小浜 の人気グルメ&レストラン

福井県南西部に位置する小浜市(おばまし)。小浜市には古い寺院や奈良時代からの文化財が多く、その為「海のある奈良」という異名を持ち、更に、漆塗りや和紙など伝統工芸も今日まで伝えられていることから、『小京都』などと呼ばれることも多い場所です。小浜漁港や田烏漁港がある為、水産業や水産加工業の盛んな街で、若狭グジ、若狭鰈、若狭ふぐ、若狭カキを初め、小鯛ささ漬、サバなれずしなど、沢山の特産品があります。更に、鯖に塩を振って糠漬けにした郷土料理、通称『へしこ』が人気です。もっと見る小浜のおすすめの料理は、「和食」「居酒屋」「中華料理」です。おすすめのお店は、「餃子の王将 若狭小浜店」「マクドナルド 27号小浜店」「すき家 27号小浜店」です。おすすめのスポットは、「若狭小浜 松月観の宿 いたや」「ペンション くらはし」「福井県立大学(海洋生物資源学部)」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
小浜市は福井県の南西にあたる地域であり、若狭湾と小浜湾に面しています。鯖の水揚げ量の多さを誇り、鯖街道の起点となったことでも知られています。アメリカの大統領と同じ名称であることが話題になったこともある自治体です。観光スポットとして、小浜城跡や若狭国分寺跡や、後瀬山城跡など歴史を感じさせるものがります。
小浜市は小浜湾で獲れる新鮮な海の幸を食べさせてくれる居酒屋や割烹などのお店が小浜駅の周辺や、小浜湾の見える地域に多く存在します。谷田部地区で栽培される谷田部ネギも名物であり、地産地消を謳った市内のお店にて味わうことができます。

小浜のエリア情報

小浜市は第二次世界大戦後の1951年の3月、遠敷郡小浜町及び周辺の村が合併して市制がスタートしました。1955年の2月には宮川村と加斗村が編入して現在の形となります。1972年の6月には、1969年から誘致をすべく動いていた原子力発電所の誘致を断念しています。2003年の9月には若狭路博2003が開催されました。
小浜市の名産となっているのは、いさぎと呼ばれるシロウオです。いさぎは生のままで食べる踊り食いと、昆布でだしをとったの中にくぐらせてから食べるびっくりとして、居酒屋などのお店で食べることができます。

ページ上部へ