ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

モンブラン データ提供:ユーザー投稿

マロンクリーム データ提供:ユーザー投稿

モンブラン データ提供:ユーザー投稿

おかばちばくだん データ提供:ユーザー投稿

モンブラン データ提供:ユーザー投稿

モンブラン データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

昭和8(1933)年創業の元祖モンブランの店。フワフワのカステラと栗の素朴な味わいが人気のモンブランをはじめ、旬のフルーツをふんだんに使用したケーキや焼き菓子が常時40種ほど並ぶ。

データ提供:昭文社

モンブランが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「モンブラン」は東急東横線の自由が丘駅からすぐのところにあります。駅の出口からお店が見えますからすぐに分かります。モンブランと言えば誰もが知っているケーキですが、昭和8年に創業したこちらの店舗が元祖モンブランです。

    洒落た造りの入り口から店内に入るとたくさんのケーキが並んだガラス張りのショーケースが目に入ります。広々とした店内はウッドベースのインテリアで落ち着いた雰囲気。2人用のテーブルがほどよい間隔で整然と置かれています。

    席と席の間仕切りにはモダンアート風のイラスト画が下げられていて、三々五々と座っている人は主婦か若い女性が多いのはケーキ店特有の風景です。

    ショーケースに並べられているケーキはおよそ40種類にもなるそうですが、モンブランはもとより、旬のフルーツを使ったケーキがきれいで、どれにしようかとしばらくは迷ってしまいます。

    ケーキのほかには焼き菓子や、おかばちばくだんという名前のシュークリームもあります。ただし、こちらは曜日と個数が限定されているとのことです。

    お店のメインになるケーキは店名にもなっているモンブランで、多くの人がモンブランとレモンティを注文するようです。しかし、モンブランにもいろいろなものがあり、リーフパイや焼まろん、ワッフルなども人気があるそうです。

    また、ティーコンフェクトのお持ち帰りがお目当てのお客も多いです。その箱のなかには、チョコレートやココア、アーモンド、ストロベリージャム、レモンなどを使って作られた、見るからに美味しそうなケーキが詰まっています。

    居心地の良いお店のテーブルで、レモンティとケーキは、毎日でも行きたくなります。持ち帰りティータイムセットも魅力があり、お店でケーキを食べたあとでティータイムセットを買い求めるお客さんが多いのだそうです。

    さすがはモンブランケーキの元祖というこだわりの美味しさで、ファンは自由が丘に用事で来る人と
    必ずと言っていいほどこちらの店舗へ立ち寄りたくなるそうです。なお、持ち帰りティータイムセットを包装紙にもお店の風格が感じられます。このようなこだわりが多くのファンを生み出している秘訣でしょう。

    続きを読む
  • テレビ

    はやドキ!

    TBS  放送

    3月22日放送の「はやドキ!」(TBS系、午前04時00分~)では、オシャレな街として知られる東京・自由が丘で昭和の風景を探す企画を放送。TBSアナウンサーの上村彩子さんが、「モンブラン」(東京都目黒区)を訪れた。

    こちらは、約80年前に日本で初めてモンブランを売り出した事で
    知られる洋菓子店。一番のウリはもちろん「モンブラン」(670円/税込)で、初代社長がヨーロッパに行った際モンブランの山々を見てその感動をスイーツに込めたもの。日本にまだスイーツが少なかった昭和30年代、「モンブラン」を求めて駅まで続く大行列が出来たのだとか。

    また、昭和35年に流行した小説「自由ヶ丘夫人」に登場するスイーツ店のモデルにもなっており、その中で自由ヶ丘夫人のお気に入りとして描かれた「シュークリーム」(350円/税込)を紹介。昭和の一時期はモンブランよりも人気があったと言う。上村彩子さんは、「カスタードクリームがもっちりしている感じで、口に入れるとふわっと溶けて広がります!」と美味しそうに食べていた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

モンブランの投稿写真・口コミ

自由が丘でも老舗の洋菓子屋さんとして有名ですが、もっと有名なのがこのお店が初めてモンブランというケーキを作ったということです。スイーツ激戦区の自由が丘でも人気が高く、テイクアウト、イートインともにいつも混んでいます。 イートインのカフェコーナーは年齢層がやや高めでマダム層が圧倒的に多いです。テイクアウ… 続きを読む

[投稿日:]

小さい頃からなじみの深いお店で、家族で喫茶の利用をします。決まってバニラアイスにマロンペーストをしぼったマロンクリームを食べます。

[投稿日:]

※写真及びコメントはユーザーが食事をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

モンブランの基本情報

店名

モンブラン

モンブラン

電話番号
  • 03-3723-1181
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東急東横線自由が丘駅からすぐ
営業時間 10:00~18:40(閉店19:00)
定休日
  • 無休(12月26日休、1月1日休)
平均予算
  • 900円(通常平均)

データ提供:昭文社

自由が丘にあるスポット

自由が丘には自由が丘駅や 自由が丘スイーツフォレストめぐろパーシモンホール 等、様々なスポットがあります。 また、自由が丘には、「きらら」もあります。世田谷区等々力6丁目にたたずむ『きらら』は、小さなギャラリーやアトリエとして機能する場所で、その周囲は、畑などの緑があふれています。子どものアトリエでは、絵画や粘土、工作などが展示されていたり、大人のアトリエではフラワーアレンジ教室、手織り教室、アルメニアンレース教室などが開催されたりしています。ゆっくりと素朴なアートを楽しんだ後は、周辺のお店でランチを堪能するのも良いでしょう。寿司、フレンチ、手打ち蕎麦など、ちょっと優雅に贅沢な時間を味わえるお店が並びます。食事の後は、フランス菓子店やたい焼き屋で手土産を入手するのも良いでしょう。この自由が丘にあるのが、スイーツ「モンブラン」です。