ぐるなび みんなのごはん

あなたの”食べたくなる”を作る

ルリ子 執筆記事一覧|みんなのごはん

新潟県在住のライター、五十川ルリ子の記事一覧ページです。
味のある店や、地域で愛されるグルメの秘密を探求するのが好き。
NGT48ヲタでもあり、SHOWROOMの視聴が日課。

Twitter:@ruricocoa
ホームページ:http://rurico.net/

梅干し級に酸っぱい野菜「ルバーブ」って知ってる?名産地の長野県でハンバーガーやケーキを味わい尽くしてきた

ルバーブという野菜を知っていますか? ルバーブは顔や足のむくみ解消にもなるカリウムを多く含む野菜で、主に長野や北海道などの寒冷地で栽培されている野菜です。生命力が強く、苗を植えれば5年ほどは収穫できるんだそう。長野県内の道の駅やスーパーでは…

富山ブラックは県民に賛否両論!? しょっぱいけど癖になるご当地グルメ「ブラックラーメン」は新潟に進出すべきだ

富山のブラックラーメン、通称富山ブラックは富山グルメの代表格としてテレビや雑誌でよく紹介されているんですが、どうやら富山県民のあいだでは物議を醸している模様。「しょっぱすぎる」など厳しい意見もあるようです。ブラックラーメン発祥の店「西町大…

江口だんごのみたらしミルクかき氷が最高…!美味しいメニューを厳選し新潟長岡の老舗を紹介します

長岡市の四代続く老舗「江口だんご」(新潟県長岡市宮本東方町52-1)は、新潟を代表する甘味処です。季節によってメニューは変わりますが、特に夏のメニューがおすすめです。中でも人気が高いのは「みたらしミルクのかき氷」。だんご屋さんのつくる、みたら…

老舗で食べた山本五十六の独自アレンジ「水まんじゅう」が仰天の発想…!新潟人の知恵が詰まった和菓子はまさかの美味しさでした

新潟県長岡市出身の山本五十六は、大の甘党だったと言われているのですが、戦時下の日本では配給制度で砂糖の入手がとても困難でした。そこで甘くないまんじゅうを自己流で甘くアレンジして食べていたというのです。そこで今回は創業明治23年の「川西屋本店…

沖縄通なら絶対知ってる有名店3選はココだ!沖縄名物タコライス、ソーキそば、ステーキの旨い店まとめ

沖縄に行ったら名物は必ず食べたいですよね。沖縄にはタコライスやソーキそばなど名物を食べられる有名店が数多くありますが、地元の人にも支持される沖縄らしいお店という視点から店舗をチョイスし、実際に食べておいしかった3軒をご紹介したいと思います。…

日本にいながら怒涛のアメリカングルメが堪能できる!沖縄「ホワイトビーチフェスティバル」は肉好きの天国だった

うるま市にある米軍基地(ホワイト・ビーチ)で “ホワイトビーチフェスティバル”をご存知ですか? 日本に居ながらにして怒涛のアメリカングルメを体感できるお祭りでもあります。約20店舗のアメリカンフードの屋台が並ぶほか、米軍や海上自衛隊の軍用機の展…

2,500円で500種類の日本酒が飲み放題だと…!?「にいがた酒の陣」はガチ勢も初心者も大満足の日本酒フェスだった

毎年新潟で開催される「にいがた酒の陣」は入場無料、2,500円で500種類の日本酒が飲み放題、さらに食も充実していて、言うなれば日本酒版オクトーバーフェスト。新潟グルメをつまみながら、気になるお酒があれば「ちょっとあっち行ってくるわ!」「おう、行…

ハッピーターンはなぜあんなにも中毒性が高いのか?亀田製菓の本社に突撃したら理由がわかった気がした

ハッピーターンはすでに日本人の国民的なお菓子と言えるかもしれません。今回はそのハッピーターンの旨さの秘密を探るべく、製造元の亀田製菓さん本社へ突撃し、製造現場を見学。さらに自宅で独自レシピにより作ったお手製ハッピーパウダーを亀田製菓さんの…

新潟生まれの万能調味料「かんずり」の旨味増強力を全世界へ伝えたい…!ちょい足しで鍋やラーメンがお店の味に

新潟生まれの万能調味料「かんずり」を知っていますか?かんずりの材料と作り方は、塩漬けした唐辛子を3、4日雪の上にさらしてアク抜きするだけ。すると苦味成分が抜けて、そのまま食べられるぐらい程良い辛さになるのです。自宅での鍋やラーメンにちょい足…

地元漁師さんはこんなに旨い「寒ぶり」を食べているのか…!極上の寒ぶりが食べられる本場・佐渡島の「寒ぶりまつり」が最高でした

12月3日、佐渡島の鷲崎(わしざき)漁港では、今年22回目を迎える「佐渡海府寒ぶり大漁まつり」が行われました。ぶりの産地は富山県の氷見が有名ですが、新潟県でも氷見に負けず劣らない極上のぶりが食べられます。寒ぶりまつりのボランティアに参加したルリ…

こんなにも中毒性の高いラーメンがあったとは…!新潟「龍馬軒」の本格四川担担麺と激辛汁なし麻婆麺がやみつきになってグルメ新規開拓ができない

とにかくラーメン店の多い新潟県ですが、その中でも上越市の「龍馬軒」は県外の方からの来店が絶えない屈指の名店です。本格的な四川坦坦麺、さらに激辛汁なし麻婆麺はやみつきになってしまい、通いつめずにはいられず、ラーメン店の新規開拓に支障をきたす…

上質なとんかつはソースより塩で食べた方が旨いという事実…!新潟へ来たら「越後もちぶた」を絶対に食べてほしい

新潟県で生産流通する「越後もちぶた」というブランド豚をご存知でしょうか?フジロックでは越後もちぶたのもちぶた串が販売されていて、毎年長蛇の列ができるほど人気なので、音楽好きならもしかしたら耳にしたことがあるかもしれません。スキー場への行き…

新潟では油揚げは主食です…!「油揚げ=脇役」と思っている人は栃尾のあぶらげを一度でいいから食べてみて

油揚げといえば、さまざまな料理の脇役としていぶし銀の活躍をする食材という認識だと思います。しかし、新潟では油揚げが主役なのです。なかでも「佐藤豆腐店」(新潟県長岡市金町2丁目3−11)の「栃尾のあぶらげ」は、いままで油揚げを軽視していた人も驚く…

とん汁ラーメンだと…!? 玉ねぎの消費量が驚異的すぎる新潟のとん汁専門店「たちばな」で究極のとん汁を食べた

新潟県妙高市では、雪の降る寒い日にも簡単に体を暖められ、栄養を得られる食べものとして、とん汁が名物となり古くから親しまれています。そんな妙高市の人気店「とん汁 たちばな」は昭和47年創業のとん汁専門店で、今まで食べてきたとん汁の味を覆す、究極…

                             
ページ上部へ戻る