ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

親子丼 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

大正元(1912)年創業。独自ルートで仕入れる新鮮な地鶏を、すき焼き、スープ炊き、親子丼など様々な料理で味わえる。奥久慈しゃも、比内鶏を使用した地鶏鍋もおいしい。

データ提供:昭文社

鳥つね湯島天神前店が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    噂の!東京マガジン(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    親子丼などが頂ける1912年創業の鳥料理専門店です。平日の営業時間は11:30~13:30、17:00~20:45です。 鳥料理の老舗と紹介されました。

    なないろ日和!

    テレビ東京  放送

    3月4日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)では、「東京三大梅園ツアー」と題して、タレントの見栄晴さんが、「鳥つね湯島天神前店」(東京都文京区)を訪れた。

     湯島駅から徒歩3分の同店は、大正元年創業の老舗。古くから湯島の梅を楽しんで
    きた人のお腹を満たしてきた歴史あるメニューは、「上親子丼」(1500円 税込み)だ。創業当時から受け継がれる秘伝のだしに、ふっくら柔らかな大山鶏を加える。そこに、かきまぜすぎず、空気を含ませながら熱を通す半熟卵は熟練技の一品だ。

     運ばれてきた「上親子丼」を見た見栄晴さんは、「ほんとに、まだ卵が半熟よりも早いくらいだ」と一声。実際に食べると、「うん、うまい! 甘みがあって食欲をそそる! 汁がこんなに多いのに、邪魔をしないし、ご飯もぐちゃぐちゃにならない」と笑顔でコメントした。見て良し、食べて良しの湯島散策を堪能した。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

鳥つね湯島天神前店の口コミ

応援フォト

  • 親子丼

    ゴハン犬さん

    卵はさっと混ぜただけなので、黄身と白身が分離した状態。黄身の色が濃いのがよくわかります。ごくゆるーく固まっているかんじが、卵かけごはん好きにはたまらない♪甘すぎない上品な味付けで、鶏肉も美味しいです。

口コミをすべて見る

※写真及びコメントはユーザーが食事をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

鳥つね湯島天神前店の基本情報

店名

鳥つね湯島天神前店

トリツネユシマテンジンマエテン

電話番号
  • 03-3831-2380
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄湯島駅から徒歩3分
営業時間 11:30~13:30(閉店14:00)、17:00~20:45(閉店21:45)、日曜、祝日は11:00~14:30(閉店15:00)、16:00~20:00(閉店21:00)
定休日
  • 不定休(12月31日休)
平均予算
  • 8000円(通常平均)

データ提供:昭文社

湯島にあるスポット

湯島には湯島駅や 旧岩崎邸庭園ホテル リンデン 等、様々なスポットがあります。 また、湯島には、「湯島天神」もあります。正式には湯島天満宮。天満宮は学問の神様として菅原道真公を祀った神社で全国各地に数多くありますが、湯島天神は東京を代表する天満宮です。創建は458年、勅命によって天之手力雄命を祭神としたものですが、後の1355年に道真公を奉祀して天満宮となります。合格祈願のお守りや絵馬に加え、鉛筆も受験生に人気です。七五三や結婚式などにも多くの人が訪れます。神事としては隔年で5月に行われる例大祭(天神祭)や正月のうそ替え、梅まつり、菊祭りなどが有名です。お祭りの時期はどこの店もランチが混み合うので注意が必要です。この湯島にあるのが、日本料理「鳥つね湯島天神前店」です。