浜田・江津 の人気グルメ&レストラン

島根県西部に位置する浜田市、益田市、津和野市。合わせて世界遺産の石見銀山で知られる浜田市は、最近ではCMなどに登場したシロイルカが人気の島根県立しまね海洋館・アクアスなどの観光スポットもあり、多くの人が訪れるエリアです。ゆめタウン浜田、シティパルク浜田などの商業施設も充実しています。ご当地グルメも様々で、特に日本海の海の幸を活かしたメニューは絶品。「日本五大銘飯」のひとつに数えられる、わさびを薬味としてつかった、出し汁をかけていただく「うずめ飯」も要チェックです。もっと見る浜田・江津のおすすめの料理は、「焼き鳥」「居酒屋」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「三代目網元 魚鮮水産 浜田駅前店」「カジュアルハウス つばめ 」「魚民 浜田南口駅前店」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
浜田市にはどんちっち三魚と呼ばれる水産ブランドがあります。どんちっち三魚はアジ・ノドグロ・カレイの三種類の魚を指し、全て浜田漁港で水揚げされた鮮度の高いものに限定されています。それぞれの魚にさらに細かく基準を設けており、サイズに関してアジとカレイは50g以上、ノドグロは80g以上のものと定められています。
アジはマアジで平均脂質が10%以上の個体、カレイはミズ・ササ・エテカレイのいずれかの種類と決まっているため、厳しい審査をパスした個体しかその称号を得られないのです。どんちっちの称号を得た個体はどのように扱われたかまで詳しく情報開示されています。

浜田・江津のエリア情報

和野町には山ふぐと呼ばれる特産品があります。そもそも和野町はこんにゃく芋の名産地であり、今でも自家製こんにゃくを作っている家庭があるそうです。こんにゃく芋をすりおろしたものに灰汁を加えて混ぜ、冷やして固めるとこんにゃくが完成しますが、このこんにゃくが山ふぐと言われるのは、和野町ならではの食べ方によるのです。こんにゃくを焼き目がつくまで焼き、それを水洗いしてしっかりと水気を拭き取ります。焼き色がついたこんにゃくを出来るだけ薄くふぐの刺身のように切っていき、大皿に盛りつけます。
これをからし酢味噌で食べると、まさにふぐのような食感が味わえるという訳です。

ページ上部へ