ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

データ提供:昭文社

上天丼 データ提供:ユーザー投稿

天丼 データ提供:ユーザー投稿

天丼 データ提供:ユーザー投稿

天丼 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

天保8(1837)年創業の江戸前天ぷらの老舗。揚げ油には上質のごま油とサラダ油を独自にブレンド。衣はサクッと香ばしく、時間がたっても風味が変わらないのが特徴だ。

データ提供:昭文社

三定が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    天ぷらの「三定」は天保8年創業の江戸前天ぷらの老舗です。地下鉄浅草駅からすぐの雷門の近くです。三定の創業は江戸時代。170年以上、天ぷら屋として人々に親しまれています。初代の定吉は最初は人形町の自宅前に天ぷら屋台を作って、後に今の三定になったのです。「1に浅草、2に観音、3に三定の天ぷら」のキャッチフレーズの三定。

    江戸前天ぷらの正統派として、近海の魚を衣もつけてゴマ油で揚げ、屋台で売り出したのです。今でも変わらないようにゴマ油を使用し続けています。新鮮な素材をゴマ油で揚げたものは、芳しい香りと歯ごたえがあります。大根おろしと特製の天つゆをつけて食すようになっています。特に人々に人気があるのがかき揚げです。地方にもファンが多いです。

    こちらの店舗は江戸時代の創業以来、オーナーシェフ制度を代々守って、雷門の一店舗があるだけで、店から目を離すことがないように味を守り続けるようにとこだわりを持ち続けています。江戸情緒を味わいたいときは浅草へこられたら江戸前の味をご賞味ください。

    数奇屋風木造建ての本館と近代的和風の新館、別館があります。本館は雷門通りに面した入口で、お土産用天ぷらの販売も行っています。本館、1階、2階は気軽に入れるテーブル席で、おひとり様でも入りやすいです。新館には団体向けの大広間があり、人数に合わせて仕切りができるようになっています。そして、別館は御影石の外装で1階にはウェイティングバーもあります。少人数のグループなどにもお使いいただけます。堀ごたつなどもあります。特に、日本らしい和の雰囲気なので、海外からのお客様のおもてなしにも好評です。旅行客も多く、旅行者のツアー客も入っています。

    できるだけ旬の食材を堪能してもらいたいという意向から、季節によって食材が変わることがあります。浅草の天丼御三家とも呼ばれています。お値段は少々値が張りますが、一度江戸前の味を堪能されては
    いかがでしょうか。

    続きを読む
  • テレビ

    L4YOU!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    天保8年創業と江戸時代から続く、東京最古の天ぷら店です。 浅草アーケード通りを散策する特集で紹介されました。

    サンデー・ジャポン

    TBS  放送

    12月15日の「サンデー・ジャポン」(TBS系、毎週日曜午前9時54分)では、「東京老舗飯」企画の第5弾として「創業100年以上の名店」を特集。お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」、グラビアアイドルの森下悠里さん、TBSの田中みな実アナウンサーが、東京都台東区の天ぷら店「雷門 三定」を紹介した。

     老舗の名店が集まる東京・浅草を訪れた一行は、雷門をくぐってすぐの天ぷら店「雷門 三定」に入った。同店は創業176年を数え、日本最古の天ぷら専門店ともいわれる。江戸幕府最後の将軍・徳川吉宗が生まれた天保8(1837)年、江戸近海でとれた小魚を天ぷらにし、屋台で提供したことがルーツだという。一行は「上天丼」と「なめこ汁」をいただくことにした。「上天丼」は、芝エビやイカ、小柱などの新鮮な食材を、ごま油と特製油でカラッと揚げる。長年にわたり継ぎ足してきた、秘伝のツユにくぐらせた天ぷらは、香り高い風味が病みつきになると評判だ。

     田中アナは「かき揚げも大きくて、ボリュームがありますね」とコメント。森下さんも「おいしいですね~」と賛同し、「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんは「爽やかで濃くないですね。スカッとした油だなあ」と喜んだ。

    続きを読む

三定の基本情報

店名

三定

サンサダ

電話番号
  • 03-3841-3400
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 地下鉄浅草駅からすぐ
営業時間 11:30~21:30(L.O.)
定休日
  • 年2日不定休(GW・盆時期は営業)
平均予算
  • 2500円(通常平均)

データ提供:昭文社

浅草にあるスポット

浅草には浅草駅や 浅草花やしき雷門 等、様々なスポットがあります。 また、浅草には、「浅草寺」もあります。浅草寺は1400年ほど前、隅田川で漁師の網にかかった仏像を起源とし、御利益は古今無双、あらゆる願いを叶えると言われています。特に7月10日のお参りは4万6千日参詣分の御利益があるとして人気。10月18日の菊供養会では浅草寺幼稚園園児の献花と併せ、中国の故事にちなみ菊の葉のお守りで長寿を願います。また江戸三十三観音めぐり第一番の御朱印やおみくじも人気です。浅草寺を中心に発展した浅草は、鉄道開業で銀座が台頭するまで江戸期を通じて最大の繁華街。ライトアップされた姿には今もそんな力強さがあります。この浅草にあるのが、天ぷら「三定」です。