三木・さぬき・東かがわ の人気グルメ&レストラン

香川県の讃岐は、誰もが知る、讃岐うどんの聖地です。香川県にホームを置く”カマタマーレ讃岐”は”釜玉うどん”がチーム名の一部となっていますが、実は1956年に創設されたサッカーのクラブチームで、2012年の天皇杯ではJ1のクラブチームを下して3回戦に出場したほどの力をもっています。観光スポットとしては、かわいいイルカとの触れ合いができる『ドルフィンセンター』や、瀬戸内海の美しい風景とワインが楽しめる『さぬきワイナリー』、野外コンサート会場や讃岐名物が買える『さぬき市物産センター』がある『大串自然公園』などが有名です。もっと見る三木・さぬき・東かがわのおすすめの料理は、「焼き鳥」「うどん」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「魚民 志度店」「ガスト 香川三木店」「ガスト 香川志度店」です。おすすめのスポットは、「大串自然公園」「徳島文理大学(理工学部ほか)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
さぬき市は、香川県東部位置し、瀬戸内海に面した街です。さぬき・香川東部と言えば、さぬきうどんが有名ですから、どの地域にもうどん店がありますが、飲食店を見渡してみると、海が近く新鮮な魚介類が豊富に捕れることもあってか、和食店・日本料理店・郷土料理店が他のまちに比べ多い傾向にあります。
もちろん、和食とともに洋食も堪能できるレストランや地元の野菜をふんだんに使ったランチがお勧めのカフェ、ラーメン店、お好み焼き・たこ焼き店、居酒屋、中華料理店など様々なお店がありますので、シーンやライフスタイルに合わせて好みのお店をセレクトすることが出来ます。

三木・さぬき・東かがわのエリア情報

香川県東部の大川郡田町、大川町、志度町、寒川町、長尾町の5町が2002年に合併し「さぬき市」が誕生。さぬき市としての歴史はまだまだ浅いですが、香川といえば「さぬきうどん」が有名なエリアであることに変わりはなく、さぬき市には名物「さぬきうどん」を提供するお店が沢山あります。
うどん自体の味を堪能して欲しいと、かけうどんや手打ちうどん、釜あげうどんなどを中心に提供する老舗も根強い人気を誇っていますが、セルフ店が多いのがこの地域のうどん店の特徴です。
また、最近は個性派のうどんを提供するお店やサイドメニューが充実したうどん店も続々登場してきています。

ページ上部へ