ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

天然氷のかき氷 データ提供:ユーザー投稿

天然氷のかき氷 データ提供:ユーザー投稿

天然氷のかき氷 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

花街の路地に佇む、ゆったりとした時間の流れる心地よい空間。

お茶屋のDNAを残しつつ、有機的でモダンな“今”のしつらえを施した心和む空間。
カフェタイムには日光より取り寄せた天然の氷と季節ごとの果実をふんだんに使った名物の「淡雪~awayuki 天然氷のかき氷」や、生のおかきを焼いて一風変わった自家製のディップと一緒に召し上がっていただく人気の「生おかき 5種ディップ添え」など、ここにしかないものを多数ご用意しています。
夜は大人のための本格的なバーへと変わります。

祗園 NITIが紹介されたメディア情報

  • メシコレ

    京都でも天然氷・祗園NITI

    京都市街地ではんなりかき氷!オールシーズン食べられる店3選
    京都では大変珍しい天然氷のかき氷が頂けるお店。
    しかも祇園といういかにも京都らしい空間で頂けるのも魅力。
    ほぼ一か月ごとに変わる「季節のかき氷」のシロップはもちろん手作り。
    その時々の旬の果物や、思いがけないひらめきにより作られたオリジナリティあふれるかき氷が頂けます。

    京都市街地ではんなりかき氷!オールシーズン食べられる店3選の記事で紹介されました。

  • テレビ

    新春しゃべくり007102人にお年玉プレゼントSP(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    読売テレビ  放送

    様々なタイプの個室が用意されている隠れ家的なカフェ&バーです。 男性お笑いコンビが冬の京都を巡る旅のコーナーで紹介されました。

    カスペ!

    フジテレビ  放送

    2月11日の「カスペ!」(フジテレビ系、毎週火曜午後7時)で、俳優の坂上忍さん、お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさん、水沢アリーさんが京都を散策し、「祇園NITI」(京都市東山区)を訪れた。

     祇園NITIは、花街の路地にたたずむお茶屋。坂上さん、千原さんは生ビー
    ル、水沢さんはシャンパンを注文。「生おかき+涼炉 5種のディップ添え」(1000円)が出された。自分で焼いたおかきに、和風サルサ、柚子こしょう風味の白みそ、海苔の佃煮、ウニのクリームチーズ、みたらし風味のムースの5種類の自家製ディップをつけて食べる。

     海苔の佃煮をつけた坂上さんは「これはおもしろいわ」とコメント。さらに、みたらし風味のムースに「デザート感覚。おいしい!」と絶賛した。ジュニアさんは和風サルサ、水沢さんはウニのクリームチーズで生おかきを堪能した。

    続きを読む

祗園 NITIの基本情報

店名

祗園 NITI

ギヲンニチ

電話番号
  • 075-525-7128
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

住所
アクセス
  • 京阪 祗園四条駅 徒歩7分
営業時間 月~日
カフェ 11:00~18:00
(L.O.17:30)

月~土
バー 19:00~翌2:00
定休日
  • 不定休日あり
  • (カフェ 不定休
  • 、バー 日曜祝日(連休の場合は最終日)
平均予算
  • 1,500円(通常平均)
  • 2,500円(ランチ平均)

席・設備

総席数

37席

  • 座敷席あり
  • 掘りごたつ席あり
  • 座椅子あり
禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )
その他の設備・サービス
  • 23時以降も食事ができる

祇園にあるスポット

祇園には祇園四条駅や 六波羅蜜寺安井金比羅宮 等、様々なスポットがあります。 また、祇園には、「建仁寺」もあります。『建仁寺』は1202年(建仁2年)に栄西禅師により開かれた臨済宗のお寺です。創建当時は天台・密教・禅の三宗兼学の道場としていましたが、その後、火災等で境内は荒廃し、1258年に回復すると禅も盛んになりました。室町時代には幕府により京都五山の第三位に指定されています。やがて再び戦乱などで荒廃しましたが、天正年間に復興が始まり、徳川幕府の保護の下、再建されました。建仁寺では、栄西禅師が中国から茶の種を持ち帰り喫茶を広めたことから、生誕日に四頭式(よつがしらしき)茶会という茶会が開かれます。また京都祇園の花見小路道に面しているので、参拝の後、ランチにおばんざいや京懐石を出すお店に行くのもお薦めです。この祇園にあるのが、カフェ「祗園 NITI」です。