鬼北・宇和島・愛南 の人気グルメ&レストラン

愛媛県の南西に位置する宇和島。藤堂高虎により築城された宇和島城や闘牛が有名です。2005年には、北宇和郡吉田町・三間町・津島町と宇和島市が対等合併し新・宇和島市となりました。『世界の中心で、愛をさけぶ』の著者、片山恭一氏は同市出身。市の西側に広がる宇和海はリアス式海岸なので釣りに絶好。また、リアス式海岸の特徴も生かして、真珠、マダイなどの養殖業も盛ん。文学や歴史を散策できるコースもあるので、アウトドアが苦手な方も楽しめます。もっと見る鬼北・宇和島・愛南のおすすめの料理は、「焼き鳥」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「魚民 宇和島本町追手店」「おでん酒庵 すぎのこ 」「黒潮海閤 」です。おすすめのスポットは、「玉水旅館」「虹の森公園」「おさかな館」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
陸上交通、海上交通の結節点としての機能をもち、南予地方の政治・経済・文化の中心都市である宇和島。漁港の数は全国有数。
宇和島・八幡浜・大洲の飲食店を見てみると、和食、寿司、中華、洋食、鍋 焼肉・ホルモン・鉄板焼き、イタリアン・フレンチ、カレー 、ラーメン、ファーストフードなど様々あるのでニーズやその日の気分、お好みでセレクト可能です。地元の食材(魚介類)をふんだんに使った海鮮や活魚、鍋料理、イタリアン料理は特に美味しいと評判で、メディアでも取り上げられており、観光で訪れた際には是非味わってみたいと言う人も多いそうです。きっと満足できる味に出会えることでしょう。

鬼北・宇和島・愛南のエリア情報

宇和島城の前身であった板島城は、戦国時代「家臣家藤信種」「西園寺宣久」の居城でした。江戸時代に宇和島藩の城下町となり、幕末には政局で需要な役割を担っていました。
宇和島藩となってから400年あまりにわたる新田開発により、小さな村が今日の宇和島市へと変貌を遂げた訳ですが、その間幾度かの市町村制の施行が行われました。
宇和島市としてスタートした宇和島市や近隣の八幡浜・大洲の飲食店は、新形態の店も多く時代にマッチしたお店を見つけることも難しくはありませんが、老舗料亭も多数残っているので昔懐かしい味を楽しむことも可能。きっと満足できる店が見つかるでしょう。

ページ上部へ