松吟庵にようこそ、いらっしゃいませ

「松吟庵」は、俳聖・松尾芭蕉が旅宿した久之助の宿跡に位置しており、松島の絶景を楽しめるお食事処です。私どもは美味しさを味わってもらう為に、私たちは抜群のロケーションを探し続けてきました。松島は、奥の細道に「扶桑第一の好風」と書かれた天下第一の名勝で、訪れる多くの人々がその絶景に感動しました。芭蕉翁は、元禄二年の旧暦5月9日(西暦1689年6月25日)に訪れました。そして、松島を眼にした感動を「造化の天工、いづれの人か筆をふるひ、詞を尽さむ 」と書き記し、自ら句作を断念したと言われています。俳聖が感動を記したこの場所で、松島観光でのお食事やご休憩に、ごゆっくりお過ごしください。

松島 松吟庵  基本情報

店名

松島 松吟庵

マツシマショウギンアン

電話番号・FAX
  • 050-5783-6565
  • お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:022-355-0612
住所
アクセス
  • JR仙石線 松島海岸駅 徒歩6分
営業時間
土・日・祝
11:00~17:00

月~日
11:00~15:00
定休日
  • 火曜日
  • 火曜日が祝日の場合は営業致します。
平均予算
  • 1,500円(通常平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。
お店のホームページ

席・設備

総席数
  • 122席

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス

このお店のメニュー:

松島 松吟庵 のサービス一覧

Foreign Language Version

松島 松吟庵  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    歴史の道歩き旅(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    そば、海鮮料理、各種ご定食などが頂けるレストランです。 宮城県松島から岩手県平泉までを旅した中で紹介されました。

    歴史の道歩き旅

    テレビ東京  放送

    8月22日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、宮城県松島~岩手県平泉の日本三景と世界遺産を巡る旅をした中で、渡辺正行さんが「松吟庵」(宮城県宮城郡松島町)に訪れた。

    JR仙石線・松島海岸駅から徒歩6分ほどにある同店は、松島の風景をゆったり
    と楽しめる店内で、「松島よくばり天丼膳」や「夏の芭蕉そば」をはじめ、十割そば、海鮮料理、牛タン、スイーツなどが味わえるお店だ。番組では、お店のメニューとして「松島あなごめし」が紹介された。どんぶり飯の上に煮穴子を乗せた一品で、穴子の上にはわさびや大葉が添えられている。サイドメニューとして、つけものや椀物が付いてくる。

    渡辺さんが「松島あなごめし」を食べると「あっ、美味しい!甘辛く煮てあって、ご飯にタレがついていて、これは夏はさっぱりいけますね」とコメント。もう一口食べると「これですよ!美味しい!穴子が柔らかいですよ、これもペロっといける一品ですね」とコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む
松島 松吟庵
  • TEL050-5783-6565