国頭・大宜味 の人気グルメ&レストラン

沖縄本島最北端に位置する国頭。山地が海岸の近くまで迫る地形で村域の多くを森林が占め、貴重なヤンバルクイナなどの動物が生息しています。北端である辺戸岬と与論島(鹿児島県)間の距離は28キロメートルなので、晴天時には辺戸岬から与論島が望めます。 国頭半島西部に位置する大宜味は長寿の村として有名です。シークヮーサーの栽培をはじめとする豊かな自然の恵みを生かした伝統的な食文化は多くの注目を集めています。また、伝統工芸『芭蕉布』は、国の重要無形文化財である保存会によって伝統技術を継承しています。もっと見る国頭・大宜味のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「沖縄料理」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「シーサーズ 」「あいうえお 」「帆風 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
国頭村は沖縄本島の最北端にある村です。村の大半が森林となっており、様々な動物が生息しています。辺戸岬からは与論島を見ることができて、近くには食堂があります。美味しい食材を活かした料理を食べることができます。沖縄料理のお店やカフェ、居酒屋もあります。
大宜味村は長寿の村として有名です。道の駅があり、レストランで食事をすることができます。雰囲気の良いレストランがあり、キレイな景観を見ながら食事を楽しむことができます。

国頭・大宜味のエリア情報

国頭は1673年に国頭間切が分立して、1908年に国頭村となりました。農業が営まれていて、観光業も盛んです。集落のある場所には共同店があります。昔から集落が存在していたので、歴史を感じさせるような食堂で地元の味を堪能することができます。
大宜味村は1908年に誕生しました。1963年には塩屋大橋が開通されました。山地では農業が行われています。創業の古い食堂や料理店があり、情緒を感じながら食事を楽しむことができます。

ページ上部へ