敦賀・若狭・美浜 の人気グルメ&レストラン

福井県南西部(嶺南)の、敦賀湾に面する敦賀市(つるがし)。原発のある街として知られており、原子力発電所とそれにまつわる事業が、経済の大きな部分を担っています。また水産加工業も盛んで、なかでも昆布加工業は全国の8割以上を生産しています。敦賀市の観光は日本三大松原にも選ばれている『気比の松原』や紐育スタンダード石油会社によって建てられた『赤レンガ倉庫』などが、人気があります。更に食の面でも敦賀湾で採れたフグやカニと言った高級食材や敦賀名物、『敦賀ラーメン』の屋台の雰囲気なども魅力的です。もっと見る敦賀・若狭・美浜のおすすめの料理は、「パスタ」「居酒屋」「洋食屋」です。おすすめのお店は、「かに喰亭ますよね 」「和伊和伊亭スパゲッティとオムライスの店 」「食べ放題・バイキング すたみな太郎 敦賀店」です。おすすめのスポットは、「敦賀アレックスシネマ」「吉村館」「水晶浜海水浴場」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
敦賀市は若狭湾の最も東側にある地域であり、周囲が山で囲まれている扇状地と呼ばれる地形です。敦賀市の大半は山林に覆われている平地の少ないエリアです。市街地は笙の川より東に位置するアーケード街のある区画と、笙の川より西の地域の新市街地に分かれています。9月の初旬に開催される敦賀まつりの頃には、多くの露天商の出店がアーケード街に行われます。新市街地には日本海さかな街があり、観光客が訪れるスポットとなっています。日本海で獲れる新鮮な海産物を、刺し身はもちろんのこと、焼き物や煮物などの料理で味わうことができます。

敦賀・若狭・美浜のエリア情報

敦賀市は1889年に施行された町村制により敦賀町となりました。1937年の市制の施行によって敦賀市となり、第二次世界大戦を経た後に、1955年に近隣の愛発村や粟野村を編入したことで、現在の敦賀市の形となりました。敦賀のご当地グルメとして知られているのは、ソースかつ丼です。関東地方などで見られる玉子をとじたロースカツを使ったカツ丼とは異なり、ヒレカツを揚げたものをお店ごとにブレンドされたソースをかけてから、ご飯の上に乗せていただきます。笙の川を境とする市街地や新市街地にあるお店にて味わうことができる一品です。

ページ上部へ