紹介します。9月1日から9月30日までに公開した記事で、アクセス数の多かったものTOP5です。1位は、超長文にも関わらずネット上で大反響を巻き起こした「タコの刺身が好きすぎるので最高に合うしょうゆを100本の中から…

自家製ジンは作りは究極に自由な世界だった…! 自宅でも作れる世界に一つだけのオリジナルジンはお世辞抜きで美味いという話

最近、日本で“プレミアムジン”がブームになっています。プレミアムジンとは文字通り高級路線のジンのこと。日本でのブームの火付け役になったのは2016年に操業をはじめた京都蒸留所の「季の美」というクラフトジンですが、今や国産ウイスキーメーカー大手を…

戦況は刻一刻と変化している…!女子サポが発見した隠しルートとは…?【能田達規『ぺろり!スタグル旅』第33回:VS大宮】

“サッカー”דグルメ”=ぺろり! Nリーグ2部・千葉ユニティの熱烈な女子サポ2人。もちろんチームの応援もするけれど、真の目的は“スタジアムグルメ”。まだ見ぬ地元のソウルフードを求めて、今週末も2人は西へ東へアウェイ遠征。サポーターの胃袋を刺激する「…

崎陽軒のお弁当ぜんぶ食う大作戦

横浜名物といえばおなじみ崎陽軒のお弁当。シウマイ弁当をはじめとした各種お弁当は、駅で購入したり、ショップで購入したりと、神奈川県を中心に根強いファンがいます。しかし、崎陽軒のホームページを見ると、シウマイ弁当だけでなく、非常に多種多様なバ…

3000円で「店内のワイン100種類ぜんぶ飲み放題! 食べ物は何でも持ち込みOK!」っていう超絶コスパな本格ワインバーがあるんだが

世界中から集めた100種類を超える本格ワインを、リーズナブルな定額制で好きなだけ飲めるワインバー「nomuno」(東京都港区赤坂3-19-1東京農村ビル3F)を紹介します。 このお店はなんと3000円でワイン100種類飲み比べ放題。しかも生ビールやハイボールも飲め…

箸を入れたら肉汁じゅわぁぁぁ!京都のハンバーグ好きをトリコにし続ける「とくら」がハンパじゃない

京都で肉汁あふれるハンバーグといえば「手作りハンバーグの店 とくら」。京都の中心部から少し離れた桂本店と新堀川店しか店舗がなかったのですが、2018年8月にようやくファン待望の「手作りハンバーグの店 とくら 京都三条店」(京都府京都市中京区三条高…

                             
ページ上部へ戻る