氷見 の人気グルメ&レストラン

富山県西部に位置している氷見市(ひみし)。ここ氷見市は氷見漁港や阿尾漁港をはじめ、沢山の漁港があり、漁業の盛んな街です。また日本海近郊の美味しい魚を新鮮なうちに食べられることから、食の宝庫としても知られ、数多くの水産品や水産加工品があります。さらに、特産品として、『氷見牛』や『氷見うどん』、更には『氷見カレー』なども街を上げた食文化として定着しています。その為物産展などで、お土産やもう一度氷見を楽しむ為にと、ご自分用に買っていかれる方も多いです。もっと見る氷見のおすすめの料理は、「焼き鳥」「居酒屋」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「鮨よし 」「魚民 氷見店」「割烹 秀月 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
氷見市は富山県の西側にあり、富山湾に面していることから氷見鰤や氷見鰯といったブランドがあります。ちなみに鰤は出世魚であり、富山県などの北陸地方ではコゾクラ、コズクラ、ツバイソ、フクラギ、ガンド、ブリの順番に成長ごとに呼ばれています。
氷見市には富山湾で獲れた新鮮な魚介類を、寿司屋をはじめ、居酒屋やビストロ、旅館や食堂といったお店で味わうことができます。ブランド牛である氷見牛も、焼肉やステーキとして肉の旨味をそのまま味わえます。地元で獲れた鰯を使った氷見カレーも市内のお店で味わうことができます。

氷見のエリア情報

氷見市は1889年の町村制の施行に伴い、氷見町となりました。その後、加納村や稲積村など近隣の村を編入していき、1952年に市となりました。そして1954年には氷見郡の全域が氷見市となります。
氷見温泉郷には、阿尾の浦温泉、岩井戸温泉、浦温泉、氷見温泉、九殿浜温泉、神代温泉があり、それぞれの近くにある旅館や民宿にて、氷見漁港などで獲れる新鮮な海の幸を活かした料理を味わうことができます。特に鰤は氷見鰤と呼ばれるほどの名物であり、寒ブリの時期などには刺し身をはじめ、照り焼きなどで楽しむことができます。

ページ上部へ