ラーメン達人座談会

ラーメン達人座談会!ラーメン食べ歩き~ラーメンの未来まですべてを語りつくすラーメン好きには、たまらない夢のラーメン談義がついに実現!

2010年のラーメン業界振り返りと2011年の注目ラーメン予測!! ラーメン達人座談会

麺集長:
この度は、お忙しい中お集まりいただき、有難うございます。今回は、ぐるなびラーメン特別企画『2010年ラーメン業界動向の総括と2011年のラーメントレンド予想』と題しまして、6名のラーメン界を代表する達人の方々にお集まりいただきました。今回お集まりいただいた皆さんは、ラーメン屋店主、ラーメン研究家、国家公務員、カップラーメンメーカー、雑誌編集者、フードファイターです。それぞれ、異なる視点からラーメンについて語ってもらえればと思いますので、よろしくお願いします。

淡麗系ブーム到来との予想とは裏腹に濃厚系、G系が勢いを増した2010年!?

麺集長:
2010年のラーメンの潮流はどのようなものでしたか?
田中:
今年は、年初1月にオープンした『NEW OLD STYLE肉そばけいすけ』を皮切りに、有名店のセカンドブランドが相次いで登場し、これらがおしなべて濃厚系、G系をフィーチャーしたことから、淡麗系よりも濃厚系、G系の活躍が目立つ1年になったような気がします。
石山:
そうそう。名だたる有名店が、『肉玉そばおとど』、『麺屋宗 肉そば総本店』、『悪代官』などのセカンドブランド店を出しましたね。これらの店のラーメンは、肉の旨みがスープに溶け込んでいて、本当に美味しいですよね。
麺集長:
昨年末は『2010年は淡麗系がくる!!』と言われていましたが。
石山:
確かに、今年も『金字塔』、『本枯中華そば魚雷』、『昭和歌謡ショー』など、淡麗タイプのラーメンを出すお店は登場しましたけど、主流を占めるまでには至らなかったような気がします。
田中:
淡麗系でも『本枯中華そば魚雷』のような店主の独創性を持ち味とした新しいタイプのものと、『昭和歌謡ショー』のような昭和を思わせるオーソドックスなタイプのもの。両者が併存したのが今年の特徴ですよね。ただ、まだまだ、濃厚系、G系の人気は根強いものがあります。
跡部:
最近、濃厚系、G系の店が激増しており、毎日ラーメンを食べるラーメンフリークは、立て続けに出現する濃厚タイプに飽きているように見受けられましたが、一般的なラーメン好きは、まだまだ濃厚タイプを強く支持しています。だって、彼らは、たまにしかラーメンを食べないので、いつまで経っても濃厚タイプに飽きませんから。
田中:
不景気が続いており、なるべく安い値段でボリュームがあるものを食べたいという消費者のニーズも濃厚系、G系人気を後押ししているような気がしますね。
西尾:
おっしゃるとおり。私の店でも、限定メニューとして二郎インスパイア系を出したことがあります。結果、当初の予測を遥かに上回る売れ行きで、すぐに品切れになってしまいました(笑)
木村:
濃厚系、G系は、味がわかりやすい上に、例えば、二郎の豚のように具に関しても強烈なインパクトを持ち合わせているものが多いので、とにかくハマりやすいんですよね。
麺集長:
女性の視点から捉えた濃厚系・G系の印象はどのようなものですか。
三宅:
女性は淡麗系しか食べないと思われがちですが、濃厚系、G系が好きな人も多いと思いますよ。やっぱり、木村さんがおっしゃるとおり、インパクトが強烈だから一度食べると癖になりますし。もちろん私は、野菜増しでも大盛でもペロリと平らげちゃいますけど(笑)。

2010年は、牛骨ブームが再来!?

麺集長:
今年は、牛骨ブームの再来ではないかと思うほど、牛骨ラーメンを出す店が増えたような気がしますが、皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか。
石山:
私が最近出した『最新ラーメンの本』でも『牛骨維新』と題して牛骨ラーメンの特集を組みましたけど、確かにかなり増えた印象はありますね。例えば、『オーガニック・ラーメン道玄』、『香味徳』、『土曜の牛の日』、『牛骨らぁ麺マタドール』など数え上げればキリがないほどです。
田中:
牛という食材には、さっぱりとした口当たりを演出でき、鮮烈なコクが出せるという強みがあります。他の食材と較べて相対的に、食べ手に強烈な惹きを感じさせることができますからね。
西尾:
そうなんですよ。ただ、一歩間違えると、牛は存在感が強すぎるため、魚介などの他の素材と喧嘩してしまう。作り手の立場からすると、牛を上手く使うのは結構難しいんですよ。
一同:
なるほど。
麺集長:
他に牛骨に関してコメントはありますか。
石山:
トッピングに関しても、チャーシューなどに牛を使ったものが目立ちましたね、今年は。西尾さんがおっしゃるとおり、牛の取り扱いは難しい。もう少し扱いやすくなったら、もっと流行りそうな気がします。
跡部:
牛って、スープに溶け込むと本当に美味しくなりますよね。
木村:
先日、『オーガニック・ラーメン道玄』で『チャーギュウ麺』をいただいたのですが、牛の甘味が全面に出ていて、確かに美味しかったです。
三宅:
皆さんの話を聞いていると、牛骨ラーメンを食べたくなってきちゃいました(笑)。

2011年は『チャーシュー』がなくなる!?『地産地消』の潮流が来る!?

麺集長:
では、ここからは達人の皆さんに2011年のラーメントレンドを予想していただきます。2011年のラーメンを巡る動向はどのようなものになると思いますか。
石山:
トッピングに変化があると思います。これまで長い間、ラーメンに当たり前に付いてきていた豚チャーシューに代わり、揚げ物を載せたり。2010年においても、既に『悪代官』などは、山賊揚げという鶏の唐揚げを載せたメニューを提供しています。
田中:
確かに、豚チャーシューを載せる店は徐々に減少していますね。特に新店に関してはその傾向が顕著です。今春あたりからの、朝食に軽めのラーメンを食べるという『朝ラーメン』の普及に伴って、素ラーメンを提供する店も増加傾向にあります。
麺集長:
他には、2011年のラーメントレンドで注目すべきポイントはありますか?
西尾:
最近の食べ手の健康志向の高まりを受けて、今年は、ラーメンの世界にも本格的に『地産地消』の波が訪れるのではないかと思います。自分が出すラーメンの素材は、自家製のものを使うとか。
跡部:
確かに、今年の11月に開催された『東京ラーメンショー』の参加店舗である『花の季』などは、麺、スープの素材からトッピングに至るまで、すべて自家製のものを用いていました。聞くと、お店の裏の畑で穫ったものを使っているとか。
木村:
地産地消が本格的な潮流になってくると、凄いことになりそうな気がします。特に西尾さんは、ラーメンへの探求心が並外れて強い方ですから、もし、実行に移されるのであれば面白くなると思いますね、個人的には。
三宅:
西尾中華そば』が地産地消を実行されたら、確かにラーメンの世界に一大ムーブメントを巻き起こしそう!西尾さん、是非、牽引者になって下さい。
西尾:
御期待に添えるよう頑張ります!今年は、『凪』も日本の枠を飛び出し、香港に出店するなど、非常に充実した1年でした。これからもラーメンの活性化に少しでも貢献できるように力を尽くしたいと思いますので、来年もよろしくお願いします。
麺集長:
そろそろ終わりの時間がきましたのでまだまだ話は尽きないと思いますがこの辺で座談会をしめたいと思います。本日は、貴重な時間本当にありがとうございました!!

取材協力店

■特級煮干そば 凪 西新宿店

【住所】東京都新宿区西新宿7-13-7 【電話番号】03-3365-0296

2010年7月10日リニューアルオープン。凪ブランドの都内5店舗目。えぐみのない濃厚煮干醤油をコンセプトに柔らかいチャーシュー、シャキシャキとした食感のタマネギのハーモニーを堪能できる。2階は、『NAGI NIKAI』として営業。

司会 麺集長

年間ラーメン食数は800から1000杯のラーメン愛好家。うまいラーメンを求めて全国を駆け回るぐるなびラーメン統括プロデューサー。

西尾中華そば店主
西尾了一

「凪グループ」創業者の一人。そして2009年自身のお店、『西尾中華そば』を開業。『味の本流、中華そばの探求』をモットーに日々ラーメン漬けの毎日を送る。

凪にまつわるお話 ~西尾中華そば編~

西尾了一が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.ラーメン田
2.自然派レストラン グレイト
3.背脂煮干そば 晴

ラーメン研究家
石山勇人

学生時代に大学公認ラーメン研究会を立ち上げ、全国津々浦々のラーメン店をまわり、取材した軒数は年間600軒以上の若手ラーメン研究家。TV出演、情報誌等、数々のメディアでラーメン情報を発信。

ラーメンマンの食べ歩き

石山勇人が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.焙煎汐蕎麦処 金字塔
2.本枯中華そば 魚雷
3.オーガニック・ラーメン 道玄

ラーメン官僚
田中一明

ラーメン食べ歩き歴10年以上の超・ラーメンフリーク。ここ数年は1日2杯、年間600~700杯のペースで食べ歩いている。現在、テレビ朝日『お願いランキング』に出演中!!

かずあっきぃのラーメン食べ歩記

田中一明が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.飯田商店
2.中華蕎麦 蘭鋳
3.らあめんClover

カップ麺プロデューサー
跡部泰正

明星食品(株)マーケティング部に所属するカップ麺のスペシャリスト。2005年テレビ東京『TVチャンピオン第9回ラーメン王選手権』第3位の実績をもつ。

跡部泰正が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.ajito
2.我流旨味ソバ 地雷源
3.麺創研かなで~紅~

出版界のラーメンライター・イケ麺
木村拓

石山勇人氏監修の「最新ラーメンの本」シリーズの企画立案者兼プロデューサー。出版という分野からラーメン業界に携わる。

Blog:ラーメンライター・キムタクのイケ麺

木村拓が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.カラシビつけ麺 鬼金棒
2.ラーメン凪豚王
3.無鉄砲

大食いヴィーナス
三宅智子

2007年『「元祖!大食い王決定戦」準優勝の実績の実績を持ち、テレビ・雑誌・イベント等で活躍しているヴィジュアル系フードファイター。

三宅智子が選ぶ
2010年度ラーメン店ベスト3

1.風龍.MAX 渋谷店
2.麺や河野
3.うぜん