ぐるなび みんなのごはん

あなたの”食べたくなる”を作る

ココロ社 執筆記事一覧|みんなのごはん

ライター。主著は『マイナス思考法講座』『忍耐力養成ドリル』『モテる小説』。ブログ「ココロ社」も運営中。 

ブログ:ココロ社
Twitter:ココロ社 (@kokorosha) | Twitter

「みんなのごはん」では、奥多摩ハイキングや一人フレンチ、熱帯植物園での食事など、新しいライフスタイルと美味しいご飯を紹介しています。

骨付きマトンの煮込みカレー「ニハリ」が未体験の濃さ…東京東部の団地にある名店で鮮烈な体験をした

「ハビビ ハラル レストラン」(東京都江東区大島4-1-2 大島四丁目団地2棟107)を紹介します。インド・パキスタン・アラブ料理を謳うお店で、バターチキンやキーマ、ダルカレーといったインドカレーがあるかと思えば、マトンコルマやチキンアチャールといっ…

とんかつ・ナポリタン・ピラフの圧倒的存在感…!大船「パタタ食堂」のトルコライスは夢のようなリッチさ

長崎の郷土料理をいただける「パタタ食堂」(神奈川県横浜市栄区笠間2-6-11)を紹介します。特にオススメなのが「トルコライス」。とんかつ、ナポリタン、ピラフというメイン級の3品が一皿に盛られた、いわば「大人のお子様ランチ」的なメニューです。ほかに…

あえて今行く「ホープ軒」。あの豚骨ラーメンの味はもちろん、シチュエーションも想像以上に感動的だった

背脂チャッチャ系のとんこつラーメンが食べられる「ホープ軒 千駄ヶ谷店」(東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9)。1階は立ち食い、2階はカウンター席、3階はテーブル席と建物全体がホープ軒になっています。昭和35年に屋台から始まったお店で歴史が古く、ファンも…

「脂こそとんかつの本体」と思う人にとって、浅草橋「とんかつ藤芳」のバラかつ定食は心の友である

とんかつといえばロースやヒレを使うのが一般的ですが、脂身が多いバラ肉のとんかつをいただけるお店があります。それが浅草橋にある「とんかつ藤芳」。本店(東京都台東区浅草橋5-17-5)と駅前店(東京都台東区浅草橋1-11-4)があります。藤芳のバラかつは…

お米はどこまで美味しくなれるのか……代々木「田んぼ」の炊きたてごはんにお米観が変わるほど衝撃を受けた

ご飯にこだわったお店「おひつ膳 田んぼ 代々木本店」(東京都渋谷区代々木1-41-9)を紹介します。魚沼産コシヒカリやつや姫、江刺金札米など選りすぐりのお米を楽しめます。おひつご飯とおかずのセットである「おひつ膳」には、焼き鮭やさば味噌、明太子、…

「天下一品」のこってり感を全身で感じられる特別なメニューが兵庫のある店舗にだけ存在する

こってりラーメンの代表格ともいえる「天下一品」。京都発祥ですが、いまや全国にチェーン展開しています。そのうちの1店舗、兵庫県三田市の天下一品には、ここにしかないオリジナルメニューがあるのです。それが「三田スペシャル」と「バターライス」。三田…

門前仲町「近為」でこれまでの漬物観が激変してしまった…豪華絢爛かつ美味しすぎる「ぶぶ漬け」を食べてきた

京漬物のお店、門前仲町にある「近為(きんため)」(東京都江東区富岡1-14-3)を紹介します。漬物屋さんの一画にイートインスペースがあり、美味しい定食をいただけます。中でもオススメなのが、漬物のお茶漬け「ぶぶづけ」のセット。玉子焼き、粕漬けの鮭…

もうひとつの赤羽徘徊記……仏の異様な姿と昔ながらの喫茶店がぼくらに伝えようとしていることとは

赤羽といえば朝から飲める酒飲みの聖地、駅西側のスリバチ地形というイメージがありますが、駅東側にある荒川も赤羽という街を語るうえで重要です。大きな川沿いの低地ということもあり、地域の住民は荒川の氾濫に悩まされ続けてきました。水害をどう克服し…

こんなに濃厚で美味しい魚があったのか…!体の40%が脂肪の深海魚「アブラボウズ」を小田原の食堂で堪能する

脂がのった深海魚「アブラボウズ」を食べられるお店を紹介します。このアブラボウズ、神奈川県・小田原あたりでは「オシツケ」と呼ばれ、豚角煮のように甘辛い煮付けにしていただくのが一般的です。オシツケの煮付けとおかわり自由のごはんを食べられるのが…

ここは本当に渋谷なのか?大都会・シブヤに今も残る日本史の痕跡を探してみた

渋谷というと大都会というイメージですが、実際に散歩してみると都会らしからぬ風景も見られます。変わりゆく渋谷の街を、歴史の街として観光してみました。その一環として訪れたのは、渋谷最古の渋谷氷川神社はじめ、23屈指の彫刻が見られる金王(こんのう…

冬の寒さがもう限界なので熱帯植物園でリゾート飯を食べてふた足先に夏を満喫してきました

植物園の温室に行くと、冬でも夏気分を味わえます。上着の下には夏服を着て行き、到着したらロッカーに上着をすべて預け、夏服だけで散策すると、本当に熱帯のリゾート地へ来たかのように感じられます。さらに、植物園内のレストランなどで食事をすれば、よ…

「一人フレンチ」の楽しさを知ると人生は愉快になるかもしれない……西新宿の老舗での実例

1人でフレンチのお店に行ったことのある人はそう多くないと思います。フレンチに限らず、コース料理を1人で食べるのはなかなか勇気が必要ですよね。しかし、一人ランチであえてフレンチを楽しむと、外食の選択肢が広がって人生がちょっと愉快になるのです。…

なぜこんなにもご飯が進むのか…!ネパールの定食「ダルバート」の美味しさを知らないなんてもったいない

「ダルバート」とは、ネパールの定食を指し、野菜中心のヘルシーなお料理。どの料理も奇抜な味ではなく毎日食べたくなる味で、大変美味しいです。豆のスープ「ダル」、スパイシーな漬物「アツァール」、肉と野菜を煮込んだ「タルカリ」など、ほとんどが野菜…

群馬の魚はとびきり美味しい!創業180年の老舗「小林屋」のナマズ天ぷらが体験したことのないもっちり感で感激した

群馬県の板倉町に、創業180年の老舗「小林屋」(群馬県邑楽郡板倉町板倉2335)があります。川魚メインのお店で、ナマズ(鯰)やウナギ(鰻)、コイ(鯉)を使ったメニューが中心。なかでも特にオススメなのがナマズ料理です。脂がのったナマズの天ぷらはプル…

斬新カレーに謎のモノレール……立川という街の不思議な風景に垣間見る激動の昭和史

西東京の雄ともいえる立川には不思議な風景が広がっています。実は2社存在する熊野神社や極地研究所、多摩都市モノレールのフォトジェニックなレールなど、興味深いスポットが満載。戦前には基地や飛行場として使われ、戦後には米軍基地となっていたのが背景…

奥多摩はこの世の天国だ…!ハイキングの後に食べる鹿肉ソテーが格別の味だった

東京都ながら自然に恵まれた奥多摩。奥多摩駅から奥多摩湖にかけて「奥多摩むかし道」という程よいハイキングコースがあります。「白髭神社」「境の清泉」「水根貨物線の廃線跡」といった見どころを巡り、歩き疲れたら「水と緑のふれあい館」内にある「パノ…

なぜこんなに「不思議な坂」が多いのか?新宿区荒木町の路地裏を冒険したら時間旅行した気分になった

東京都新宿区の荒木町には、なぜか不思議な坂がたくさんあり、みごとな「スリ鉢状地形」になっています。かつて花街だった風情も残しており、じっくりと路地裏を散策すると実に味わい深い歴史の痕跡を発見できます。また、趣深い飲食店たちも見逃せません。…

                             
ページ上部へ戻る