ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

明太子 データ提供:ユーザー投稿

すっぽん鍋 データ提供:ユーザー投稿

なまずから揚 データ提供:ユーザー投稿

スッポン酢の物 データ提供:ユーザー投稿

スッポン刺身 データ提供:ユーザー投稿

刺身盛合せ、鰻丼 データ提供:ユーザー投稿

白焼き データ提供:ユーザー投稿

生ビール データ提供:ユーザー投稿

鯉のあらい データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

鯉とうなぎのまるます家 総本店が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    飲み屋が多いことで知られる赤羽ですが、日中からお店を開けている居酒屋はあまり多くはありません。そんな中、日中からお店を開け、しかも昼夜問わず繁盛しているのが、いまや赤羽の名物ともなった、大衆酒場食堂「鯉とうなぎのまるます家 総本店」です。

    こちらは、コアなファンに根強い人気を博す漫画「孤独のグルメ」にも登場するなど、居酒屋として確固たる地位を築いているお店でもあります。赤ちょうちんに黄色と赤がメインの大きな二つの看板を掲げた外観は、まるで昭和の古き良き時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。
    店内に一歩足を踏み入れると、コの字型のカウンターに壁に貼られたメニューなど、昔ながらの居酒屋の雰囲気がどことなく懐かしいような気持ちにさせてくれます。

    店員さんとなじみのお客様との掛け合いは小気味よく、自分も昔からそこにいたような感覚が味わえるような雰囲気を持っています。そんな「鯉とうなぎのまるます家 総本店」のオススメは、なんといっても鯉とウナギです。特に鯉は必食の一品です。「鯉って食べたことない」「鯉はちょっと苦手」という方は、ぜひまるます家の鯉を食べてみてください。
    想像するような泥臭さは全くなく、鯉だといわれなければ分からないほどペロッと食べてしまうことができます。またウナギは、酒の肴として白焼きで頼むのもよいですし、最後の締めとして、うな丼を食べるのも絶品です。その他にも、げそ天やジャンボメンチカツといった、居酒屋メニューも充実しています。

    一人でしっぽり飲むのもよし、友達大勢と楽しむのもよし、色々な場面で利用できるお店です。BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」をはじめ、テレビ朝日の「若大将のゆうゆう散歩」 などにも取り上げられた人気のお店です。JR京浜東北線の赤羽駅東口から徒歩3分の場所にありますので、アクセスもとても便利です。赤羽に足を運んだ際には、気楽な気持ちでぜひ一度足
    を運んでみてください。

    続きを読む
  • メシコレ

    赤羽酒場のランドマーク「鯉とうなぎのまるます家」

    はしご酒コースに是非!お酒好きの楽園・赤羽の激安居酒屋4軒
    赤羽の飲み屋で一番人気といえばここ「まるます家」でしょう。朝9時の開店で、祝日の関係で休みがずれなければ基本は月曜日が定休。ということは日曜日の朝からだって飲めちゃうんです。
    赤羽駅から商店街を数分歩いて見えてくる「まるます家」は立派な2階建ての木造酒場。一階は2島あるカウンターと小さなテーブル席だけ。一人や二人で来たら一階で飲むことになります。二階は予約もできるお座敷。でも、やっぱりまるます家は一階のカウンター席がいいですね。
    サッポロラガーでまずは喉を潤して、暑い季節はとくに人気の冷やしたぬき豆腐をつまみにスタート。お酒は3本までというルールなので、多くの人は二杯目はたっぷり1L入ったジャンボ
    な酎ハイを注文します。
    鯉のあらいやウナギなどの川魚を看板メニューにしているのはさすが荒川に近い酒場といったところ。並で1800円の蒲焼きも、肉の厚みやサイズも納得のもの。地酒の丸眞正宗の冷酒を片手に蒲焼きを摘む、最高の時間が待っています。
    続きを読む

    はしご酒コースに是非!お酒好きの楽園・赤羽の激安居酒屋4軒の記事で紹介されました。

  • テレビ

    若大将のゆうゆう散歩(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ朝日  放送

    大衆酒場食堂です。 東京都・北区赤羽を散策したコーナーで紹介されました。

    なないろ日和!

    テレビ東京  放送

    10月1日に放送された「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)「なないろ散歩」のコーナーで、「昭和の香り漂う“赤羽なないろ散歩”」と題して、お笑い芸人のにしおかすみこさんが、鯉(こい)とうなぎの専門店「まるます家」(東京都北区)を訪れた。

     
    にしおかさんは散歩の途中、1950(昭和25)年創業の同店を発見。名物の新鮮な「鯉のあらい」(400円 税込み)に、長年つぎ足しつぎ足し使われている秘伝のたれでふっくらと焼き上げる「うなぎの蒲焼き」(1800円 税込み)を注文。にしおかさんはこの蒲焼きをテイクアウトした。

     散歩の最終目的地だった酒蔵に着いたにしおかさんは、テイクアウトした蒲焼きを特別に持ち込ませてもらい、「まるます家」に卸している地酒をお供に食した。にしおかさんは「ふっくらしている。このたれがおいしいですね。甘辛くて、お酒と合う」と話した。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

鯉とうなぎのまるます家 総本店の口コミ

応援フォト

鯉とうなぎのまるます家 総本店の基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

鯉とうなぎのまるます家 総本店

コイトウナギノマルマスヤソウホンテン

電話番号
  • 03-3901-1405
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR京浜東北線赤羽駅東口 徒歩3分

席・設備

総席数

40席

赤羽にあるスポット

赤羽には赤羽駅や 赤羽中央総合病院赤羽公園志茂スズラン通り商店街 等、様々なスポットがあります。この赤羽にあるのが、居酒屋「鯉とうなぎのまるます家 総本店」です。