• それぞれの持ち味をとくとご愛食願いたい次第

  • 2階にもカウンターがあります。

  • ~焼きとりのあらまし~
     「焼とり」は古くから鶏を始めとして、秋口から冬にかけての野鳥を調理して来ましたがその後いろいろな材料を使い「焼とり」と言って、広く一般に親しまれて参りました。特に臓もつ類は体内における消化吸収が非常によく体力増強精力増進はもちろんのこと高タンパク低カロリーで力もつき、女性の美容にもよく、美味しさと共に一石何鳥にもなりましょう。衛生的に処理された材料を「藤よし」独特の「タレ」のよさと共に肝心の「とり」の味を充分味わって頂きたい。
     
     各種各様それぞれ好みもありましょう。
    からしなどをあしらえまた格別な風味を呼び、「ネタ」により塩味で召し上がるのも乙なものです。
     
     さて材料にもいろいろありますのでその一部を並べてみますと
    べんてん(生殖器)、レバー(肝臓)、はつ(心臓)、がつ(胃)、
    ダルム(腸)、こぶくろ(子宮)、なんこつ(のど)、たん(舌)、
    ぺた(けつぺた)
    このあたりを味わえば一応「焼とり」の通人と申せましょうか。
    百言は一食に如かず。焼きたての温かいうちに手早く、召し上っていただくのがおいしく召し上がるコツ。

     なにはともあれ、それぞれの持ち味をとくとご愛食願いたい次第。

    藤よし 主人 敬白 

藤よし のサービス一覧

シェフ紹介:
藤よし
  • TEL092-761-5692