こだわり1 水炊き鍋

凝縮された雫、華味鳥の水たきスープ

博多の水炊きは、まずスープを味わいます。創業者が鶏骨の鮮度、部位、量、そしてスープを炊き出すための水、温度、時間、全てにおいて独自の製法を造り上げ、ようやくこの凝縮された雫へと辿り着きました。その製法を受け継いだ職人たちが精魂込めた白濁のスープを守り続けております。極上のスープで至福のひとときを。

  • 【華味鳥の誕生】
    昭和24年、博多東部の吉塚商店街で「とり善」という鶏肉の卸店で卸を担当していた河津善陽が、店舗の2階で店を開いたのが華味鳥の歴史のはじまりです。「水たきの美味しさの秘訣」は原点である鶏自身の美味しさにあることに気付き、自ら養鶏に携わり、「華味鳥」が誕生しました。

  • 【コラーゲンたっぷり!】
    華味鳥のもも肉のガラのみを長時間煮込んだスープはコラーゲンたっぷりで冷めると逆さまにしても落ちない程ぷるぷるのゼリー状になります。温めると深いコクがありながらも、さっぱりとした自慢のスープに。他では味わえない、華味鳥だけの伝統の味をお愉しみ下さい。

こだわり2 直営養鶏場

自社ブランド「華味鳥」養鶏場直送

澄んだ空気が満ち、陽光降り注ぐ大自然の中で、元気に育まれた自社養鶏の「華味鳥」。飼料は海藻、ハーブ等のエキスを米ぬか、大豆粕などに混ぜて長期発酵させた華味鳥専用飼料を使用。独自の飼育方法と徹底した管理の下育った華味鳥。養鶏から卸しを一貫し朝挽きの鶏肉を直ぐにお客様にお届けしているので鮮度も抜群です!

  • 【達人の職人技】
    水たきはスープが命です。創業者である河津善陽が編み出したレシピを忠実に守り、アクを取り続けながら、8時間に渡り鶏ガラを煮込みます。鍋の圧力の数値を1ミリ間違うだけで味が変ってしまうため、繊細なこだわりが要求される難しい仕事です。鮮度にもこだわり、スープは毎日作りその日に出荷します。

  • 【鮮度がものをいう逸品】
    新鮮だからこそお召し上がりいただける「鶏生ハムともも肉のたたき」。珍しい鶏生ハムは鶏の歯ごたえを残したまま食べ応えあり。もも肉のたたきも別添えの自家製柚子胡椒・自家製のポン酢との相性も抜群。オリジナルブランド華味卵を使用した手作りプリンなど、サイドメニューにもこだわります

こだわり3 夜の接待に使える

秘伝の水炊きをフルコースで愉しむ

北九州の郷土料理である博多水たき。まずはベースのスープからお召し上がり頂いた後、自社養鶏の「華味鳥」のフルコースをお愉しみ頂けます。お肉を入れた後・お野菜を入れた後にどんどん濃厚になり甘みが出たスープの違いをお召し上がり頂くのが博多流。自慢の水たきを堪能できるコースは4,200円~ご用意しております。

  • 【自慢の自家製ポン酢】
    水たきに欠かす事の出来ない自家製のポン酢もこだわりの一品。水炊き料亭「博多華味鳥」の創業者が「鶏の旨みを最大限に活かすポン酢を」との思いから、奥様と試行錯誤しながらたどり着いた味です。出すぎず、引きすぎず、鶏肉との相性抜群な、自慢のポン酢と一緒にお召し上がりください。

  • 【おもてなし】
    華味鳥の美味しさをベストなタイミングで召し上がっていただきたく、着物姿のスタッフが専属で対応いたします。大切な方とのご会食や、ご接待、ご家族でのお集まりなどに最適です。ご予算・ご要望等もお伺いいたしますので、先ずはお気軽にご連絡くださいませ。

こだわり4 日本酒にこだわる

自社の肥料・米からつくる銘酒

鶏舎から出る華味鳥の鶏糞を発酵させたオリジナルの肥料を使い、酒米「華の米」と芋焼酎の原料である「黄金千貫」を使用し作られる自社のお酒。自社米を使用した日本酒「華米香」は水たきに合う様にとカラッとした飲みやすい、キレのある辛口の味わい。華味鳥のあふれる旨味をしっかりと受け止める銘酒をお愉しみください。

  • 【自社ブランドの芋焼酎】
    もう一つのオリジナルブランド焼酎「凜華の雫」(りんかのしずく)は芋焼酎らしい焼酎で有りながらさらっと飲みやすくお鍋に合うよう仕上げました。水たき専門店が生み出した凜華の雫、是非水たきと一緒に御賞味ください。

  • 【お土産もご用意】
    ご家庭で華味鳥の水たきや焼き鳥を味わっていただける商品も製造・販売しております。店頭での販売はもちろん、通信販売も行っております。大切な方への贈り物としても大変お喜びいただいております。

博多華味鳥 博多祇園店 のサービス一覧

シェフ紹介:
博多華味鳥 博多祇園店
  • TEL050-5798-4728