太く巻かれた恵方巻き。縁起を担ぐにはどうやって食べればよいのでしょう?皆さんは恵方巻きの食べ方をキチンとご存知ですか?(画像は恵方巻きにちなんだ、恵方巻きおかき。甘くない、とても美味しいお菓子です。)

恵方をむいて食べる事!

恵方巻きのルールその1。恵方をむいて食べる事!
まずはその年の恵方をむいて食べることです。神様がいらっしゃる、恵方をむいて、食べている間はその方向だけを見ること。よそ見をしてはいけません。そうでないとご利益を得ることが出来ないそうです。今年、2016年の恵方は「南南東」。みんなで「南南東」をむいて恵方巻きを食べましょう!

恵方巻きは黙って食べる事!

恵方巻きのルールその2。恵方巻きは黙って食べる事!
恵方巻きを食べるときは、黙って食べましょう。食べ終わるまで黙って食べないと、ご利益を得ることが出来ないそうです。丸ごと食べ終わるまで、静かに恵方巻きを全部食べましょう。もちろん、恵方巻きを食べ終わった後は、家族やお友達と楽しくおしゃべりを楽しみながら、残りの食事をしてください!

恵方巻きは一気に食べる事!

恵方巻きルールその3。恵方巻きは一気に食べる事!
恵方巻きを食べるときは、上品に切り分けたりせず、一本をがぶっと一気にいただきましょう。途中で休んだりすると、やはりご利益がなくなってしまうんだそうです。食べる前に恵方を向き、深呼吸。食べ終わるまでそのままの方向を向き、一気に一本いただいてください!一気に食べることが大事なので、お子様用は少し細めに巻くといいです。

さあ、これで皆さま恵方巻きの食べ方は分かりましたか?今年はきちんと、正統の恵方巻きの食べ方でいただきましょう。これでみなさん、恵方巻きの知識はばっちりですね!